就職浪人中に資格を取得しても意味がない理由3つ

就職浪人中に資格を取得すれば、少しは有利になると考える人は多いものです。

しかし、現実的な効果には期待できない点に注意が必要です。これは浪人中に取れるような資格のほとんどが簡単に取得できるもので、就職に直結しないからです。

①簡単に取れる資格は就職に響かない

就職浪人中に資格を取得しようとした場合、多くの人が目をやるのが取得までにかかる期間です。資格取得までに時間がかかってしまえば、それだけ就職活動が圧迫されるからです。

しかし、これは誤りです。なぜなら簡単に取得できる資格はそれだけの価値しかなく、就職浪人であるハンデを上回るものにならないからです。

例えば、あなたが企業の採用担当者だったとします。同じ学歴で、ストレートにエントリーをしてくる人と、仕事の片手まで取れる資格を持った就職浪人がいたら、どちらを採用しますか? 

おそらくストレートにエントリーをしてくれる人に好感を得るはずです。

他の企業に落ちたことが明らかな人間よりも若くて、まっすぐに企業に向かってくれる人間を採用した方がメリットも大きくなります。

逆に言えば、浪人中に手軽に取れる資格程度では就職の足しにはならないのです。資格試験によっては実務経験を積まないと受験資格自体が貰えないケースもあります。

就職に直結するような資格は実務経験が必要になる場合が多く、その経験を含めて有利になることに理解が必要です。

②何のために就職浪人になったのかもわからない

就職浪人をして資格をとっても、浪人した説明にはならないことに注意が必要です。勉強をしていたことの証明になりますが、就職浪人で資格を取得する必然性はないからです。

就職のために必須の資格があり、取り損ねたために留年する場合は説明がつきます。専門職であれば資格がないと仕事ができない場合があるからです。

しかし、そうでなければただ就職に失敗し、時間があったからとったと見られる可能性が高いのです。

面接官や採用担当者が見るのは、なぜ在学中にとらなかったかです。間に合わせで取得した資格はすぐにわかります。

大切なのはなぜ就職浪人になるかです。新卒から外れないためであれば、それは自分の都合です。企業の欲しい人材と思わせる人間であれば資格がなくても採用されることがあります。

資格を取得したところで、自分の都合で動いたということはかわらないのです。

企業側からすれば、中途枠などを使ってでも仕事をとろうとする熱意のある人間の方がプラスになることもあるのです。

病気などの理由があり、やむなく就職浪人をしたのであればそれを丁寧に説明すれば良い話です。しかし、資格を取得して誤魔化そうとしている時点で逃げの姿勢が見えてしまいます。

現実ではなく、理想を見ながら人物を評価する企業があることも含めて、少なくとも自分が他人からどう見えるかは把握しておく必要があるのです。

③つきたい職種とマッチングするかはわからない

就職浪人をして資格を取得しても、資格を生かせる職種につけない可能性もあります。自分がしたい仕事と適性がある仕事は別です。適正自体がなければ何度でも落ちてしまい、全く就職の足しにならない場合があります。

職種や業種自体を変えれば、資格を生かせる機会に恵まれない可能性が出てきます。また、大手から中小企業へターゲットをかえれば業務の内容自体が大きく変る場合もあります。

実際に仕事について役に立たない資格であることがわかり、バイトなどに使った方が良かったなどと考える人は珍しくないのです。

ポイントになるのが資格を取得することよりも自分の適性を確認することです。

就職浪人をしている時点で、自分が働きたい業種や企業規模とのミスマッチが生じている可能性が高くなります。

資格を取得して再度挑んでも同じ結果になる可能性があるのです。資格取得よりも自分の見直しが優先されるケースは多く、見直してから余裕を見て資格取得を考えた方が良いこともあるのです。

適正のチェックために資格試験などに挑み、ついでで取れてしまうこともあります。

しかし、それはあくまで自分のための確認作業であり、就職にプラスになるかは別の話しです。短期間で取得できる資格であることに代わりがないからです。

数年単位で取得に時間がかかるものや、合格率が数%のようなハードな試験を乗り越えなければ、それほど影響は大きくならないのです。

まとめ

就職浪人になってから取得できる資格は、準備期間が短く簡単なものに限られます。

しかし、数ヶ月単位で取れるものであれば評価されることはなく、努力の証としてとられることもなくなります。むしろ在学中にとらなかった計画性のなさが露見する恐れもあります。

取得した資格が生かせる仕事に就けるとも限らないため、まずは自分の適性を見直す必要があります。

就職浪人をしている時点でマイナスイメージがわきやすくなるため、ターゲットを絞って自分を高く買ってくれる起業に売り込む必要があるのです。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る