仕事で上司と喧嘩をしていまい、もう退職したいです。問題ないでしょうか?

上司と仕事のことで喧嘩をしてしまい、「もう辞めたい」と思い悩むこともありますよね。上司との関係が悪くなってしまうと、毎日職場に通うだけでも、プレッシャーになるものです。

私もあなたと同じ経験をし、同じ悩みを抱えたことがありますので、あなたの辛いお気持ちはよくわかるつもりです。

そんな私から、あなたへ、3つのことをお話しさせていただきます。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

①上司と部下の関係は不変ではない

まず、最初に押さえておいたほうがいいと思うのは、あなたは強い精神力をもっているということです。ふつう、上司に理不尽なことを言われたりしても、部下の立場では強いことを言えず、上司に言われるままになってしまうものでしょう。

実際に、言いたいことを言えずに、いやいや上司に従っている人が多いはずです。

あなたは違いますよね。上司の言いなりにならなかったからこそ、喧嘩になったわけでしょう。それだけきちんと自己主張できるあなたは精神的に強い人ですから、必ず今の問題も乗り越えていけると思いますよ。

さて、そこで私がお話ししたいことの1点目は、「上司と部下という今の関係は不変のものではない」ということです。

会社や組織では、人事異動というものがありますよね。たとえば、今、あなたが上司との関係に悩んで退職したとしましょう。その直後に、上司に辞令がおりて、上司が社内異動になるかもしれません。

もし、そのことを元の同僚から聞いたとしたら、あなたは「こんなことなら退職なんてしなければよかった」と後悔するに違いありませんよね。

社内異動のない職場だったとしても、あなたが辞めた後で、上司も何らかの理由で退職するという可能性もあるでしょう。この場合も、「上司が辞めるのであれば、自分は辞めなくてよかった」と悔やむに違いありません。

このように、あなたと上司との関係は、不変のものではないのです。

もちろん、必ず変化すると約束されているわけではありません。上司が異動になるにしても、それがいつかはわかりません。しかし、そういう可能性は小さくないということは、押さえておいていいと思いますよ。

その認識を持つだけでも、少しは気持ちが軽くなるのではないでしょうか。

②仕事に専念して昇進を目指すという手もある

上司が社内異動したり退職する可能性があることをお話ししましたが、社内異動の可能性は、もちろんあなたにもあります。

別の部署に変わりたい旨を上司に話すという手もあるでしょう。上司とあなたの関係は良くない状態なわけですから、上司があなたを別の部署に異動させようと考える可能性は、けっして低くないと思いますよ。

もう1つの可能性は、あなたが昇進するというケースです。あなたが昇進すれば、今の上司との関係は変わりますよね。ですから、その道を目指してみてはいかがでしょうか。

そのために必要なことは、仕事で力をつけるということです。年齢を重ねることで昇進するということもありますが、それよりも実力をつけたほうが、早く昇進できるに違いありません。

ですから、今の仕事に全力を尽くして、ぜひ、実力をつける努力をしてみてください。

仕事で力をつければ、あなたを見る上司の目も変わってくるかもしれませんよ。上司にとって、自分のマネジメントする部署になくてはならない人材になれれば、あなたと上司の関係も良いほうに変わってくるのではないでしょうか。

今の仕事に専念して力をつけるということは、あなたにとってプラスになることばかりだと思いますよ。

③退職するなら、転職先が決まってから

もし、どうしても今の上司のもとで仕事を続けていくことはできないということなら、退職という道を考えてもいいかもしれません。

ただし、その場合は、すぐに退職するのではなく、今の仕事をつづけながら転職活動を始めたほうがいいと思いますよ。

いきなり退職してしまうと、当然のことながら無職の状態になるわけですよね。仕事を持たない状態で転職先を探すと、どうしても焦燥感を抱いてしまいます、

収入もなくなるわけですから、生活費の心配をしなくてはならなくなるかもしれませんよね。

転職活動を始めたとして、いつまでに必ず転職先が決まるとわかっているわけではありません。なかなか内定をもらえず、焦りまくった結果、条件の悪い会社や、自分にはまったく合わない会社に入ることになることもありえるでしょう。

そして、また辞めたくなって、再び転職ということになったら困りますよね。ですから、もし今、どうしても退職したいと思うなら、今の仕事をつづけながら、すぐに転職活動を始めましょう。

そして、転職先が決まったら、その時に退職願を出せばいいのです。

転職活動を始めると、当然、そのことがあなたにとっての最大の関心事になりますから、上司との関係の問題は、今よりずっと気にならなくなるかもしれません。

そして、もし、「今の上司の下でもやっていけそう」と感じたら、転職活動は中断して、しばらく様子をみてもいいですよね。あわてる必要はまったくありません。まずは、転職情報を集めるところから始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

あなたの人生、生き方は、あなたの自由意思で決めることができます。あなたは自由なのですから、いくつかの可能性を考えながら、前に進んでいくといいと思いますよ。

最初にも言いましたが、あなたは精神的な強さをもっていますから、必ず自力で道を開くことができると思います。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る