就活に失敗し中小企業をターゲットにするときにやるべきこと3つ

大企業に挑み続けて敗れ、中小企業にターゲットを切り替える人は非常に多いのがポイントです。第一志望、第二志望をすんなりと通す人は少数派ですよね? それくらい難関になっているのです。

ただし、中小企業をターゲットにする場合はそれはそれで注意が必要です。

なぜなら、同じように大企業で内定を取れなかった人たちが集まってくる可能性があるからです。

①中小企業でも人気のある企業は存在する

中小企業をターゲットに就活をする場合は、人気のある中小企業が存在することを理解する必要があります。

中小企業であっても福利厚生にこだわっていたり、人材育成に力を入れている企業は存在します。下手な大企業よりもホワイトで給与が良いケースも存在し、募集に人が殺到することもあるのです。

そのため、待遇が良い企業に関しては例年どれくらいの倍率だったかを調べ、就職のハードルが高いかどうかを判断する必要があります。

注意したいのは先行しているライバルの存在です。募集時期によるものの、最初から中小企業を本命にして活動しているライバルがいることを意識する必要があります。そういったライバルと比べた場合、自分は企業研究などの面で出遅れているのです。

対策の一つが倍率が高いところを外す方法です。

あえてハードルを下げ、2番手、3番手などより就職できる確立が高い企業を狙った方が現実的なことがあるからです。特に就活自体が終盤になり、内定が一つも出ていない場合はこちらを優先した方が良い場合があります。

もう一つが徹底的に企業研究を行う方法です。

中小企業だから楽に入れるとは思わずに、本気で行動できるかが鍵になります。大企業に落ちたから仕方なく受けたと言う態度が出てしまえば、面接で一発アウトになる可能性もあるからです。

本気の度合いがチェックされることもあるため、ハードルが低くないことに自覚が必要なのです。

②自分の適性をしっかり見直すことも重要に

大企業の多くが適性検査などを利用していて、中でもSPIが関門になるケースがあります。SPIは性格的な適正などをチェックするテストであり、その人の個性が出る部分があります。

しかし、全く当てにならないという意見もあり、あくまで脚きりとして使われているという説もあります。

注意したいのはSPIで落ちた場合は、SPIに似た考えで採用を行っている中小企業でもおちる可能性が高いと言うことです。

重要になるのは自分の適性です。自分が働きたい待遇や環境ではなく、自分の能力や適性にあっているかを考え直した方が良い場合もあるからです。

場合によっては職種なども変更し、異業種に挑んだ方がプラスになることもあります。

大切なのは、就活が終わるまでに結果を出すと言うことです。同じ業界の同じ職種に限定すれば、適性が無いとわかった場合に落ち続ける可能性があります。

自分の欠点を理解した上でカバーできるなら問題はないものの、短期間では難しい場合が大半です。

それであれば、いくつか候補を作ってチャレンジし、手ごたえがあるかどうかをチェックしていった方がプラスになるケースがあるのです。

特に内定が一社でも出ているのと、全く出ていないのでは大きな差ができます。残りの就職活動に身が入るかも変ってきますよね? 

まずは目先を変えた方が良いケースもあるのです。適性があっていれば中小企業で出世して転職と言う選択肢も出てくるため、まずは足元を固めるつもりで挑んだ方が良い場合もあるのです。

③中小企業の良さを分析しなおすことも重要に

中小企業をターゲットにする場合は、その良さをしっかりと理解しておく必要があります。

例えば、中小企業であればビジネス現場が近く、学べることが増える場合があります。大企業の場合、内勤になってしまうと自分が何をしているのかわからなくなり、より現場に近い場所を求めて転職する人もいるからです。

また、スキルアップには中小企業の方が向いていて、そのままキャリアアップの速度に直結する事もあります。

早くから責任者として仕事をもらえるかも重要で、企業の気風なども含めてチェックした方が良いのです。

大切なのは休日とのバランスです。自分が磨きたいスキルやキャリアがある場合、実践で磨けるものなのか、余暇なども使って学ばなければいけないものなのかはある程度チェックしておく必要があります。

大企業で休日が十分に取れるのであれば、キャリアための勉強もしやすくなります。しかし、中小企業でもより現場主義の企業になると、勉強に使えるプライベートな時間が減ってしまうこともあるからです。

実務経験が受験資格である場合はプラスになる事もありますが、忙しすぎれば試験対策などが間に合わないこともあります。

資格取得から道が開ける職業もあるため、初年度の年収などではなく、資格取得のための時間確保などを基準に企業選ぶ方法もあるのです。

まとめ

中小企業と一口に言っても、労働環境も企業独自の武器も様々です。

むしろ現場に近く、仕事の確保すら難しい企業もあるためより実践的なスキルが身につく可能性もあります。中小企業だからといって下に見ていると、全く仕事が見つからないケースもあるのです。

中小企業をターゲットにする時点で頭を切り替え、よりよう企業を探し、しっかりと企業研究などをした上で就活に挑むことが重要なのです。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る