就活で「とりあえずエントリーしよう」が危険信号な理由3つ

就活をしていると思うような結果が得られないので、とりあえずエントリーだけはしておこうと思うこともあります。

私も就活をしていた時に少しでも採用されたいと思って、とりあえずでもエントリーをしていたのであなたの気持はよくわかります。

そこで私の経験から就活で「とりあえずエントリーしよう」が危険信号な理由3つを紹介したいと思います。

①モチベーションが上がらない

就活では多くの人が採用を目指してモチベーションを高く維持して望んでいます。

面接官からするとモチベーションが低い人材は不採用にしたいと思うので、常に就活の時はモチベーションを高く維持することは大切なことです。

就活で自分が思っている通りの結果が出ないと、投げやりになってしまうこともありますが、モチベーションが低い人はそれだけで落とされやすくなってしまいます。

就活で少しでも採用率を上げるために、たくさんエントリーすることは必要なことです。エントリー数を増やすことによって確実に採用率を上げることにつながるでしょう。

しかしエントリー数を増やしても、肝心のあなたのやる気がなければ、いくらエントリー数を増やしても意味がありません。

とりあえずエントリーしておこうとうような気持ちでは、他のライバルたちとのモチベーションの違いから、良い結果を出すことは難しくなるでしょう。

他の人は高いモチベーションを維持し、何としても採用されたいと必死でエントリーしています。

その中であなただけがとりあえずエントリーしておこうと言うくらいの気持では、あきらかにライバルたちに後れを取ってしまいます。

就活では短い時間でアピールしなければならないので、モチベーションのが低いことで悪い印象を与えてしまい、不採用という結果を招くことに繋がるでしょう。

②貴重な時間を無駄にしてしまう

あなたがとりあえずエントリーしようという気持ちでエントリーしていれば、結局は時間の無駄となってしまうのでやめておいた方がいいでしょう。

就活では「とりあえず」という気持ちで活動すること自体が危険信号で、必死で就活をしている人に到底敵う訳がありません。

あなたも初めは必至で就活をしていたのに、思うような結果が出ないことから、とりあえず採用率を上げるためにエントリーしておこうと思うようになったのかもしれません。

しかしこの考え方をしていてな、いつまで経っても厳しい就活の状況から抜け出すことはできないでしょう。

なぜなら全員が必死で就活をし、企業側も本気で良い人材を探しているのに、「とりあえず」というような気持で就活をしていれば時間を無駄にしてしまうのは当然です。

何としても受かりたいという熱い気持ちを伝えなければ、企業側も採用したいとは思わないですよね。

必死に努力して頑張っている人の気持は、必ず相手に伝わるものです。

そのためあなたの中途半端な気持ちで就活をしていれば、その気持ちも相手に伝わってしまいます。

自分にとっても貴重な時間を無駄にしてしまうので、あなたが本気で入りたいと思う会社を選び、就活をした方がよほど有意義な時間を過ごせます。

あまりやりたくもないような仕事にエントリーしても、結局は結局は無駄に終わってしまうので、しっかりと目標を見据えて本気になって就活することが大切です。

③本気にならなければ就活は乗り切れない

就活で本気になって活動できない人は、それなりの結果しか出すことはできないでしょう。

面接官にとって採用したいと思う人材は、仕事に対してやる気のある人材であることは最低限の条件のひとつでしょう。どれだけ能力の高い人材でも、やる気が感じられなければ採用を見送ってしまうことも多々あります。

やる気がなければいつ会社を辞めるか分からないので、怖くて採用できませんよね。

そのため面接官は大勢の採用者をじっくりとチェックし、やる気のある人材かどうかをしっかりと見極めています。

あなたがとりあえずエントリーしようと思って臨んだ面接では、本気になって面接に取り組めるのでしょうか。他のライバルたちの中にはどうしてもこの会社に受かりたいと思い、必死に自分をアピールしている人もたくさんいるはずです。

その中であなただけが「とりあえずエントリーしよう」というような気持で面接に臨んでいれば、ライバルたちと対等に戦うことはできませんよね。

就活でとりあえずエントリーしようというような気持で臨むこと自体が黄色信号で、本気になって受かりたいという気持ちで臨まなければ、あなたがどんなに優秀な人材でもなかなか採用されることはないでしょう。

就活は何十社と受けても採用されないことも多々あります。

その中でも自分を見失わずに入りたい会社を探し、全力で面接に臨まなければ、就活を上手く乗り切ることは難しいでしょう。

まとめ

就活では自分がどれだけこの会社で働きたいかをアピールすることが大切なので、モチベーションが低いことは致命傷にもなりかねません。

とりあえずという気持ちを持っている時点で、就職活動は黄色信号が灯ってしまいます。

とりあえずではなく絶対受かりたいという強い気持ちを持って、就活を乗り切りましょう。

10月で無い内定のあなたがやるべきこと【2019年卒】

Unistyleに登録して内定者情報を参考にしよう!

Unistyleは内定者ESを中心に、内定を獲得するための情報が全てつまっています。毎年6万人以上の就活生が利用していますので、就活生には欠かせない登録必須のサイトです!

とりあえず、Unistyleに無料登録する

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PickUp記事!

  1. 何から就活を始めればいいか分からないあなたへ

    そろそろ就活を始めなくちゃと思いつつも何から始めれば良いのか・・・と悩んでいませんか? …
  2. やりたい仕事が見つからないあなたへ

    やりたい仕事や、やりたいことが見つからない。 誰しも一度は悩んだことがあるのではないでしょ…
ページ上部へ戻る