就職浪人するメリット3つ

新卒での就活がうまくいかなかった場合の選択肢の一つに、「就職浪人」があります。

就活に失敗した時の選択肢はいろいろあるため、「どれが自分にとって一番有利な選択肢か」で迷い、悩むこともありますよね。

私もあなたと同じように、迷い悩んだ経験があります。就活がうまくいかないと、どうしてもマイナス思考になりがちで、「就職浪人にはデメリットしかないのでは?」と考えてしまうのではないでしょうか。

しかし、実はメリットもあるんですよ。就職浪人のメリットをお話ししましょう。

①ミスマッチのリスクが小さくなる

就職浪人の大きなメリットは「自分と向き合う時間ができる」ということです。そして、その結果、「就職した際のミスマッチのリスクが小さくなる」というメリットが生まれます。

どういうことなのか、説明しますね。

就職浪人の道を選択した時、まず、もう一度就活をスタートさせるにあたって、「自分自身のこと」「人生計画」「自分にとって仕事とは」「自分の適性とやりたい仕事」などを考えることになるでしょう。

もう一度自己分析をやり直してみることもあるでしょうし、具体的にどんな仕事が自分に向いているのか、学生時代の就活の経験を踏まえながら、自分と仕事の関係性をじっくり考える時間ができるわけですね。

もちろん、新卒の就活の際にも自己分析などはしたでしょう。

しかし、学生の時にそのように向き合うのと、大学を卒業してからあらためて向き合うのとでは、その深みがまったくちがってくるんですよ。

学生の時の自己分析は、どうしてもとおりいっぺんの、深みのないものになりがちです。

そのため、「新卒の就活がうまくいって、スムーズに内定が取れたけれど、実際に働き始めてから、ミスマッチに気づいた」ということが少なくありません。

働いてみたら自分の強みを生かせないような仕事だったとか、自分の資質にはまったく合っていない仕事だったという理由で、早い段階で転職するケースもけっこう多いんですよね。

就職浪人をすると、先ほどお話しした通り、自分とじっくり向き合う時間がもてますので、「本当にやりたいこと」や「自分の本質」を把握することが可能になるでしょう。

その結果、自分の適性にかなった仕事、やりたい仕事に就職しやすくなるわけです。

新卒でスムーズに就職したけれど、すぐに辞めて転職するようになるよりは、就職浪人して適性に合った長続きできる仕事に就いた方がぜったいにいいですよね。

ミスマッチのリスクが小さくなること、これが就職浪人のメリットと言っていいでしょう。

②自主的で「人と比べない就活」ができる

大学生の就活は、どうしても型にはまったものになりがちです。就活の経験がないのですから、それは当然のことですよね。

「みんながやっているやり方を、みんながやるタイミングで行い、みんながやっているノウハウに従って就活をする」というのが、多くの大学生就活のスタイルでしょう。

その結果、うまくいく人もいればうまくいかない人も出てきます。

そうなると、うまくいかない人はうまくいく人を見て、「あの人はもう内定をいくつももらっている。自分はゼロだ」と、焦ることにもなるでしょう。そんなふうに焦れば、就活はますますうまくいかなくなってしまいますよね。

つまり、「人と比べる就活」には、小さくないリスクがあるわけです。

その点、就職浪人になって就活をすれば、「友達と比べて焦る」ということにはなりません。他の人はどうであろうと、人とは関係のない就活ができるわけです。

また、就活浪人の場合は、自分で就活のスケジュールややり方を考える必要がでてきますよね。

これって、実は大変に貴重な経験になるんです。自分で主体的に行う就活は、「みんなと同じ就活」にはない経験、「主体的に人生を生きる」という体験ができるわけです。

この経験は、社会に出てから必ず役に立つ、あなたの強みになると思いますよ。

③学費がかからない

就活がうまくいかなかったときの選択肢には、「就職留年する」「専門学校で、就職に有利になるための勉強をする」「大学院へ進む」というものもあります。

それらの道と比べた時の就職浪人のメリットは、「学費がかからない」ということです。

実家暮らしでない限りは、就職浪人すれは生活費を捻出する必要は出てきます。けれど、就職留年などの選択肢を選んだ場合は、生活費に加えて、当然学費もらわなくてはなりませんよね。

ほとんどの場合、それは親に払ってもらうことになるでしょう。これは、実家暮らしの場合でも同じです。

そうなると、「親に金銭的負担をかけている」という精神的負担が生じるに違いありません。

就職浪人でも、親の仕送りで生活しているケースは、それなりの精神的負担はあるかもしれませんが、学費がない分、ずっとプレッシャーは小さいですよね。

就職留年などと比べて、学費がかからない分、親の金銭的負担は減り、その結果として自分の精神的負担が小さくなるというのが、就職浪人のメリットと言えるでしょう。

まとめ

就職浪人の道を選択した時に考えられるメリットについて、実際にそれを経験したことのある私から、3点、お話しさせてもらいました。

よろしかったら参考になさって、ぜひ就活を成功させてください。

11月で未だ内定がないあなたがやるべきこと

2019年卒がまず就活でやるべきこと

マイナビ新卒紹介を利用してプロに相談しましょう!

マイナビ新卒紹介はマイナビと違い、キャリアアドバイザーがマンツーマンでサポートしてくれます。

要は、マイナビ新卒就活を利用することで、自己分析・ES添削・模擬面接含め、就活で必要なことをプロに教えて貰えるということです。

無料で利用できるサービスですが、申し込みが殺到しているので、早めに相談するようにしてください。

とりあえず、マイナビ新卒紹介を無料で利用してみる

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る