この仕事に向いてないと言われました。辞めるべきなのでしょうか?

自分がやりたいと思って飛び込んだ会社で厳しい言葉をかけられたこと、とてもお辛かったと思います。

あなたにとって今の会社のお仕事はどのような気持ちで取り組めるものでしょうか?あなたにその言葉を投げかけた人はなぜそのような言葉を発したのでしょうか?

その言葉をかけられた時、あなたの中に芽生えた思いはどのようなものでしたか?

辞めるべきかどうか、このあたりにヒントがあるような気がします。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

①なぜ自分が今の会社に入社したのかを振り返ってみる

私は仕事において一番重要なのは「自分が本気でやりたいと思えるか」だと考えています。

本気であなたがその仕事をやりたくて選んだのであれば、他人の言葉に惑わされて自信をなくす必要はありません。良い仕事をするために必要なことは「向いているか向いていないか」ではなく、その仕事が「好きか好きでないか」です。

もちろん、仕事ですから成果が求められますし、頑張ったのに認めてもらえない!は通用しません。

ですが、本気で好きだと思えることには人は無我夢中で努力できるものです。

学生時代、部活動には所属されていましたか?私はバスケ部に所属していましたが、うまくなりたい一心でボールに触れない日はありませんでした。

社会人になった今、対価が約束されていたわけでもないのに、よくあそこまで一心不乱に必死になることができたなぁと、当時を振り返り笑ってしまいます。

単純に好きで好きで仕方なかったのでしょう。空いている時間全てをバスケに捧げても足りないくらい「好き」だったのです。

仕事も同じです。好きと思えることへのエネルギーは時にすごいパワーを発揮します。

本当に好きで、本当にやりたい仕事に巡り合えたのであれば、今やめてしまうことは勿体ないと私は思います。

②何がその方にそう言わせてしまった原因だったのかを考えてみる

PDCAサイクルはご存知ですか?

Plan(計画)→Do(行動)→Check(評価)→Action(改善)の繰り返しを行うことで、作業の質を劇的に飛躍させるというものです。

あなたのどんな行動に対してその方が「向いていない」と言ったのかはわかりません。

ですが、自分自身で、相手になぜそう言わせてしまったのか原因を振り返り、自身の行動をチェックすることで次の改善につなげることができるようになります。

向いていないと言われた原因の行動を自分自身で探り、自分でそれを改善することができないか考えてみましょう。

もしかすると些細な癖や性格に対してだったかもしれません。ですが、癖や性格であっても本人の努力次第で十分変えていくことが出来ます。ありのままの自分を受け入れてほしいと思っても、仕事の場ではなかなか難しいものです。

会社のために、仕事のために、自分自身を変えていくつもりで一つずつ改善を行っていかなければ、もし今の会社を辞めて次の会社にうつっても同じことを言われてしまう可能性は十分にあると思います。

もし自分で考えてもわからないときには、少し勇気を出して、自分のどのような部分が今の仕事に向いていないと思ったのか直接本人に聞いてみてくださいね。

知ることが、改善のための第一歩です。もし改善できるのであればもちろん辞める必要はないわけですから。

③悔しいという感情が出てきたのであれば続けるべき

言われたそのときは悲しくて、もう辞めたいと思われたかもしれません。なぜそんな風に言われなければならないんだと怒りを覚えたかもしれません。

ですが、少し時間が経って、あなたがその言葉を感情的にならずにとらえることができた時に、少しでも「言われたことが悔しかった」という感情が芽生えていたのであれば、私はそのまま続けるべきだと思います。

悔しいと思うという事は、あなたがまだその仕事に対して未練があるということです。

未練が残っている仕事を辞めて、次の職に移ったとしても、その仕事に対して精一杯打ち込むことはできないのではないでしょうか。

悔しいという感情は人を突き動かす強い原動力になります。人はいくつになっても成長できます。今回のことを良い経験だととらえることが出来る日がもしかすると来るかもしれません。

向いていないと言われたあなただからこそ、後輩にアドバイスできることがあるかもしれません。

まだ心が折れていないのであれば、今の悔しさをバネに、ここが踏ん張りどころだととらえて頑張ってみてはいかがでしょうか。

逆に仕事に対してどうでもよくなったという感情が芽生えたようであれば、会社にとってもあなたにとってもメリットを生み出せなくなると思いますので、辞めてしまうことも視野にいれてはと思います。

まとめ

最初から仕事ができる人は本当に稀です。

自分がわずか一握りの天才ではなかったとしても嘆く必要はありません。もし本当に「向いていない」人であれば、百戦錬磨の会社の人事が採用などするはずがありません。

あなたは辛い就職活動を乗り越え、とても頑張って今の会社に入社したのではありませんか。

一時の感情に流されずに、しっかりと自分の本心と向き合っていただきたいと思います。応援しています。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る