仕事で理不尽なクレームを受け辞めたいです。辞めてもいいでしょうか?

「信じられない」と言葉を失ってようなクレームを受けることが、仕事ではよくありますよね。

こちらには一切非がないのに一方的にクレームを受けてしまうというのは、とても辛いです。弁解しても意味を成さず時間を無為に浪費しながら延々とクレーム対応に追われるのは、苦痛以外の何でもありません。

そんな状況にあなたが置かれてしまったら「もうこの仕事を辞めてしまっても良いだろう」という結論を出してしまいかねないです。

もいもクレームが連続していれば、辞める意志はどんどん固くなってしまうことでしょう。

しかし、そこで本当に辞めることが正解なのでしょうか?理不尽なクレームを受けたときどうするのが好ましいか、いくつかのポイントに焦点を当てて検討してみることにします。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

①理不尽クレームにはまともに付き合わない

仕事をしていて理不尽クレームに遭遇したら、まともに付き合わないというのもあなたを守るための考え方の1つです。

どこからどうみてもあなた側に責任があるというのなら、猛省して精一杯誠意を見せていかなければいけないでしょう。しかし、もしもそうでないのなら、まともに付き合わないで適当にあしらってしまうことも仕事のノウハウです。

いかにクレームに納得がいかないとはいえ、辞めて不利益を被るのはあなた自身です。

収入がなくなり、明日の仕事を探すのにも苦労することになるでしょう。すぐに新しい仕事先が見つかれば良いですが、そうではなくて長引いてしまったら目も当てられません。

理不尽なクレームを受けたせいでそんなシチュエーションに追い込まれるのは、踏んだり蹴ったりではないでしょうか?

なら、理不尽なクレームに納得できない部分はあったとしても、まともに付き合わないことも会社で生きる上での処世術の1つでしょう。

どうしても相手の誤解を解きたいという気持ちは、心の中でくすぶってしまい続けるかもしれません。

ただ、そこにこだわってしまうことのデメリットが大きいなら、プライドともにそのこだわりを捨て去ることも時には必要です。

クレームを完全に受け入れるわけではなくても、ギリギリのところで妥協して早めに解決することを目指し、まともに付き合わないのも対処手段です。

②理不尽なクレームは本当に理不尽なのか再検討

人は自己中心の主観で判断することが非常に多いです。いかに考え方が柔軟な人でも、主観的判断をしてしまうことは珍しくありません。

理不尽と思えるのがもしも主観的な判断だった場合、客観的にみたら理不尽でない可能性はありますよね。

ですので、本当に理不尽なのかもう1度再検討することで、新たな着眼点に気付くかもしれません。再検討した結果あなたに僅かばかりでも非があるとすれば、それは真摯に受け止めて反省をしなければいけないでしょう。

たとえその度合いが小さいとは思っても、相手はそれを大きくとらえているのです。それを価値観の相違で片付けてしまえば話は早いのですが、それだけで解決できないことが仕事ではありますよね。

なら、理不尽と思われたクレームをもう1度再検討し、クレームの実態について掘り下げるようにしていくことも必要です。

再検討してみても考え方が変わらないようならそれもまた新たな見解といえますし、理不尽でない点があるのならクレームを素直に受け入れることも対応の1つとして選択肢に入れておかなければいけません。

③仕事そのものに不満がないのなら辞めない

理不尽なクレームを受ければ感情のままに「辞めてしまおう」という気持ちに傾いてしまいやすいですが、それが一時的な感情であることは認めざるを得ないのではないでしょうか?

普段から仕事に対する不満や鬱積が溜まっていて理不尽なクレームはそれを爆発させるきっかけに過ぎないというのなら、辞めて別の仕事に転職する道もあって良いといえます。

しかし、そうではなくあなたの都合通りにいかなかったことや、考え方が異なることへのストレスによって「辞めてしまおう」と思っている場合は、たとえ辞めたとしても次のステージで上手くいく保証はどこにもありません。

スジが通らないのは仕事をしていくうえで多々あることですので、あまりにそこにこだわっていると理不尽なクレームを受けるたびに辞めることになってしまいますよね。

それでは世渡り上手とは言えないですし、転職を繰り返すことでキャリアに傷がつきます。

ですので、仕事そのものに不満がないなら、基本的には辞めないようにするのが賢い選択です。

まとめ

たとえば接客業のように顧客との接する機会が多ければ、理不尽なクレームを受けてしまうことはたくさんあるでしょう。

また、取引先からの理不尽なクレームも、あっておかしくないです。

そんなクレームを受ければ「どう対応するのが正しいのか」と悩んでしまい、無性に辞めたくなることもあります。

それは感情ある人間ですからしかたありません。しかし、その感情に流されて辞めたとしても、明るい未来が待っているとは限りません。

仕事自体の適性を疑われるようなクレームなら仕事を変えるために辞める選択をしても良いのかもしれませんが、それ以外ならしばらく様子を見てほとぼりがさめるのを待つことも大事です。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る