仕事に飽きて辞めたいときの対処法7つ

石の上にも3年。入社後は3日・3ヶ月・3年毎に辞めたくなり、それを乗り越えると続く。そのような事をよく聞きます。誰でも仕事を続けていると辞めたくなる時があります。

辞めたくなる理由は様々ですが、その理由の一つに「仕事に飽きる」事があります。

誰でも初めは新しい仕事や新しい職場への好奇心と、早く仕事を覚えたいという意欲があります。しかし、一通り仕事を覚えてしまうと新鮮味を失い、その仕事に飽きてしまう事があります。

仕事に飽きる事は決して珍しい事ではありません。しかし、飽きてしまったからと言って、すぐに仕事を辞めてしまうと後々後悔する場合もあります。

仕事の飽きて辞めたくなったときは、その感情に流されないで、少し立ち止まり、飽きてしまった理由をしっかりと考えたり、自分自身に刺激を与える努力をしてみましょう。

①人に話を聞いてもらう(人の話を聞く)

仕事に飽きて辞めたくなった。そんな時には、まずは人の話を聞いてみましょう。今の仕事に飽きてしまうのは、それなりに理由があります。

飽きるということは、その仕事に新鮮味を感じない、面白みを感じない、やりがいを感じない、などの状態であり、そんな時に人と話をすると、話の内容は仕事の愚痴になってしまうかもしれません。

しかし、愚痴を聞いてもらう事は、時には良い事です。何故、仕事に飽きてしまったのか、その理由が漠然としている場合は、愚痴を言うこと、つまり、自分の気持ちを言葉にする事で、その理由が整理できる場合もあります。

そして話を聞いてくれる相手が身近な人であればあるほど、あなたの愚痴が単なるわがままや理不尽な内容であれば、しっかりと指摘してくれるでしょう。時には叱られたり、厳しい事を言われるかもしれません。

それが仕事に対する気づきを得たり、自分自身の考え方を見つめ直すきっかけになります。また、人に話を聞いてもらう事は、同時に人の話を聞く機会にもなります。

例えば、仕事がなかなか見つからずに苦労している人、自分よりも厳しい環境で頑張っている人の話を聞けば、仕事に飽きてしまった自分がいかに恵まれているのか、また、自分の考えの甘さに気付くかもしれません。

仕事を楽しんでいる人、仕事で成果を出している人の話を聞けば、仕事に対する姿勢や意識が前向きになる事や、仕事のマンネリを解消するヒントが得られるかもしれません。

話し相手としては、同僚や先輩、上司など、仕事の内容を理解している人であれば、仕事に関する共感は得られますし、具体的なアドバイスも得られやすいでしょう。

しかし、ネガティブな話をする場合、その内容が社内に漏れてしまうと、仕事がやりにくくなる事や、場合によっては評価に影響する場合もある為、注意が必要です。

友人や家族、親類などに話をする場合は、自分自身の性格や考え方を理解している事、仕事に関わりが無い事から、より客観的な意見が得られる可能性が高いでしょう。

いずれにしても、仕事に飽きて辞めたいと悩んだ時、特にネガティブな気持ちの時には、一人で考えずに人に話してみましょう。そこから道が開ける事があります。

②ビジネス書を読む

仕事に飽きる原因は、同じ仕事を繰り返してマンネリになっている、仕事が短調、仕事を覚えてしまった、次の目標が見つからない、など、いろいろとあります。

仕事に飽きたと感じるのは、仕事に対して刺激が足りない状態とも言えます。しかし、普段の生活の中で、同じ仕事、同じ職場で、常に新しい刺激を求めるのは難しいものです。

また、仕事に飽きてしまったというネガティブな気持ちは人に話にくい、周囲に相談相手がいない、相談したくても相談できない事もあるでしょう。

そんな時には、ビジネス書を読む事をお勧めします。ビジネス書はその名前の通り、仕事に関する本ですから、興味が湧かない、仕事に飽きたのに仕事の本を読むなんて気が進まないと感じる人もいるでしょう。

しかし、ビジネス書には様々な種類があります。仕事の改善に関する事や、仕事のノウハウを学ぶもの、成功事例、経営者の経営理念に関する事、仕事に臨む姿勢やメンタルに関するものなど多種多様です。

書店のビジネス書のコーナーを眺めていると、興味が湧くタイトルを見つけるのは難しくないものです。まずは、興味を覚えたビジネス本を楽な気持ちで読んでみましょう。

ビジネス書を読むと、普段の生活や自分の周囲からは得られない情報が、簡単に得られます。自分では思いつかないような発想や発見、仕事への刺激を得られる事もあります。

それが仕事の改善、仕事に対する意識、モチベーションの向上などに繋がれば、仕事に飽きる状態から抜け出せるでしょう。

また、ビジネス書を買うという行為は、自分に投資している事と同じです。ビジネス書を読む事で仕事への意識が変わり、今よりも充実した気持ちで仕事ができれば、とても効率の良い投資だと言えます。

③自分で仕事を増やす

誰でも初めて経験する仕事はスムーズにできません。まずは仕事を覚えるところからスタートするため、通常よりも時間がかかり、忙しく感じたり、精神的に余裕が無くなる事もあります。

それがある程度の経験を積むと、仕事をスムーズに進める事ができます。それにより仕事に余裕ができると、暇に感じる時さえあるでしょう。

新しい仕事を覚える時は、早く仕事を覚えたいという意欲と仕事に追われる忙しさから、仕事に飽きる事は少ないと言えます。仕事に余裕があると刺激が失われ、仕事に飽きる事に繋がります。

ただ、常に新しい仕事がある、常に新しい刺激がある職場というのは多くありません。そこで、自分で仕事を増やしてみましょう。

自分で仕事を増やすと言っても、仕事の効率を下げたり、生産性の無い仕事、無駄な仕事を増やすのではありません。自分の仕事の範囲を広げる、自分のスキルを上げる努力をする事です。

具体的には、自分の仕事が早く終わったり、自分の仕事に余裕がある時には周囲や上司に声をかけて仕事を手伝うのも良いでしょう。

また、上司に仕事の状況を報告し、より多くの仕事や少しレベルの高い仕事を希望するのも良いでしょう。積極的に自分から仕事を求める事で、暇な状態を作らず、仕事のマンネリ化を防ぎます。

そのような姿勢は、仕事に飽きる事を防ぐと共に、結果的には周囲や上司から評価される事になり、自分自身のスキルアップにも繋がります。

④仕事を工夫する

仕事の改善はどのような職場でもテーマになる事です。いかに仕事を合理的に行うか、いかに良い製品、サービスを提供するか、その努力は企業の成長や生き残りに欠かせない事です。

他に真似できない独占業務や競争相手がいない状態で無い限り、改善を続けていかないと、競争に負けてしまい、その仕事そのものを失う可能性もあります。それだけ、仕事の改善は重要な取り組みです。

改善は様々な方法がありますが、要約すると、仕事を客観的に捉え、問題点を明らかにし、より効率の良い、より質の高い仕事ができるように修正する事です。

つまり、普段の仕事を客観的に見る事、当たり前だと思っている仕事の進め方や仕事内容に対して、視点を変えて見る事が必要になります。

改善というと大げさに感じる場合がありますので、まずは目の前の仕事を工夫するという姿勢で、気軽に取り組んでみましょう。きっと、工夫したくなる事がみつかると思います。

また、仕事がスムーズになる、製品、サービスの質が上がるなど、改善や工夫の具体的な効果が現れてくると、更に面白く感じてきます。

改善や工夫にはゴールがありません。改善や工夫の面白さを実感し、より効果を出せるように改善や工夫を繰り返していく事ができれば、仕事に飽きる事はなくなるでしょう。

⑤配置転換や異動を希望する

仕事に飽きてしまった場合、単純に仕事を変える、職場環境を変える事も解消方法の一つです。同じ職場でも別の仕事や部署がある場合は、配置転換や異動を希望するのも良いでしょう。

別の仕事や部署を経験する事は、新鮮な気持ちで仕事に臨める事や、自分自身のスキルアップにも繋がります。

配置転換や異動の希望は、人事評価など上司と面談の機会がある場合は、そこで申し出ると良いでしょう。そのような機会が無い場合は、直接、上司に相談します。

その場合、気をつけたいのは、配置転換や異動を希望する理由です。今の仕事に飽きてしまった。という本音を伝えてしまうと、別の仕事でも同じように飽きてしまうのではないか、と疑われてしまいます。

そもそも、仕事に飽きたという事を上司に伝える事自体、非常識な印象を持たれる可能性があります。

今よりもレベルの高い仕事をしたい、○○という理由で別の仕事に魅力を感じている、将来を見据えて、是非、新しい仕事にチャレンジしたい、など、ポジティブな理由を用意しましょう。

仕事の経験は、仕事そのものの技能やスキルを得るだけではありません。その職場の雰囲気や人間関係、習慣、関連する様々な情報を得ています。それらは、仕事をする上でとても大切な事です。

しかし、仕事を辞めて、また新しい仕事をする時には、また初めからそれらを習得する必要があります。特に人間関係、社内・社外の信頼関係を築く為には時間と労力が必要です。

その面でも、仕事に飽きたからといって、すぐに辞めてしまうのでは無く、まず配置転換や異動を希望する事は良い選択だと言えます。

⑥プライベートを充実させる

睡眠時間を除くと、仕事をしている時間は1日の大半を占めます。毎日の生活を充実させるためには、仕事はとても大切なものです。

しかし、自分の希望通りの仕事をしている人、仕事が楽しくて仕方がない人、毎日、仕事に刺激がある人は、それほど多くありません。反対に、仕事に対して何らかの不満を持っている人は多いものです。

それでも世の中には、毎日を楽しく過ごしている人は多くいます。つまり、仕事以外のプライベートが充実している人です。

仕事以外の楽しみが無い人は、仕事の充実度イコール毎日の充実度になり、仕事以外の楽しみを持っている人と比べて、毎日の生活や精神面で仕事の影響を受けやすくなります。

言うまでも無く、プライベートを重視し過ぎて、仕事に支障が出るのも問題です。仕事もプライベートも充実している事が理想であり、大切なのはそのバランスです。

仕事に飽きて辞めたいと考えた時は、目先を変えて、仕事ではなく仕事以外のプライベートで刺激を求めてみるのも良いでしょう。

ずっと気になっていた事、チャレンジしてみたかった事を実行に移す。行ってみたかった場所へ行く。友人や恋人、家族との時間を増やすなど、意識的にプライベートを充実させてみるのです。

それにより、仕事に偏っていた意識が仕事以外に向かい、気持ちが楽になるでしょう。

少し極端な言い方をすると、仕事はマンネリがあたりまえ。仕事はあくまでも給料を得るための手段。プライベートの為に仕事を頑張る。そのような考え方ができれば、仕事に飽きて辞めたいと思うことは減るでしょう。

⑦転職する

仕事に飽きた事を肯定的に捉えると、仕事に飽きるのは成長の証とも言えます。そろそろ飽きたな。そう感じるのは、次のステップに進みたいという気持ちの表れかもしれません。

仕事を覚えてしまい、与えられた仕事を一人でこなせるようになると、刺激が減っていきます。新しい仕事にチャレンジできる環境であれば、仕事に飽きる事も少ないですが、そのような仕事は少ないものです。

また、仕事に飽きるという事は、その仕事に魅力を感じない、その仕事にやりがいを見いだせない状態とも言えます。その場合は、その仕事が自分に合っていない可能性もあります。

「仕事に飽きた」という言葉は、仕事を軽く考えているよう聞こえ、周囲にはあまり良い印象を与えません。しかし、仕事に飽きる理由は様々であり、根気がない、仕事に対して不真面目など、決してネガティブなものばかりではありません。

次の目標が見つかった、新しい仕事にチャレンジしたい、より適性のある仕事に就きたい、そのようなポジティブな原因が今の仕事に飽きてしまった原因になっている場合もあります。

転職の就職活動では、必ずと言っていいほど前職の退職理由を聞かれますが、そこで「仕事に飽きたから」と答える人はいないでしょう。

なぜ退職したのか、つまり、なぜ仕事に飽きたのかを明確にしておく事は、転職の就職活動においても重要になります。

終身雇用が当たり前の時代では、転職するのは仕事に対して「我慢が足りないからだ」「忍耐力が無いからだ」と思われる事もありました。しかし、現在は転職しながらキャリアアップを図るという働き方も浸透しつつあります。

同じ仕事を続ける事はもちろんですが、自分の適性に合った仕事を探す事、様々な仕事を経験する事もスキルアップやキャリアアップに繋がります。

仕事に飽きて辞めたいとき、その理由によっては、転職する事も正しい選択肢の一つと言えるでしょう。

まとめ

仕事に飽きたから辞めたい。それに対して今の仕事を続ける努力をする場合も、転職する場合も、共通して言えるのは、今よりも前進する事、日々の生活や仕事をより充実させる事が大切です。

仕事が楽しくない、仕事にやりがいを見いだせない、そのような気持ちで、毎日イヤイヤ仕事を続けるのは自分自身にとっても、会社や周囲にとってもプラスになりません。

また、その時の気分に流されてしまい、あまり考えずに辞めてしまうと、同じ事を繰り返す可能性があります。

仕事に飽きて辞めたいと感じた時は、自分の働き方や将来を見つめ直す機会だと考えましょう。その後の道を誤らない為には、仕事に飽きた理由を探ることが大切です。なぜ仕事に飽きたのか、しっかりと考えましょう。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

とにかく、今の仕事を辞める前に転職できるか?を調べてみましょう。

(以下のように診断結果が出ます)

転職力診断

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る