仕事が忙しすぎるので辞めたいと思うのは当然!それでも注意して欲しい4つのこと

「仕事が忙しすぎる。」「休む暇もない。」「心身ともに辛い状況にある。」「なのでこの仕事辞めたい。」恐らく、この心境の変化は多くの人に起こるものではないでしょうか?

実際、私自身も、前職での営業時代、あまりの忙しさから、幾度も仕事を辞めたいという気持ちにかられました。

ですので、この「仕事が忙しすぎるので辞めたい。」という気持ちは痛いほど理解ができます。しかしながら、それだけがきっかけで仕事をスパッと辞めてしまうのはNG。目の前の忙しさを理由に、勢いで仕事を辞めてしまうのは大変危険な行為なのです。

転職を考えるきっかけの一つとなるのは構いませんが、忙しさだけを理由に、仕事を辞めて転職に踏み切ってはNGなのです。

そこで今回は、仕事が忙しすぎるので今すぐにでも辞めたいだなんて焦っている人は特に必見。このような状態での退職前、転職前に注意して欲しいことについてお話していきます。

①転職理由が「前職が忙しすぎたから」では採用されないと考えるべし

先ずはじめに大切なこと。そもそも企業にとっての中途採用とは何ぞや?ということです。企業が中途採用を行う一番の狙い。それは、ずばり「即戦力を得たい」ということです。

社会人としての経験、知識、能力等を、即戦力としてすぐにでも会社で活かして欲しいという思いがあるのです。考えてみてください。

新卒採用で入った新入社員と、中途採用で入った社会人経験や営業経験の豊富な社員。どちらが即戦力として期待できるかと言えば、確実に後者ですよね?つまり、中途採用でキーとなるのは即戦力になるかならないかということなのです。

「新入社員研修のような細かいレクチャーをしなくても、すぐに職場にも仕事にも慣れて活躍してくれるな。」と思えるような人材を、企業は中途採用に期待しているのです。

言い換えれば、きらりと光るような経験、知識、能力、そして夢がない人というのは即戦力として企業には判断して貰えないのです。もうお分かりですね?

具体的な転職理由、その企業を志望した理由、経験・知識・能力を活かしてどのようなことをその企業で実現したいのかを語れない人は、採用して貰えないのです。

「前職が忙しすぎたから。」と言う理由しか思い浮かばない人は、転職が難しいのです。企業の立場に立って考えれば分かりますよね?

「前職が忙しかったから。」なんて理由を述べられたら、「うちでも忙しくなったら辞めてしまうのでは?」と不安になるでしょう。

そして何よりも、「具体的にうちの会社で何がしたいのか、どんなことに貢献してくれるのかが見えない」という不透明さから不信感しか出てこないでしょう。「仕事が忙しすぎるので辞めたい。」そのような思いから、感情的になりやすいのは事実です。

しかしながら、仕事を辞めるという選択をその感情のまま取るのは非常に危険です。

それはなぜか?企業が中途採用を行う狙い、そして採用したい人材に当てはまらない状態だからです。勿論、現職の多忙さがきっかけで転職を検討し始めるのは問題ありません。

しかしながら、何の準備もないまま、企業にとっての中途採用とはということを理解しないまま行動を起こすのは危険すぎるのです。

②忙しくなった現状と原因分析を必ず行うべし

次に注意して欲しい点。それは、今仕事が忙しすぎるのはなぜかということを考えて欲しいのです。

トラブルに巻き込まれていたり、人手不足だったりと会社全体が忙しい状況にあるのか?課せられている仕事のウェイトが多すぎるため、自分だけが忙しいのか?休みが取れないのか?残業のある忙しさなのか?残業なし、短時間労働だから逆に忙しいのか?

ここで挙げただけでも多種多様ですよね?

転職であれ何であれそうですが、問題解決をするには先ずは現状の考察、そして原因究明がマストです。原因が明確にならなければ、また同様のことを繰り返すかもしれませんし、何よりも問題をスムーズに解決することはできません。

闇雲に、感情に任せて仕事を辞めるということが如何に危険なことかが理解できるでしょう。現状や原因を知って、そのうえでアプローチする方が時間も労力も最小限に抑えることができますし、何よりもリスクを減らすことができます。

したがい、先ずはそもそもなぜ忙しいのかその原因を考え、そのうえで解決策を練っていく方法を取るようにしましょう。

例えば、自分だけが忙しい場合。周囲の人に相談できるのであれば相談するのがベストではありますが、それがなかなかできない場合は、業務効率化を心掛けてみましょう。

私にも経験がありますが、煩雑な事務処理、昔から続いているルーティーンワークなんていうのは、見直してみるとかなりの改善点があります。

エクセルにおける計算式やシステムで容易に算出できるもの、整理できるものはそれを駆使してみる。また決裁ルールに関しても、ルールや上限の見直し等を図って、上長への決裁の簡素化を提案してみるのも手です。

上司や周囲の人を巻き込んでのルール改正ともなると時間が掛かってしまいますが、自分だけで行っている仕事であれば、簡素化はすぐにできるはずです。小さなことでも、無駄な作業はどんどん省く。シンプルですが、非常に効果的な方法です。

転職して新たな世界に入った後では、新参者にはなかなか発言や業務改革のチャンスはめぐってきません。多少なりともその会社で働いている経験があるわけですから、やりくり、発言はある程度できるはずです。

現状改善ができるのであれば、先ずは現状改善から努めてみましょう。感情的に仕事を辞めて転職に走るよりも、よっぽど利口な方法ですよ?

③楽に働けてきちんと稼げる仕事は基本的にはないと思うべし

「楽に働けてきちんと稼げる仕事に就きたい。」これは多くの人が望んでいることですよね?残業なし、仕事内容も楽ちん、給与も福利厚生もばっちり。そんな仕事があれば最高ですよね?

しかし残念ながら、そのような仕事は基本的には存在しないとお考えください。

大手企業に勤める、所謂高給取りと言われるような人たち。その人たちは給与や福利厚生、待遇面もハイレベルなものを手にしておりますが、その裏には相当な残業や責任が存在しています。

私の友人でも30代前半で総合商社勤めの人がいますが、平日は早朝出勤、深夜残業でほぼ3時間睡眠、休日も接待ゴルフが入っている状況です。

忙しすぎるという状況は明確ですよね?

一方、早朝出勤や深夜残業はないものの、勤務時間中は常に時間との戦いなんていう友人もいました。彼女は20代で金融関係のコールセンターの仕事をしていたのですが、コールセンターの営業時間中は常に電話応対の嵐。

しかも顧客との電話応対の中で基本的に保留にすることはNG。保留にした場合は必ず2分以内に保留を切って再度応対しなければならないというルールが存在したのです。

そのため、問い合わせ内容を調べたいと思っても保留ボタンを押してゆっくり調べるなんてことはできず、電話応対をする一方で端末操作をしながら確認作業をすることが必須だったのです。

彼女の場合は、コールセンターの営業時間以外で仕事をすることはなかったので、所謂残業はゼロでした。

したがい毎朝営業時間に合わせて出社し、営業時間が終わればそのまま帰宅という生活であったため、平日に友人たちとゆっくり食事に行くこともできれば、買い物を楽しむことだってできました。

しかしコールセンターの営業時間の間は別。今の顧客の対応が終われば、すぐに次の顧客の対応をしなければなりません。営業時間中は、休憩時間以外は休むことは許されないのです。

先ほどの総合商社勤務のケースと状況は違うものの、このケースもまた多忙の良い例なのです。

この二つの例はいずれも給与、待遇、福利厚生が並み以上に整っている会社で働いているケースです。したがい人並み以上の生活レベルを維持している人のケースと言えます。

もしこのような人並み以上の生活レベルを求めるのであれば、残念ながら、ある程度の忙しさというものは付き物と割り切るしかありません。

会社側、経営者側の立場に立って考えてみてください。もしあなたが経営者だったら、簡単な仕事に対して好条件を与えることはしませんよね?煩雑且つ厳しい条件の仕事だからこそ、その対価として好条件を与えるのではないでしょうか?

ブラック企業からの転職は別として、一般的な企業からの転職の場合は、仕事の質やボリュームを下げたらその分給与、待遇、福利厚生面が前職よりも落ちるのは当然です。

現職を辞めて転職する前には、必ずそのことを念頭におくようにしましょう。それなりの対価を求めるのであればその分の労働、責任はかかってきます。その点は理解をするようにしましょう。楽に働けて稼げる仕事というものは基本的には存在しないのです。

④ブラック企業であれば、特に事前相談をすべし

労働者の権利を守るために、国では様々な法律を定めておりますし、一方会社側でも労働組合の存在が労働者の権利を守っています。

また近年では、企業のコンプライアンスに対する考え方の変化、テレビやインターネットをはじめとするあらゆる媒体の中で労働トラブルも露見されるようになりましたよね?

以前よりも労働に関して、企業や世間の監視の目が厳しくなったのは事実でしょう。

しかしながらそのような中でも、ご存知の通り、やはりブラック企業というものは存在しており、劣悪な労働条件で働き続けなければならない人は今も存在しています。

先ほど挙げたように、仕事のボリュームや労働時間によって給与や待遇に差が出てくるのは当然です。多忙であっても働いた分だけ人よりも対価は得られるものです。

しかしながらブラック企業はそうではありませんね?働いてもその分の対価を得ることができません。ゆえに状況改善や退職の手続きを進めたくなる人はほとんどでしょう。

しかしここで注意して欲しいのは、ブラック企業の場合は辞めるにしても辞めないにしても、普通の企業以上に神経を使う必要があります。

要は、企業側はプロ。つまり、素人目線、素人の知識だけで企業側に状況改善や退職手続きを要求しても、丸め込まれてしまう可能性が非常に高いのです。

もっと状況が悪くなる可能性もありますし、本来なら貰えるべきであった権利まで貰えずに終わってしまう可能性だってあります。自分だけで動くのは非常に危険なのです。

そこで是非活用して欲しいのが、各種相談窓口です。行政機関だけでなく、労働団体やNPO団体が各種相談窓口を設けています。女性専用のホットラインもありますよ。インターネットで今では簡単に探すことができますので、是非利用してみましょう。

このような窓口は、経験やノウハウ、そして知識にも富んだ集団です。

素人の自分一人で対処するよりも、よっぽど効果的です。またハローワークの紹介で入った企業であれば、ハローワークの担当者に問い合わせするのも手です。

紹介を受けて入った職場で、契約時に聞いていた条件とは異なる条件で働かされている等があれば、その点を担当者に直接相談するとよいでしょう。

労働条件の改善、そして辞める際の手続きや順序というものは、素人にとってはブラック企業相手になるとさらに難しいものです。自分ひとりで進めるのではなく、それに精通している人や団体の力を借りることは非常に大切です。

焦る気持ち、感情的になってしまって自分をうまくコントロールできない状況になっているかもしれませんが、そこは一つ冷静に。

順序を間違えてしまえば後々自分が損してしまうだけです。信頼できる人、団体の力を借りて着実に進めていきましょう。

まとめ

仕事が忙しすぎるので辞めたいという気持ち、そしてそれによって焦って退職や転職を進めようとする気持ち。

それは多くの人が経験のあることでしょうし、私自身も経験があることです。しかしながらそれでも、感情的になってスパッと辞めることは避けなければなりません。かなりのハイリスクな行動を取ることになるからです。

現在の仕事を辞めて転職することが誤りということでは決してありません。仕事が忙しすぎるからという理由だけで仕事を辞めるという行動がNGなのです。仕事を辞めることは、周りの目や責任等を無視すれば、言ってみれば簡単なことです。

しかし何も考えずに辞めると、その後が非常に苦労します。辞めた後のことも十分考えた上で行動することが非常に大切なのです。

仕事が忙しすぎて辞めたいなんて思っている人は是非、今回挙げた注意事項を参考にしてみてくださいね。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る