仕事に前向きになれないです。もう辞めたほうがいいでしょうか?

仕事が手につかない事は誰にでもよくある事だと思います。そのような時は、いったん休憩を入れて気持ちを整えたり、コーヒーを飲んで一息つくと、再び集中できたりしますよね。

しかし、気分転換して再び仕事をしようと思っても上手くいかなかったり、集中できなかったり、前向きになれない事もあります。ここでは、そのような時にどうすればいいのか、簡単にできる対策をピックアップ。

すぐに辞めるという選択肢を選ぶ前に、あなたに合った対策を試してみましょう。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

①同僚に相談する

仕事に前向きになれない理由の一つとして、その仕事に対してネガティブな感情をもっているという原因が考えられます。

あなたのしている仕事が、他の仕事より給料が悪かったり、労働時間が厳しい、など待遇が厳しかったり、内容がつまらない、というような場合は、どうしても前向きになれませんよね。

しかし、もう少し広い視点で考えてみると、あなたの隣で仕事をしている人もあなたと同じ条件、環境で働いているのではないでしょうか。

そのように考えてみると、同じ境遇に置かれているのは自分一人だけではないのだ、という気持ちになれますし、皆が頑張っているのだから自分も頑張ろう、という気持ちになれるのではないでしょうか。

また、仕事に行き詰まったら、同僚に相談してみる事もひとつの有効な方法です。

同じ仕事をしている人なら、仕事上面倒な事や、前向きになれない事にどのように対処しているのか相談する事ができますし、辛い事に対して、どのようにしてやる気を維持しているか、聞く事もできます。

そのようにして、同僚に悩みを相談できるようになると、単なる仕事上の付き合いを超えた良い関係を構築できますし、同僚と仲良くなれると、仕事場にも通いやすくなり、ひいては仕事にも前向きになれるのではないでしょうか。

このように、仕事に前向きになれなくなった時は、まず同僚に相談してみるという事も考えてみましょう。

そこから、気持ちを前向きにできる方法が見つかり、解決の糸口が見えてくるかもしれません。

②ストレスをうまく発散する

仕事をしていると、どうしてもストレスが溜まります。そして、ストレスが溜まってくると、それにつれて仕事にも前向きになれなくなってきてしまいます。そして、程度の差こそあれ、これは誰にでも起こる事だと思います。

仕事をしている時、意識が他の事に集中していたり、コーヒーを飲んでいる時間が増えていたり、そのような事はないでしょうか。

そのような場合は、仕事に前向きになれない原因として、ストレスが関係しているかもしれません。ストレスをため込むと良いこともありませんので、まず、ストレスを発散させるいい方法を探してみましょう。

ストレスが溜まり、仕事に前向きになれず辞めたい、というような状態に陥っている時は、負のスパイラルに陥っている可能性があります。

このとき、ストレスを発散させる方法として、なにか楽しんで取り組める自分の趣味をもっていると、ネガティブな負のサイクルに陥っている環境の中に、楽しい事が生まれ、下がりっぱなしの気持ちを盛り上げる事ができます。

すると、普段の生活が楽しくなり、仕事も頑張ってみるか、という気持ちにもなりやすくなるのではないでしょうか。

何事も、仕事に前向きになれず、気持ちも停滞しているような時は、思い切って気分転換を行いましょう。趣味でもいいですし、恋人とのデートでもいいですので、自分が好きな事で、これをするとストレスの発散になる、という事に取り組んでみましょう。

仕事に前向きになれず、辞めたい、と思っているような時は、一度ストレスを発散させる必要があるかもしれません。仕事を休憩し、趣味を楽しむ事で、かえって仕事にメリハリが生まれるという事もありますので、自分に甘くなり過ぎない範囲で、上手くストレスを発散させましょう。

③他の仕事はどうなのか考えてみる

仕事に前向きになれない事は、誰にでもよくある事です。しかし、それが辞めたくなるほどになると困ってしまいますよね。

そのような時は、まず今の仕事を辞めたとして、その後、どのような仕事に就く予定なのか考えてみましょう。多くの場合、どのような仕事にも一長一短があり、良い面があれば悪い面もあります。

新しく就く予定の仕事も、求人や人のうわさを聞く限りではいい仕事のような気がしても、実際にやってみれば、それなりの苦労はあるはずです。

給料の高い仕事は拘束時間が長かったり、専門的な難しい内容を求められたりしますし、反対に、楽な仕事は給料も安く、待遇が悪かったりする事があります。

そのように考えた時、辞める前に一度、今の仕事の良い面を考えてみましょう。すると、意外と給料がよかったり、職場の人間関係が良好だったり、今までは気付かなかった側面が見えてくるかもしれません。

そのようにして現在の仕事を振り返り、他の仕事と比較してみて、それでも辞めたいのであれば、辞めたほうがいいでしょう。

しかし、そうでないならば、先ほど紹介した、リラックスしてストレスを発散したり、同僚に相談したりする方法を試してみてもいいかもしれません。そこで、まだやれそうな気がしたら、もう少し続けてみてもいいのではないでしょうか。

まとめ

ここでは、仕事に前向きになれない時の対処法として、3つの対策を紹介しました。どれも基本的なものばかりですが、基本であるがゆえに、最も効果的であるという事もできます。

実際に仕事を辞める前に、いろいろと試してみて、良いものがあったら行動してみましょう。

すると、気持ちが楽になって、仕事に対して前向きになれるかもしれません。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る