就活に失敗し起業を考えるときの注意点3つ

就活に失敗してしまったことで起業を考えるのもひとつの方法ですよね。あなたと同じように私も就活に失敗したことで、起業することを考えたことがあったので気持ちはよくわかります。

しかし起業することは大変なので、なかなか難しいことも多いのが現実です。

そこで私の経験から、就活に失敗し起業を考えるときの注意点として3つ紹介したいと思います。

①資金繰りを考える

起業を考える時に大切なことは、資金繰りを考えることです。就活に失敗したことであなたが起業を考えるのは素晴らしいことでもあります。

しかし現実問題として起業するにはさまざまな準備資金が必要ですし、収入を得るまでのお金の問題もありますよね。

起業する前には準備することがたくさんあります。オフィスを借りずに自宅で起業するのもひとつの方法ですが、パソコン関連のツールは必要不可欠となります。

あなたが持っている物を使ってできるのであればいいのですが、新たに全てを購入するとなるとかなりの金額になります。

また起業してからもその都度必要と思う物が出てくるので、思っていた当初よりも必要資金が高くなる場合が多いです。さらに大きな問題として、起業してからすぐに収入が得られるとは限らないということです。

多くの場合は半年から1年ほどはまともな収入を得られないことが多いので、かなりの苦労をすることになるでしょう。

あなたが起業するのは素晴らしい考えですが、お金の問題は大きく圧し掛かってきます。まさかすべてのお金を両親から借りて起業を考えているのではないですよね。

そんな甘い考えでは起業しても難しいでしょうし、まして両親から資金を借りることができるかどうかも分かりません。

毎月の生活費も掛かるので、起業する時にはお金のことは切っても切り離せません。

0円で起業した人もいるようですが、あくまでもすべてのツールが揃っていて、毎月の生活費は考慮していないので鵜呑みにしない方がいいでしょう。

あなたが考えている以上に起業するにはお金が掛かることも予想されるので、お金の件についてはしっかりと考えておきましょう。

②マルチな才能があるのか自己診断する

起業するにはただあなたが好きなことをするだけではなく、苦手だと思うこともやらなければなりません。

起業することは自分が社長になることだけではなく、広報担当、営業担当、現場担当などの業務を1人でこなさなければなりません。

自分が会社の社長となってすべてを行うのが起業するということなので、自分にすべてのことができるかしっかりと自己診断しておくことが大切です。

例えばパソコンを使って新しいソフトを開発することができたとしても、それを自分が宣伝しなければ売ることはできませんよね。

自分が営業マンとなって各会社に行って売り込みをしなければいけませんし、ネットを使って宣伝することも考えなければならないでしょう。ホームページを使って宣伝するほか、足を使って地道な営業活動をしならないでしょう。

起業するということはあなたが好きなことだけをやるというのではなく、苦手だと思うことも自分一人でこなさなければならないということです。

どれか1つでも欠けてしまうと売り上げが上がらないので、生活するための収入を稼ぐこともできないでしょう。

就活に失敗した自分が本当に起業するだけのマルチな才能があるのか、しっかりと自己診断することは大切です。

実際に起業してみれば何とかなるものですが、相当な覚悟や才能が無ければ難しいので、自己診断をして判断しましょう。

③本気で取り組む覚悟があるのか確認する

起業する時はあなたが本当に起業したいと本気で思っているのか、今一度確認しておくことが大切です。就活に失敗したら起業する道を選ぶのもひとつの道ではありますが、就活で就職するよりも起業する方が何倍も大変です。

就活に失敗して仕事が無いからとりあえず起業するという考えならば、途中で挫折してしまうのは明白です。

数カ月間は無収入でとにかく頑張らなければいけない時期もあるかもしれないので、本気で起業したいという意識が強くなければ難しいでしょう。

就活に失敗してしまったのは仕方がないことですが、他にも就職する道はたくさんあります。就活に失敗したからといって起業することもないので、わざわざいばらの道を進む必要もないでしょう。

もしもあなたが起業するのを安易な気持ちで考えているなら、今一度考え直した方がいいでしょう。

本気で取り組む姿勢があるのか考えることが大切なので、起業する前にしっかりと気持ちを確かめておきましょう。

まとめ

就活に失敗して起業を考えているなら、本当にあなたが起業したいのかを自分に問いかけてみましょう。

起業してから軌道に乗るまでは大変なことばかりですし、お金の問題ややりたくもない仕事も多いでしょう。

それでも起業して頑張りたいという強い意志がなければ起業するのは難しいので、まずは自分自身の気持を確かめてから行動に移すことが大切です。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る