できていた仕事が急にできなくなりました。これって鬱の症状でしょうか?

今までは難なくこなしていた仕事が、急に時間が掛かったり出来なくなったりする事ってありますよね。それで悩んだ末に「もしかして鬱なのかも」と思ってしまうこともありますね。

普段の自分と違う事が無性に不安感を掻き立ててしまうものです。でも自身を無くさないで下さい。それだけ仕事に紳士に向き合っている証拠なのです。

まずはどうすれば解決に向かっていけるのか考えてみましょう。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

①仕事の量は適切かを見る

いつも捌いている仕事だから簡単に出来るはずなのにできない時には、オーバーワークの可能性が考えられます。

働きすぎというのが実際の言葉ですが、その意味だけでなく自分の能力地位上の仕事量なのではということです。真面目な人ほど自分ひとりで沢山の仕事を抱え込んでしまって、責任をもってやり遂げようとしまう傾向にあります。

普段ならそれでも良いのですが、繁忙期などには手一杯になって脳内がパニックを起こしてしまい、考えがまとまらないまま集中力を欠く事に繋がっていきます。

またオーバーワークで疲れが溜まっている時にも同じような事が起こりがちです。身体が働く事を拒否しているような状態になっているのです。

とはいえ仕事は簡単に休みを取る事も難しいですよね。

もし仕事量が多かったり普段の能力を発揮できないという時は、自分一人で仕事を抱え込まず周囲に助けを求める事をおすすめします。

同僚に助けを求めるのは悪い事ではありません。むしろ自分の仕事効率が上がって、結果として会社や取引先に迷惑をかける事なく済みます。

周囲に気を遣うだけじゃなく、アナタもたまには人に甘えるのも悪い事ではないないですよ。

②同僚や上司、友人に相談してみる

一人で悩んでいても解決するのは難しい事もあります。恥ずかしがらずに人に相談してみるのも一つの手ですね。信頼できる同僚や上司がいるなら、今までのように仕事が上手く出来ない事を正直に打ち明けてみましょう。

同僚の方なら仕事へのアプローチの仕方や同じ経験を持った人がアドバイスをくれる事もあります。また気持ちを理解して助けてくれる人も出てくる事でしょう。

上司の場合はアナタの仕事量やこれまでのやり方から検討して適切なアドバイスをしてくれるハズです。

もし仕事量が多ければ他の人に振ってくれるでしょうし、何かマズイ点があるなら改善方法や優しい言葉を掛けて励ましてくれる事だってあります。

管理職とは自分の部下を適材適所に配置するのが仕事ですから、何も迷惑な事はないです。思いの丈を話してみるといいでしょう。

もしも社内に信頼できる人が居ない場合は、アナタの事を理解してくれる知人や友人に相談してみましょう。仕事については分からなくても必ずアナタの思いは汲み取ってくれます。

それだけでも仕事に好影響を与える事になります。仕事が上手く出来ないで自分がおかしいのかもと思う前に、客観的な他人の意見を参考にしてみると意外と簡単に解決する事もあります。

自分が思っている以上に人間は自分を客観視しにくい生き物です。何か一つ自分の中の歯車が狂っただけでも全てが空回ったりします。

まずは人に相談してみるのも解決の道です。

③病院で検査する

自分の仕事量や働き方を検証し、人に相談を持ちかけても解決の糸口が見つからなかった場合は一度病院で検査を受けてみましょう。

といっても別に大した事じゃないです。どこかしら健康を害している可能性もあるからです。もしかしてどこかが悪い事が影響しているのなら大問題だから行くのです。

これからの長い人生を生き抜く上でも健康が第一ですから念の為に受診するという感覚です。先ずは健康状態からチェックしてもらうべきです。

その次に脳に異常がないかを見てもらう事です。それでも異常が無ければ最後に鬱病について受診していきましょう。鬱病検診は最後にとって欲しい手段です。

何故かというと、鬱病というのは非常に判定の難しいものになっています。なので本人が鬱病であると言えば診断書には鬱病と書けるわけです。

つまり重度のもの以外は全て自己申告によるところが大きいのです。

もしあなたが鬱ではなくほかに原因があっても診断されてしまえば、問題の解決どころか本当に鬱に陥ってしまう可能性だってあります。

刷り込まれた思い込みから鬱になることも少なくないのです。だからこそ最後の最後に検診を受けて欲しいという事です。病院で検査した結果何もなければアナタはラッキーです。

これからの人生を愉しく過ごせる権利を手に入れるようなものですから。何か違和感を感じたら無理せず病院にかかる事も解決できる方法になるかも知れません。

まとめ

できていた仕事が急にできなくなるからといって、自分を鬱と思わないで下さい。

社会人をやっていればこの道を通る人って結構居ます。仕事量なのか、体調不良なのか、その他に原因があるかもしれません。

もし自分が鬱になるキッカケに自覚があるなら別ですが、自己診断は絶対に避けてください。そして、仕事が上手く出来なくなったからといって自分を責めないであげてください。

悩んでいる時点でもうすでにアナタは責任感の強い立派な人です。焦らずに原因を探していけば解決にも繋がりますし、何よりその悩んだ経験が仕事効率を上げる事も少なくないです。

真面目だからこそ悩みぬいてしまいがちですが、自分を悲観せずゆっくりと解決していきましょう。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る