仕事が大嫌いで毎日早く帰りたいと思っています。こんな仕事辞めるべきなのでしょうか?

あまりにも辛いため、仕事が嫌いになってしまうことは誰しも多かれ少なかれあることです。仕事が嫌いなら、仕事の時間は苦痛以外の何でもないですよね。

あなたにとってそれは決して幸せなことではないはずです。そのため始業した瞬間から「家に早く帰りたい」と無意識的に思ってしまうのは、よくあることでしょう。そして、辞めることももちろん検討しますよね。

ただ、その前に辞めることが正解かどうかについて、時間をかけて考えることが大切です。では、どこに着目して考えれば良いのか、その思考プロセスをこれから提案していきましょう。

仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

①仕事の何が嫌いなのかを具体的にする

全体的に仕事が嫌いということもあるかもしれませんが、あなたにとって仕事の一番嫌いな点はどこでしょうか?

人間関係、仕事内容、給料の安さ、体力的な問題など、仕事を嫌いになる理由は多種多様です。それらのどれにあなたが当てはまっているのか、まずはそこを具体的にしていかなければなりません。

仕事が嫌いだと会社へ出社する前はとても憂鬱な気分になってしまうものですが、あなたをそんな気持ちにさせているのは何が原因ですか?

それが具体的にわかっていないことには対処のしようがありません。そこで、まずは仕事をする1日の行動を振り返ってみましょう。

その中でストレスに感じている部分があれば、それにどう対処すれば回避できるのか少しはわかってきますよね。仕事は強制的な部分がありますから、ストレスがあるとわかっていてもやらなければいけないケースも多くあります。

ただ、ひとまず仕事の何が嫌いなのかを具体的にし、そこを解決できるようにアプローチしていけば嫌いな部分に折り合いをつけられるかもしれません。

ただ単に「嫌い」という感情を抱いて終わるのではなく、解決できるように真正面からまずは向き合ってみましょう。

②仕事を好きになる努力をしてみよう

嫌いな仕事は最初から嫌いと決めつけてしまいがちですが、それでは嫌いなままの状態から何も進展がありません。

そこで、辞める前に仕事を好きになれるような点がないかあなたなりに探してみましょう。ただし、やみくもに好きになろうとしても、気持ちが空回りするだけで上手くはいかないです。

そこで視点を向けたいのは、楽しそうに仕事をしている同僚です。

もしも同僚の中に楽しそうに仕事をしている人がいれば、その人に仕事のどこが楽しいのかさりげなく質問してみましょう。仕事が嫌いな時は、イライラするあまり視野が狭くなってしまいがちです。

それでは他の考え方をすることができませんので、嫌いな感情を一切払拭できません。ですので、別の考え方を取り入れるようにします。そのキーになるのが仕事を楽しそうにしている同僚や熱心に取り組む同僚です。

同僚に仕事の良さを聞き、その考え方をふまえてからもう1度仕事に向き合ってみましょう。嫌いだと思えていた点がやや緩和されていき、仕事を続けられるようになるかもしれません。

仕事は嫌いになってしまえば辛い時間を過ごすだけですが、だからこそ視点変更で考え方を切り替えることが大事な場合もあります。

③辞めた後にできる仕事があるなら辞めてもいい

仕事を辞めた後に無職やその日限りのバイト生活になってしまうのは、収入面で大きな不安があります。会社勤めをしていてもリストラのリスクはありますが、無職や日雇いバイトに比べれば断然安定していますよね。

もしも仕事を辞めるとなれば、一時的にせよあなたは安定した生活をできなくなる恐れがあります。

これは軽視できない問題で、大嫌いな仕事から解放されることは間違いありませんが、その代償はかなり大きいです。大嫌いな仕事を辞めれば心が一瞬楽になるのは間違いありませんが、今度は収入面についてやきもきすることになりかねません。

そこで判断の材料になるのが「辞めた後にできる仕事があるのか否か」です。

仕事が大嫌いだからといって勢い任せに辞めてしまっても、無職や日雇いバイトが続くなら苦しい生活を強いられることになるのは明白ですよね。そこまで頭の中にイメージできていなければ、辞めるという選択肢は無謀になってしまいます。

それでも大嫌いだから続けられないという強固な思いがあるならそれもまた1つの意思決定ですが、辞めてから仕事があるかどうかだけは冷静に検討しておきましょう。

まとめ

仕事が大嫌いだったら当然仕事に熱意を持って取り組めませんから、昇給や昇進はほとんど見込めません。

嫌々仕事をしていればその気持ちが上司にほぼ間違いなく伝わってしまいますから「やる気のない社員」のレッテルを貼られてしまいます。それでは悪い状態のまま停滞するだけですよね。

ですので、仕事が大嫌いだったらまずはそう思わなくなるように、考え方を変えなければいけません。それは大嫌いな点を具体的にしたり、視点を切り替えたりなどです。

ただ、それでもどうにもならないという場合は、次の職場に期待するのも間違ってはいないです。

適材適所や仕事への適性は仕事選びでとても大切ですし、あなたにとって力を最大限発揮できる仕事ができるように人生の舵を切っていきましょう。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法

仕事を辞めたいと思ったらまずはプロに相談!

もし、1人で悩みが解決できないなら転職エージェントに相談して、アドバイスを貰いましょう。

自分の市場価値含め、辞めるべきか、転職すべきかをプロの視点から教えてもらえます。今のあなたに大切なことは、今の仕事を辞めたとして、探せば転職先は見つかるかという点です。

リクルートグループのリクルートエージェントなら最大手ですし、転職を無理強いしないと宣言しているので安心して相談できますよ。

とりあえず、リクルートエージェントに相談してみる

※転職時期は未定を選択してOKです。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る