仕事ができないのでストレスが半端ないです。辞めていいものでしょうか?

仕事が理想通りにいかないストレスは、半端ないものがありますよね。

自分では一生懸命やっているつもりなのに、思い描いたような結果が出なければ意気消沈するのもしかたありません。そして、仕事ができない状態は辞めたいという気持ちを呼び起こし、それが正しいことであるように感じるものです。

しかし、仕事ができないことを理由に辞めても良いのでしょうか?今回は、その疑問に真正面から向き合っていきます。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

また、診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①仕事ができるよう限界まで粘ってみよう

誰でも最初から理想通りの仕事ができるわけではありません。一見難なく仕事をこなしているように見える人でも、何かしらの壁を乗り越えている人は数多くいます。

つまり、表面的に仕事ができないとはいえ、それをすぐに辞める理由に結び付けてはいけないです。

人が仕事でステップアップする瞬間は、目の前の壁に直面しているときです。

今まで乗り越えたことのない壁に直面すれば、誰でも及び腰になって逃げだしたくもなりますよね。しかし、それはその仕事を続けていくうえで試されている瞬間でもあります。

仕事に恐怖感を覚えれば、そのストレスは半端ないものになります。もしもストレスから解放されれば、肩の荷がおりて心の負担は軽くなるに違いありません。ただしその方法が仕事を辞めることであれば、それは消極的な解決策だと言わざるを得ないです。

あなたにとって必ずしも良い影響をもたらす解決方法ではないです。

ストレスのあまり体を壊してしまうなど心身に負担がかかった場合は例外ですが、そうでないなら限界まで粘ってみることで目の前の困難を乗り切って一段階成長できるかもしれません。

月並みかもしれませんがピンチはチャンスと割り切り、仕事ができなくても限界まで粘るように頑張ってみましょう。

②仕事で溜め込んだストレスはできるだけ早く発散させよう

辞めたいほどのストレスを仕事で溜め込んでしまったら、人生の何もかもがおもしろくなくなってしまいます。

その状態は長く続けるほど心身に変調をきたしますので、仕事ができないストレスはできるだけ溜め込まないようにしなければいけません。

そのストレスを溜めないようにするには仕事ができるようになるのが一番なのですが、それができないならストレス発散や気分転換も有効的に取り入れていかないといけないです。

最近では運動をすることでストレス発散をしている人が多いですし、趣味に打ち込むことで仕事を一時的に忘れるのも気分転換になりますよね。仕事にとらわれて仕事以外手につかないようでは、不眠症になってしまうなどあなたの体が心配です。

それほどまでに強い責任感を持って仕事に臨むのは良いことですが、あまりに根を詰めてストレスがマックスになるのは絶対避けなければいけないです。

ですので、仕事ができないストレスはあえて重く受け止めず、ストレス発散や気分転換を心がけるのも大切だと覚えておきましょう。

③あまりに見通しが立たなければ辞めることも検討

どう頑張っても仕事ができる見通しが立たない、何をやっても仕事のストレスで上手くいかないという結論に達したら、さすがに仕事を続けるのは難しくなってしまいますよね。

仕事をするのに憂鬱な状態が続いてしまえば1日の仕事が本当に辛くなってしまいますし、限界を超えて頑張れば体調も崩しやすくなってしまいます。それでは仕事のための人生になってしまいますから、まったく楽しくないです。

それなら、環境を一変させるために辞めることを検討しても良いですよね。

同業他社に転職するのか、それともまったく違う仕事をするのかは意向次第ですが、とにもかくにもその仕事から離れることで溜まったストレスからは解放されるでしょう。

ただ、それはあくまで一時的な対処方法ですので、もっと根底から解決したいならどんな仕事をしていけばストレスが溜まらないのか、それについて真剣に考える必要があります。

そこを考えずに仕事を変えたとしてもまた同じような失敗を繰り返してしまいかねませんので、そこはしっかりあなたの本心と向き合うようにしましょう。

まとめ

高齢者になって定年退職でもしない限り、仕事はほぼ一生していくことになります。

それだけにどんな仕事をするかは、人生で非常に重要な選択です。仕事をする過程で難題を突き付けられてできないと感じたり、たとえ頑張って仕事をしても報われなくてストレスが溜まることもあります。

そうなったらまずは仕事ができるように限界まで粘り続けることが、問題解決のための道を開く1つの方法です。

ただ、ストレス発散や気分転換も忘れないようにしてくださいね。そして、本当にどうにもならなければ辞めて違う仕事をすることも、あがきもがいた末の結論なら後悔することなくそれを選択することができるでしょう。

仕事の辞める辞めないは簡単に決めて良いことではないですから、あなたの納得いく形で判断することが後悔しないで済す考え方です。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

嫌な上司と顔を合わさずに即日退職する方法はこちら

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

また、診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る