仕事ができないのでクビにされそうです。どうしたらいいでしょうか?

仕事ができなくていつも叱られてばかり、社会人資格などと叱られたりする。辛いですよね。いつクビにされるかという恐怖があると失敗できないと思い、かえってありえないような失敗を連発してしまうケースもあるものです。

しかし、クビにされそうと思った時ほど考えたいいことは増えます。なぜなら、相手がブラック上司やブラック企業なだけで、辞めてしまえば視界が開けるケースもあるからです。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

①クビになったほうが良いケースもある

クビになったほうが良いケースの代表が、ブラック上司やブラック企業が相手であった場合です。

本来は仕事ができる人間であっても、相手がブラックであれば要求値が異常に上がってしまうことがあるからです。また、クビをちらつかせるような言葉をかける行為はパワハラに該当する可能性があります。

まともな環境でない場合は、離れるだけで気持ちが変わる場合があるのです。

クビになったほうがマシなのは、企業都合の解雇の場合、失業保険の手続きが非常に楽だからです。

自主都合で退職した場合は3ヵ月程度の待機期間が入り、失業保険を受け取るまでに時間がかかります。会社責任のクビの場合はすぐに失業保険を受け取れるため、プラスになることがあるのです。

また、残業時間が多すぎる場合は、自主退職であっても会社責の退職扱いとなり、失業保険をすぐに受け取ることができます。

退職理由を「残業が多すぎたため」とし、失業保険の給付手続きを行います。

残業が多すぎる目安は、辞める前6ヵ月間の中で3ヵ月以上毎月45時間の残業が続いた場合や、6ヵ月間で残業が100時間を超えた場合などです。

基準は労働基準法で定められていて適宜改正されるため、最新の情報をチェックすることも大切です。

②異動を申し出てみる

クビになりそうだと思う状態であれば、より適性のある業務にまわして貰えるように異動を願い出る方法もあります。クビにされたり解雇されたりするよりも収入を維持できる可能性が高く、仕事にも充実感が見出せる可能性があります。

自分が主張をすることは非常に重要です。

意見を主張しなければ、現状を何とかできるものと認識していると思われたり、自主的に退職して会社の損失を抑えるものと思われる可能性も出てきます。

上司が聞く耳を持たないのであればもっと上に掛け合うなど、柔軟に考える必要があります。

人材確保の競争が激しくなっている世の中だからこそ、積極的に働きたい人材は貴重になります。人によって適性は異なるため、自分が必要とされる部署に自分から異動を願い出たほうがプラスになるのです。

中には上司と折が会わないだけという人もいるため、試してみる価値は十分にあります。

競争が激しくない場所に移動したほうがのんびりと仕事ができて良い場合もあります。性格的な向き不向きも含めて、自分が働きやすい環境を目指すことは大切なのです。

③転職エージェントに相談してみる

仕事ができないと思ってしまった時ほど、客観的な指標が大切になります。自信を失ってしまうと何もかもが駄目だと思ってしまいがちですが、実際はそれほど深刻ではない可能性があるのです。

会社の経営などの問題で個人に必要以上に負担がかかるケースは珍しくなく、いつの間にか標準を越える労働をしていることもあるからです。

客観的な指標が欲しければ転職エージェントに相談するのがおすすめです。

スキルチェックなどが充実しているため、自分の適性年収などもより具体的になります。自分が勤める企業よりも条件が良い企業が見つかるのであれば、そのまま転職を目指してしまうのも方法です。

年収が下がるケースもありますが、実はそれほど珍しくないのがポイントです。最初は低くても、結果を出せばあがるということが多いからです。

会社や担当者の言いなりになるのではなく、自分から積極的に話を切り出すことも大切になります。

特に年齢が上がるとマネジメント能力が求められる場合が増えていき、必要なことを聞かずに流されるままでは能力が低いと見られる可能性があるからです。

年収が下がっても、仕事の充実感や休みの多さを優先するのも方法です。十分に休めないことから自分の能力を発揮できない人も存在し、無意識に無理を重ねている場合もあります。

仕事が出きることと体調が良いこと、プライベートが充実してることがセットになっている人もいるため、ワークライフバランスも含めて考えたほうが良い場合もあるのです。

まとめ

クビにされそうだと思った時は、実際にクビにされて困るかを考えてみるのも方法です。

働く環境が悪い状態であれば、仕事を辞めたほうが楽になったり、やめてもすぐに失業保険が給付されたりと様々なプラスがつくからです。

収入に対して生活費が多すぎる場合は、お金のやりくりで辞めても何とかなる場合もあります。

クビにされそうというストレスの中で仕事を続けられるのか、将来があるのかという見方もできるため、一度目先を変えて、自分のことを見つめ直すことが大切になります。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る