高学歴で就活失敗した学生がこれからやるべき3つのこと

就活ではいくら高学歴でも失敗してしまうこともあるので大変です。

私も一応高学歴の経歴があるにも関わらず就活に失敗していたので、あなたの気持がよくわかります。

そこで私の経験を踏まえて、高学歴で就活失敗した学生がこれからやるべき3つのことについて紹介します。

①学歴ではなく何がやりたいのかを明確に決める

就活では自分のキャリアを武器に希望する企業への面接をしますが、必ずしも高学歴だからといって採用されることはありません。

企業側が求めているのは高学歴の人材ではなく、もっと違ったスキルや能力を持っている人材が欲しいと思っているからです。あなたが今まで必死で勉強してきた理由は、いい会社に入って仕事をするためだったかもしれません。

しかしいざ社会に出て働くと、テストの点とは関係のないスキルや能力が必要となってきます。

そのため今までテストだけを頑張ってきた高学歴の人は、就活の時に見透かされてしまい、失敗してしまうことが多いのです。高学歴は確かに就活では武器のひとつとなります。

しっかりと勉強したことは後に必ず役立つ日が来るからです。しかし就活の時点では高学歴よりも大切なことがあります。

高学歴だからといって自分が他の就活生よりも有利になっているという態度をとっていれば、面接官には必ずバレてしまいます。

勉強はこれからもする機会はたくさんありますし、社会に出てからもずっと勉強しなければついて行くことはできないでしょう。

そのため学歴やキャリアが大事なのではなく、これから先何が大事なのかを知っておくことが大切なのです。

あなたが今までやってきた勉強を活かして、何がしたいのかというビジョンを打ち出すことが大切なので、就活時点でライバルとの学歴の差は無いと思ってもいいでしょう。

これから先は学歴に頼るこなく、あなたが何をやりたいのかを考えることが大切です。

②学歴に頼らず自分がやりたいことを必死で探して掴み取る

高学歴の人でも就活に失敗することは当然ありますが、失敗した後にあなたがどういった道に進みたいのかを考えることが大切です。

今まであなたは必至で勉強して高学歴の大学を卒業することになったと思いますが、これから先は学歴だけではどうすることもできません。

社会人になれば学歴ではなく、この先どういったスキルや能力を身につけていくかが重要になっていくからです。

そのためにはあなたがこれから先、やりたいと思えるものを見つけることが大切なのです。就活で失敗してしまったかもしれませんが、社会にでれば失敗や挫折は何度も経験するものです。

そのたびに誰も助けてくれないので、自分自身で立ち直らなければならないですよね。就活で失敗したことはあなたにとっては大きな挫折の1つとなるでしょう。

もちろん落ち込むこともありますし、この先どうすればいいか悩むことも多いと思います。

ただ就活で悩んでいては前に進むことができませんし、今の就活の時期はとにかく必死で自分のこれからの道を模索することが大事になります。

学力に頼ることなくこれから先あなたが何をやりたいのか、必死で探してみる時間を作るのもいいでしょう。

就活を頑張ったり、または違う道に進むのもあなた次第です。いずれにしてもあなたがやりたいと思える道を選んで、後で後悔しないことが大切です。

就活で失敗しても何度でもやり直しはできるので、やりたいことを必死で探して自分の力で掴み取りましょう。

③学力以外の部分を見直してみる

高学歴で就活に失敗した時は、あなたの学歴以外の部分を見直してみることが重要になります。

就活で成功するためには今までの学歴やキャリアではなく、企業が求める人材かどうかがポイントになります。いくら学歴が髙くても企業が求める人材でなければ、採用されることはりませんよね。

そのためあなたよりも学歴が低い人が採用されることはよくありますが、就活で成功するには学歴以外の部分が大切なのです。

そこで就活で失敗した経験を十分に反省して、次の機会に活かすようにしましょう。面接の時の受け答えや将来のビジョンについて、もう一度まとめてみることも大切です。

就活では今までのキャリアよりもこれから何がしたいのかが大事なので、あなたのキャリアを活かして何がやりたいのかを明確にしておきましょう。

高学歴だからといって安心していた態度をとっていたのであれば、すぐに改める必要があります。社会にでれば自分よりも学歴もキャリアも上の人と仕事をすることになります。

あなたの高学歴は今までは通用しても、これから先は通用しないことが多いからです。

過去の学歴ではなく学歴を活かしてこれから先も勉強し続けることで、社会人として通用していくようになります。

あなたが就活で失敗してからやるべきことは、学歴以外の部分を見直して、もう一度必死になって自分のやりたいことにチャレンジしてみることです。

まとめ

高学歴で就活に失敗しても、これから先の人生ではたくさん挫折することがあります。

失敗した時こそしっかりと自分の考えをまとめて、本当にやりたいことに挑戦する姿勢とやる気を持つことが大切です。

失敗したからといって投げやりになるのではなく、今しかできないことを最大限に頑張ることが大切なのです。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る