仕事の拘束時間が長いので辞めたいです。問題ないでしょうか?

今は仕事の拘束時間をブラック企業の判断要素としている人も多いでしょう。一昔前は残業なんて当たり前、仕事が終わってから帰宅する。といった考えが主流でした。

しかし、海外企業の働き方が注目されるようになり、順当な勤務時間とそれに見合った賃金に焦点が置かれつつあります。

マスコミが過労死等の現場を報道をし始めたのも、世間の見方を変えた一旦と言えるでしょう。

それでも古い耐性が続いている企業、業種はまだまだあり、中々企業内で見直しをするには難しいのが現状です。

①入社時に確認をすれば、ある程度は答えが得られる場合がある

新人社員や派遣の場合、面接である程度の業務内容を聞き出す事が出来ますし、今では勤務時間以外に残業時間を明記するのが普通になってきました。

ここで確認した勤務時間と実際の残業時間に相違があれば、会社に意見する事も出来ます。募集要項にきちんと時間が記載されているかを確認しましょう。

それでも実際働いてみると、条件が違うといった事は出てきます。たった数分の面接や紙面上では見えない部分があるのが普通です。

会社と良好関係を保ちたければ企業の性質上、若干の相違は仕方ないとして流すか、あまりにも拘束時間が長い場合には労働基準監督署等に相談してみましょう。

デメリットを伝えてくれる企業ばかりとは限りませんので、自分から動く事が大事です。

②会社以外での拘束時間があるかどうか

懇親会等、会社以外での拘束時間を求められる場合のある企業は多いです。確かに仕事を円滑に進めるには個人同士のコミュニケーションは必要でしょう。

しかし中には、飲み会をしなくてもコミュニケーションは取れると思っている人も少なくないはず。特に、上司と部下の間ではこの感覚にズレがあるようです。

就業後に数時間、飲み会に行く程度ならまだ良いですが、休日にゴルフやバーベキューに借り出される事も。面目上は断る事も可能ですが、伝統行事となってしまっていては難しく折角の休日も台無しです。

結論から言うと、これらは無理に付き合う必要はありません。自分自身が楽しめるなら話しは別ですが、負担になるのなら断っても問題は無いのです。

ただし、断り方には気をつけましょう。飲み会に参加しないだけでコミュニケーションが取れない奴だと思う上司もいます。酷い場合には、その後の対応も変わってくる短絡的な人もいます。

断るには用事があるから行けない、体調が思わしくない等の相手が納得できる理由を並べて下さい。その際、きちんと申し訳なさと感謝の意を伝える事が出来れば最良です。

また、出席しておいた方が無難な飲み会もあります。あなた自身の歓送迎会や、忘年会、新年会等です。

歓送迎会で主役がいないのは話になりませんし、歳の節目として忘年会等は顔だけでも出しておくと印象が違います。稀に社長が来るからどうしても出てくれといった場合も参加しておいて損はないでしょう。

逆に言えば、ここだけ押さえておけば後の飲み会への参加は自由と言えます。

③実際に辞めても問題はない

拘束時間が長いと感じる定義は人それぞれです。残業や休日出勤が続いても我慢して勤めている人もいます。中にはこんなのは当たり前だという固定観念を持っている人もいるでしょう。

しかし、周りと比べる必要はありません。

あなた自身が心身ともに疲れきっている、どうしても我慢出来ないというのであれば退社を選択しても問題は無いでしょう。

それでも一度勤めた会社を退職するのは思った以上に大変です。その後の再就職に響かないか、生活していけるのか、不安はつきません。

そこで、あなた自身、その会社に勤める意味を考えみる事が必要となってきます。

  • 金銭面で妥当な待遇が受けられているか?
  • 体力面、精神面で負担を負いすぎていないか?

それはあなた自身が判断する事です。会社の人間はあなたの体調をみて仕事を割り振っている訳ではないので、自分の身は自分で守る事が必要です。

客観的に判断が付かない場合、転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談してみるのも手です。

時間は掛かりますが、今までの実績から客観的に判断を下してくれます。相談するのは敷居が高いと思うかもしれませんが、今ではコンサルに頼るのが普通になってきています。

今後の将来を考えると、将来を考えると慎重になるのは当然の事と言えるでしょう。

まとめ

周りはせっかく入社したのにもったいない、もう少し根性出して続けてみろと言ってくる人もいるでしょう。

けれど、あなたが感じている不安や疲労の全てを分かっている訳ではありません。

助言として聞き入れる姿勢も大事ですが、あなたが辛いと思うのであればスッパリ辞めて、新しい職場を探す選択肢も決して間違ってはいません。

拘束時間を短く出来る解決策は無いか、仕事をする上であなた自身にキャリアアップへ繋がる等のメリットが無いか。一度、業務体制を見直した上で相談してみて下さい。

不安であれば、他者の意見を多く取り入れる事も必要になってくるでしょう。妻帯者であれば奥さんでもいいですし、友人でも構いません。

冷静に判断し、あなた自身の時間を大切にしてあげて下さい。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

とにかく、今の仕事を辞める前に転職できるか?を調べてみましょう。

(以下のように診断結果が出ます)

転職力診断

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る