職務経歴書で短い期間の職歴の場合の書き方のポイント3つ

eca4716d20878710efb49d6d159e7d6d_s

転職活動をしていると、職務経歴書を書く時に困ってしまうことがありますよね。

あなたが短い期間の職歴の書き方で悩んでいるのと同じように、私も書いていいのか悩んだことがあるので、あなたの悩みもよく分かります。

そこで私が経験したことを踏まえて、職務経歴書で短い期間の職歴の書き方について、ポイントを紹介したいと思います。

①短い期間の仕事でもスキルアップしたことを伝える

職務経歴書はあなたが今まで働いてきた履歴なので、すべて書くことが基本です。

人によっては見習い期間や1カ月程度の仕事は、職務経歴書に書かない人もいるかもしれません。

またあまりにも職務経験が豊富だと、短すぎる職務経験を書かないようにする人もいるようです。

あなたがどちらを選ぶかは自由です。しかしあなたがどんなに短い期間の仕事をしたとしても、経験と実績はついてきます。

もちろん仕事をしたことによって、スキルアップもしたはずです。

仕事をする前にはできなかったことが、短い期間でも仕事をしたことによって、出来るようになったことがあるはずです。

私も短い職歴の書き方に悩んでいましたが、短い仕事でも自分の役に立ったり、次の仕事に活かせることがありました。

たまたま次の仕事をした時に、前職で経験したことが役立ったことで、仕事をスムーズに作業することができたのです。

あなたにとって職務経歴書に書くか迷う程度の仕事歴かもしれませんが、あなたには経験と実績が確実に残っています。

次の仕事でも何かの役に立つかもしれないので、あなたのアピールポイントにしてもいいですよね。たった1日でも経験したことは、あなたの仕事に役立つ可能性があります。

②短期間の職歴の理由を前向きな表現をする

職務経歴書に短い職歴を書くか迷う理由は、仕事歴が短いとマイナスイメージがあるからですよね。

そしてなぜ辞めたのかを問われるので、本当の事を言うとマイナスに捉えられてしまうかもしれません。

短い期間で辞めるとマイナスイメージが強いですし、すぐに会社を辞めてしまう人材だと思われてしまうかもしれません。

しかしあなたにとっては短い期間でも立派な職歴なので、しっかり書くことをおすすめします。

そして辞めた理由は前向きな理由にすれば、何も問題はありません。私が短い職歴を全部書いた時も、必ずなぜ辞めたのかを質問されました。

私は1社ずつ辞めた理由を答えましたが、その時自分が前向きな退社をしたということを前面にアピールしました。

もちろん人間関係で辞めたり、働いてみてやっぱり違うと感じたから辞めた会社もあります。

それでも退社理由には、スキルアップを目指したり、異業種に興味を持ったので資格を取って転職したことなど、前向きな退社であることを伝えました。

あなたにも転職する理由はいろいろあると思いますが、次の会社が最後だと思いながら転職活動をしていますよね。

誰でも会社に入社する時には、やりがいや希望を持って就職するものです。あなたも短い職歴をネガティブに捉えることなく、前向きな転職だと伝えましょう。

③短い職歴でも経験は次の仕事に活かせることを伝える

転職活動をしていると、前職での経験がどう次に活かせるかが大切です。

あなたが職務経歴書で転職活動をしてきたことは、次の仕事にも活かされますし、少しずつあなたの経験とスキルアップに繋がっているはずです。

短い期間の仕事でも、あなたにとっては貴重な経験ができたはずなので、それを次の仕事にどう活かすことができるかを伝えましょう。

私が短い職歴でも職務経歴書に書く理由は、どんなに短くてもそれが私にとってプラスになっていると思っているからです。

人はたった1度でも経験することでも、貴重な経験と実績を作ることができますよね。

私は1ヶ月程度の短い期間の仕事でも、自分に役に立つことがたくさんあり、それを次の仕事にどうやって活かせるかを考えていました。

経験したことはすべて次に活かすことによって、無駄ではなくなりますよね。それが短い職務経歴でも、次に活かすことができれば、その仕事も役に立てることができるはずです。

あなたが短い仕事歴を書くか悩んでいる理由のひとつに、相手の印象が悪くなることを心配していませんか?

もちろんマイナスイメージに捉える人もいますが、経験と実績が次の仕事に活かされると説明されれば、プラスに捉えてもらえます。

短い期間の仕事でも、あなたにとっては貴重な仕事歴になります。それを転職活動の時に、次の仕事にどう活かせるかを考えてアピールしましょう。

まとめ

職務経歴書で短い期間の職歴の場合の書き方を紹介しましたが、あなたへの参考になりましたか。

短い仕事歴でもあなたにとっては貴重は仕事歴です。短期間の職歴をマイナスに捉える人もいますが、次の仕事に活かすことができればむしろプラスの材料になりますよね。

職歴はあなた自身が経験してきたものなので、すべてをプラスに変えて次の会社へ転職できるように頑張ってください。

自己PRはリクナビNEXTのグッドポイント診断を使えばOK!

tuyomi1

上記のような質問に、約300問回答していくだけで、自己PRでアピールすべきあなたの強みが下記の中から5つ発見できます。

tuyomi

後は、その強みを発揮したエピソードを考えるだけで自己PRの完成です!

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ
(リクナビNEXTに無料登録後、利用可)

※登録にはメールアドレスが必要ですが、迷惑メールが届くことはございませんので、ご安心ください。

リクナビNEXTに無料会員登録がすみましたら、リクナビNEXTのページからマイページへと進んでください

tuyomi2

マイページに進むと、グッドポイント診断(ページ左下)に進むことが出来ます

tuyomi3

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ
(リクナビNEXTに無料登録後、利用可)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

人気記事!

ページ上部へ戻る