仕事の疲労がとれずもう限界です。辞めてもいいでしょうか?

どの業界も、数年前と比べれば仕事を取り巻く環境が大きく変わりました。

その結果まるでブラック企業ではないかというぐらい残業をしなければいけなかったり、厳しいノルマを課せられたりなどで、体の疲労は蓄積されるばかりです。

特に体力も精神力も消耗する仕事は、夜グッスリ寝られたとしても疲労がとれるとは限りませんよね。それでは仕事が原因の「うつ」を発症してしまいかねないです。

そこまで頑張る必要があるのか、それなら辞めても問題ないだろうと思うのは、ある意味真っ当な考え方といえるでしょう。

では、疲労の蓄積が自覚できているときどうすれば良いのか、いくつか例を挙げてみます。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

①疲労回復のカギは仕事がない休日

仕事の疲労をとれるかどうかにかかっているのは、仕事がない休日です。疲労困憊で休日を迎えたら、1日横になって寝ていても構わないだろうと考えてしまいがちです。

しかし、それが結果として疲労を取れなくしている原因になっている可能性があります。

睡眠不足で寝足りなかったり風邪を引いてだるいなら話は別ですが、原因のよくわからない疲労感に襲われているときはあえて軽い運動をするというのも疲労を取るための手段として最近注目されています。

これは一般的に「アクティブレスト」と呼ばれる休養のしかたで、疲れているときこそ軽い運動をして汗を流したほうが疲労回復効果が高いという考え方に基づいた休養方法です。

過度な運動は体をさらに疲労させてしまうのでよくないでしょうが、そうではなくて軽い運動なら回復を見込めます。

また、運動には精神的なリフレッシュ効果もありますし、休日の過ごし方に運動を取り入れてみると疲労が抜けやすくなるかもしれませんね。また、運動ではなくても、趣味に思い切り打ち込んで仕事のことをいったん忘れるのも良いでしょう。

休日まで仕事にとらわれていたのでは、いつまで経っても休まらないですよね。つまり、疲労回復をするためにどう過ごすのが正解なのか、休日は非常に大事です。

②仕事の効率改善を目指す

仕事量が減れば疲労も蓄積しにくくなりますので、仕事の効率改善を目指すことはとても大切です。限界まで効率を良くしているなら諦めもつきますが、そうでないなら効率改善によって仕事量を減らすことができるかもしれません。

仕事で疲労を溜めやすい人にありがちなのは、自分だけですべての仕事を請け負ってしまうことです。あなたはそんな状態に知らず知らずのうちになっていないでしょうか?

仕事は人に依頼して作業量を分担したりなど、労働力をなるべく均等に割り振らないといけないです。

新人には任せられない、自分一人でやらなければいけないなど、使命感の強い人は仕事を一人ですべて抱え込んでしまいがちです。

それはある程度までは立派なスタンスですが、行き過ぎると毒になります。

見方によっては仕事仲間のことを信頼していないということにもなりますので、良い意味でもう少し楽をすることを覚えたほうが良いですね。

仕事の効率改善が進められていけば、あなたに割り当てられる作業量は自ずと減っていくはずです。それなら疲労も少しは取れやすくなるでしょうし、辞めなくて良くなるかもしれません。

③どうにもならない手詰まりなら辞めても良い

疲労が限界まできて怖いのは、大きく体調を崩してしまうことです。睡眠不足、集中力低下、不規則な食生活など、仕事で疲労蓄積されると日常生活に支障をきたしてしまいますよね。

この状態が長く続けば「うつ」の発症も珍しくないです。

まずは有休を消化したりなど適度に休んでいくことが大切ですが、日本はそれをやりにくい風潮が蔓延しています。誰かが働いているのに自分だけ休むというのが、罪悪感のもとになってしまったりします。

海外では考えられないような生真面目な考え方ですが、日本で働いている以上その空気感を壊すのは容易なことではありません。ただ、ロクに休暇を取れずに疲労ばかり蓄積してしまったら、取り返しのつかない体調不良になってもおかしくありませんよね。

それではマイナスにこそなれプラスにはならないです。

それならばまず仕事のシフト調整を試み、改善されなければ辞めないといけないですね。辞めることにより体の健康を守るのです。

もう疲労が限界だと自覚しているようなら、間違いなく黄信号です。大事に至る前に辞めることも、決して間違った選択ではありません。

まとめ

どんな仕事でも疲労がまったく溜まらないということは普通ありませんので、仕事の疲労とは上手く付き合っていかないといけないです。

早めにギブアップし過ぎてはどんな仕事も続けられないですし、だからといって体調不良を引き起こすぐらい頑張るのもいけないですよね。

もしも仕事の疲労が取れないことをはっきり自覚しているなら、まずは休日のリフレッシュや仕事の効率改善やシフト調整に努めます。それでも変わらなければ、体の健康を最優先させて辞めても良いです。

体が辛いと気分まで落ち込んできますので、どういう対応をするのが適切なのかよく考えたうえで結論を出すようにしてくださいね。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る