仕事ができるようになりたいです。どうしたらいいでしょうか?

仕事ができるようになりたい。そう思うこと、働いているとたくさんありますよね。

小さなミスで怒られたり、強く注意されて傷ついたり、迷惑を掛けてしまって申し訳ない気持ちになったり・・・

その度に仕事をもっとできるようになりたいと思いますよね。私もあなたと同じように仕事ができなくてとても悩んでいたので、あなたの気持ちが良く分かります。

その時、あることを実践してそれが自分の自信に繋がり、結果的に以前より仕事ができるようになれたと思っています。

今回は、実際に私が実践したポイントをご紹介します。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

①仕事ノートを書く

あなたも仕事用のメモ帳は持っていると思いますが、それとは別に仕事用のノートを作成してみるのがオススメです。

日記のような感じで、仕事をしていて良かった行動、反省点などを書いて、自分の仕事振りを振り返ってみてください。ノートに書くと、普通に毎日仕事をし続けているよりも、かなり意識を変えることができます。

この行動は良かったな、この行動は反省すべきだな、それが分かると周りに対する接し方も謙虚になりますし、頭の中が整理出来ます。

ミスした時はきっと怒られて落ち込んでしまうと思いますが、どんなことでも終わってしまったことを変えることは出来ないので、悩み続けていても仕方ありません。

それよりも、次に同じことが起きた場合は、どういう対処をするのか?また同じことが起きないようにどう行動していくのか?ということをしっかり頭に落とし込んでいくことが大切で、それをノートに書くと、自分の中に落とし込むことができます。

私はミスをするとつい気持ちが焦ってしまい落ち込むだけでしたが、今では落ち着いて対処できるようになりました。

仕事ノートは、気付いているようで知らない自分の課題を見つけてくれます。毎日の仕事で思うことをノートに書いて、自分の仕事振りを振り返ってみてください。

②できたことよりも行動した自分を褒めてあげる

あなたは今きっと、自分は仕事ができないと思って落ち込むことが多いかもしれませんね。

自信を失うとそれが仕事にも響きますし、悩み続けると精神的に病んでくることが増えてしまうので、注意が必要です。そうならないためにちょっとしたことでも「自分を褒めてあげる」というクセを付けましょう。

褒めるポイントは、「できた」時ではなく、「やった」時。

これを習慣付けると、自分に自信を持つことができます!仕事ができるようになるために、大切なのは「自信を失わないこと」。

自信がある人とない人は、話し方にでますよね。

実際あなたも仕事で自信がない時は、話し方がおどおどしてしまったり、遠慮しがちな発言が増えていませんか?

遠慮がちな話し方は、場合によっては「大丈夫かな」と相手に思わせてしまいますし、自分自身もどんどん「どうせ自分なんて仕事できないし…」と思ってしまうでしょう。

仕事ができるようになるためには、まず自分に自信を持つクセを付けること。そのために、ちょっとナルシストに感じてしまうかもしれませんが、自分を出来る限り褒めてあげましょう。

③仕事ができる人を観察して、良いところを真似していく

一緒に働いている同僚や取引先と関わる中で、「この人凄く仕事ができるな」と思う方がきっといると思います。相手の良いところを観察し、真似をするクセを付けましょう。

例えば、取引先とのやり取りの中で「レスポンスが早い、連絡内容も丁寧さが伝わる」と思ったらそれをそのまま心がけて、あなたも真似をすれば良いのです。

そのためには、相手の良いところを見付けるクセを付けないといけません。

どんな人でも学ぶべきところはたくさんあると思うので、ただ関わるだけではなく、「この人の良いところは…?」深く観察してみてください。

私は先輩の話し方や、仕事の早さや、レスポンスの仕方などを観察して、これ良いなと思った時はすぐ紙にメモを取っていました。

電話口で聴こえてくる情報でも、これこれから必要になる情報だなと感じたものをメモしたり、明日〇〇さんが誕生日というのを知った時は、翌日その方におめでとうございますとひとこと言うようにしました。

また、先輩などの上司に「この仕事はどう進めたら良いのでしょうか?」と相談してみるのもオススメです。

相談や確認、連絡などをしっかり行うことで、よりお互いの信頼関係が深まりますし仕事ができるようになることに繋がるでしょう。

「自分はこう思うのですが、どう思いますか?」という相談をしてみるのもオススメ。是非積極的にコミュニケーションを図ってみてください。

まとめ

働いてすぐ、仕事ができる人はいません。

仕事ができるようになるためには、まずあなたが自分自身を客観的にみること。

そして、自分に自信を持って行動をしていくこと。先輩や上司に相談や報告をしっかりして、コミュニケーションをとること、真似できることがあれば取り入れて、自分の仕事に活かしていくことが大切です。

できそうなことから、是非心がけてみてくださいね。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る