就活に向いていないと思ってもやらなければいけない理由3つ

就活をしていて思うような結果が出ないと、自分には就活が向いてないと思うこともありますよね。

私も就活をしていて自分には向いていないと思うことも多かったので、あなたの気持はよくわかります。

そこで私の経験から、就活に向いていないと思ってもやらなければいけない理由について3つ紹介したいと思います。

①向いているかは自分で決めることではない

就活に向いていないと思うのは自分自身が決めることなので、あなた自身が就活に向いているかいないかを決めることではありません。

しかも就活に向いているという人はほとんどいません。

なぜなら就活は全員が真剣になって、自分の将来働きたいと思う会社に入社するために頑張っているだけです。

就活に向いているというのはただ良い結果が出たというだけなので、結果が悪いからと言って就活には向いていないということではありません。

就活で成果が出ないのはたまたま企業が求める人材にマッチしていなかった可能性もあるので、あなたの能力やスキルだけが問題という訳ではありません。

あなたよりも優秀でスキルの高い人も就活では結果が出せないことも多いので、良い結果が出なければ就活に向いていないと思うでしょう。

就活とはあなた自身が、将来働きたいと思う会社に入社するために頑張っているのですよね。誰に指示されたことではなく、あなた自身が入社したい会社を選んでいるはずなので、後は自分が努力するだけです。

同じような考えのライバルが何人もいるので、少ない採用枠を多くのライバルたちと争うことになります。

採用される要因は会社によって違うので、例え就活に向いているという人がいても、会社が求める人材でなければ受かることはないでしょう。

それほど就活は厳しい状況でもあるので、落ちても仕方ないという気持ちを持って、何度もトライすることが大切です。

諦めて自分には向いてないと決めつけてしまうと、チャンスを逃すことにも繋がるので、最期まで諦めない気持ちが大切です。

②今しかないチャンスを逃してはいけない

就活は同じくらいのライバルたちと争うことになりますが、いわゆる大企業や大手の会社に入社できるチャンスが開けているのも就活の特徴の一つです。

大企業や大手の会社は良い人材を確保したいと思っているので、多くのライバルたちが争うことになるでしょう。

しかも年に何度も採用しているのではなく、就活の時期だけ募集をしている企業も多々あります。

そのため自分が入りたいと思う会社に入社できるチャンスは、就活の時期しかないことも多いのです。就活では多くの会社に入社するチャンスがありますが、それ以上にライバルの存在が大きいです。

あなたよりも能力やスキルの高い人もたくさんいますが、必ずしも良い結果を出している訳ではありません。

なぜなら就活の時の採用基準は、学校の成績で決めている訳ではないからです。あなたが就活でチャンスを活かせないのは、自分をよくアピールできなかったり、たまたま企業が求める人材ではなかったのかもしれません。

就活では落ちることを前提にして活動することで、より多くの企業に入社できるチャンスが生まれます。

このチャンスは就活の時期しかないので、もしもあなた自身が就活に向いてないと思ってもチャンスを逃してはいけません。後で就職したいと思った時に必ず後悔することになるからです。

人生においてもチャンスを逃してはいけない時が何度かありますが、就活も人生においては大きなチャンスの時期なので、逃さずチャンスをモノにしましょう。

③将来自分の役に立つから

あなたが就活に向いていないと思う理由は、就活が大変な割には思うような結果が出ないことが要因のひとつでしょう。

とにかく就活は大変で経験した人にしか分からない辛さやプレッシャーがあるので、すぐにでも止めたいと思いますよね。

結果が出ないのは自分には就活が向いてないからだと思うのも当然で、どんなに頑張っても結果が出ないこともあるのが就活の辛い所です。しかし人生においても就活は大変な時期でもあります。

自分の将来の生活の基盤となる仕事を選ぶ重要な時期でもありますし、入社する会社によっては自分の人生が大きく変わっていく可能性もあります。

就活の時期はそれほどあなたの人生においても重要な時期なので、大変な思いをするのは当然です。

就活を経験した人の多くは後で大変だった時期を振り返る時に、自分も大変な思いをしたと改めて思い返すでしょう。

しかし今の自分があるのは就活の時期に頑張ったからだと思えるのも、就活で頑張った人にしか分かり得ないことです。就活をやらなければいけない理由は、就活の辛さは後々自分の自信に繋がります。

逃げ出さずに頑張ったことが自信に繋がるので、向いていないと思っても将来を見据えて頑張りましょう。

まとめ

就活に向いてないと思ってもやらなければいけない理由は多々ありますが、自分に自信を持つためにも就活は最後までやり抜きましょう。

就活の時期は人生の分岐点のひとつとなる時期なので、将来の自分の人生にも大きく影響してきます。

例え向いていなくても就活で結果を出すことで、将来の自分の人生を切り開くことができるのです。

9月で無い内定のあなたがやるべきこと【2019年卒】

Unistyleに登録して内定者情報を参考にしよう!

Unistyleは内定者ESを中心に、内定を獲得するための情報が全てつまっています。毎年6万人以上の就活生が利用していますので、就活生には欠かせない登録必須のサイトです!

とりあえず、Unistyleに無料登録する

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PickUp記事!

  1. 何から就活を始めればいいか分からないあなたへ

    そろそろ就活を始めなくちゃと思いつつも何から始めれば良いのか・・・と悩んでいませんか? …
  2. やりたい仕事が見つからないあなたへ

    やりたい仕事や、やりたいことが見つからない。 誰しも一度は悩んだことがあるのではないでしょ…
ページ上部へ戻る