仕事に向いてないです。3年目ですがもう辞めるべきでしょうか?

会社に入社して3年もの年月が流れたけど、今の仕事はなんか自分には向いているように思えない。

だけど、このままでは問題を解決して自分にとって一番よい方向に進んでいきたい。

その場合どのような方法でこの問題を乗り切るか、いくつか考えてみましたので参考にしていただければ幸いです。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

①人事部に配置転換を相談してみる

3年もたって会社から辞令を受け、与えられた所属先が自分に合わず悩んでいて、その仕事にはどう考えても向いていないのでしたら自分の所属先の責任者に相談してみてください。それが上司に言い辛いと察したなら人事部に直接アポをとって下さい。

そのタイミングを見計らって、人事部の人と話す時間が取れれば密室に入って口頭で想いを出来るだけ明確に伝えるのがベターです。

それが難しいと感じたなら、休み時間に、誰もいない時にメールや電話ででも人事部にアポを取って相談する事が第一歩です。

その時「勇気」を出して「入社してから3年間今の部署でこのような仕事に携わってますが、どうも自分には向いていないみたいです。」「次の人事異動で自分に向いている部署への配置転換を検討していただけないでしょうか?」と伝えてください。

人事部は会社の人間の役割を調整する部署なので、人事異動は人事部の意見が中心で行われている事が多いです。

なので、その意思をハッキリと伝えることで、あなたの適正を活かせ、能力を発揮できる部署へ移動させてくれることを検討してくれる可能性は考えられるので、思い切って人事部に配置転換を相談してみるのも一つのやり方です。

②転職して、自分に向く仕事を見つけて再スタートする

いくら考えても自分は、今の会社あるいは自分に与えられた仕事は「向いていない」という考えからの脱却が難しい。それなら、今の会社を辞めてから「自分に向く仕事」がある会社に転職するのも手です。

転職するに当たっては、職業安定所や求人サイトなどの情報が主体になります。

そこで、本当に「自分に向く」仕事や環境があるかどうかを細かいところまでチェックして見て行って分からない所があったら電話やメールで問い合わせてください。そうすれば、ミスマッチも防げるし面接にも安心して挑めるはずです。

面接では、「どうして3年で会社を辞めた事に対して聞かれる可能性」もありますが、この会社の仕事が自分に「向いている」と思ったのか、どういう分野で活かせるのかを自分にまつわるポジティブなエピソードを交えて明確に伝えてください。

また、「前の会社の事」を聞かれる事もあるかもしれませんが、向いてない仕事をさせられた悔しい思いがあったとしても、絶対に逆恨みするような悪口などは絶対に言わないのがマナーですので気を付けてください。

自分に向いている会社からの「採用」をうまく勝ちれたら、いままで向いてなかった仕事での辛かった思い出は全てリセットできます。

心機一転して「向いている」企業に転職して再スタートを計るのも一つの方法です。

③信頼できる先輩、上司に相談する

信頼できる先輩、上司に相談して「向いてない」という意識を少しずつでいいので取り除いてもらいましょう。今の仕事を3年間も「向いてない」と思うのなら自分には「合わないはずだ」という相当な思いがあるはずです。

そんな中、あなたと同じ今の仕事を上手にこなし結果を残していて、まるで仕事を楽しんでいる先輩、上司は周りにいませんか?

そういう先輩たちも、入社してからあなた位の年度の時に同じような壁にぶつかって「向いてない」とおもい落ち込んだり悩んだりした時期はあったはずで、それを何度も乗り越えて今の仕事が「向いている」と楽しめるほどになったわけです。

なので、あなたと同じ環境において信頼できる上司、先輩に思い切って相談してみてはいかがですか?

その結果、自分の「向いてない」と考えていたのははただの「思い込み」であって、たまたま仕事中に嫌な思いをしたため、それがトラウマになって引きずっていたという事が発覚したのが分かった。

その時、アドバイスを受けたりや心のケアーを上司や先輩にして頂いたおかげで、今の仕事に対する意識が変わり「向いていない」という考えが徐々に薄れていくことで、次第に取れてくることで前向きになれる事は沢山あります。

今後、一人で悩み苦しむようなケースを作らないためにも、信頼できる仲間や上司を沢山作っていきましょう。

仕事に関する些細すぎる小さな事でも相談できるような信頼関係を構築していければ、仕事で上手くいかない場合、落ち込んだ時は相談にのってもらえるので悩みを解決できる糸口が見つかるはずです。

まとめ

自分はこの仕事が「向いてない」のでは?と思い色々悩んだり、落ち込んだりすることは大半の人が経験すると思います。

そのとき、どのような選択肢をとるかは人それぞれだし、正解は人それぞれです。

なので、自分にとって一番いい方法や解決策は沢山あると思うので、一番いい選択肢を見つけて前を向いて頑張ってください。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る