今の仕事は相性が合わないです。辞めてもいいのでしょうか?

今自分がしている仕事に適正があるのか?そして辞めたほうがいいのか?とても悩みますよね。

ですが、悩んでいるままでは状況は何も変わらないばかりか、やり過ごしていると、あなたが損をすることにもなりかねません。状況を好転させるためにも何かしらのアクションを起こしてください。

仕事が合わない、辞めたいと考えているあなたに対処法を紹介していきます。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

①上司や信頼できる先輩に相談してみる

仕事に悩む人は多くいます。ただ、悩みに向き合い解決し仕事を続けていく人も多くいます。辞めたいという理由や、悩みの根本はあなたの中でしっかりと整理され明確になっているでしょうか。

もし、あなたのまわりに信頼できる先輩や上司などがいれば相談するのも手です。打ち明けることで、自分はこんなことで悩んでいたのか、そういう解決方法はあるのかなど人生の先輩としての意見は時に人生を変える大切なアドバイスとなることがあります。

なにより具体的な解決方法として部署異動や職種の変更の方策をとってくれるこも多々あります。自分の適性は自分ではなかなか分からないものです。自分では技術職が向いていると思っていても、実は営業職のほうが向いている場合だってあります。

上司の提言全てに耳を傾ける必要はありませんが、チャレンジしようという気持ちになったのなら、まずは「やってみる」ことが大事です。新たな発見や、やりがいを見出せるかもしれないのです。

人間関係で悩んでいる場合でも、信頼できる人に相談することで糸口を見出せたり、考え方が変わるかもしれません。

退職をして次の職場に行っても人間関係の問題はどうしても付きまとってきます。相談をした後クリアできそうなものであれば簡単に辞めるのはおすすめしません。

こんなに簡単に解決するものなのか、と悩んでいた時期が嘘のように状況が転換することもあります。相談は切り出す時の一言がなにより大変かと思います。ですがその一言が状況を好転させる一言にもなるのです。

勇気を出して行動するという事も時には必要です。

②紙に書き出してみる

比較的古典的な方法かもしれませんが、今あなたが仕事に対してストレスに感じている事を紙に具体的に書くことで頭の中を整理することができます。

整理した上で解決策を考じることもできます。ポイントは「人間関係」「仕事内容」「待遇面」など具体的にカテゴライズして紙に書き出していくことです。ストレスを書き出したなら同時に解決策も書き出してください。

そして、会社にいること、仕事をしていることでの「メリット」も書き出してください。こうして自分が置かれている立場を客観的に眺めることで、果たして辞めるべきなのかを考えてください。

会社で仕事をする上では全て自分にとってメリットばかりではありません。出来ればやりたくない、気が進まない仕事もあれば、待遇面に不満を持ったり、職場での人間関係に嫌気がさす時もあります。

ですがデメリットばかりを気にしていてはメリットが分からなくなってくるという事もあります。ひとつ冷静になり頭を整理することで忘れていた、気にもしていなかったメリットが浮かんでくるかもしれません。

そして1つ1つの解決策に対して出来ることから、チャレンジをしてください。あなたの中でその解決策は現実的なものかどうかを見極めることが大切です。

実行をする中で、それでもストレスを感じ、自分の力ではどうしても解決する事ができないと感じたら上司や先輩に相談するなど他の方法をとってください。無理に我慢して実行していくことが解決ではありません。

自分の考え方と他者からのアドバイスを比較することも必要です。

③会社の方針が明らかに違う場合や、精神ストレスをひどく感じる場合は会社を辞めてもいい

あなたの考え方と会社の方針が明らかに違う場合は会社を辞めることを考えて良いかもしれません。会社という組織に在籍する以上、会社の方針やルールに従い業務を全うすることはとても大事なことです。

会社の方針の中で自分のスキルアップは難しいと感じると高いモチベーションで仕事をすることができません。仕事をする以上自身のスキルアップがやりがいでもある、と考える人にはとても大きい食い違いです。

次に精神ストレスをひどく感じる場合。この場合はまず状況を改善するために上司に相談することが重要です。

会社に向かう足が重かったり、仕事をしている最中も苦痛を感じるのであれば体が仕事や会社への拒否反応を示しているので、考えられる理由を正直に上司に話します。

会社として改善策を考じてくれたり、休職の提案をしてくれたりと、処置を考えてくれるでしょう。会社と折り合いがつかない場合は無理をせず、体のためにも退職をした方が良いです。

新しい職場で気持ち新たに仕事に向かうほうがずっと人生を楽しむことができます。

まとめ

当たり前ですが、ストレスを抱えて毎日を送ることは楽しくないですし、体にも良くありません。

状況を好転させるためにも、まずは勇気を出してアクションを起こしてください。全ては行動から始まります。頑張ってください。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る