職務経歴書で空白期間がある場合の書き方のポイント3つ

55c14138914af011743742b5ac847f09_s

職務経歴書を作成する時に、働いていない空白期間がある場合はどのように書けばいいか悩みますよね。

あなたと同じように私も空白期間の書き方について、悩んだ経験があるのあなたと同じ状態でした。

そこで職務経歴書で空白期間がある場合の書き方について、ポイントを紹介したいと思います。

①アルバイトは空白期間扱いではない

あなたがもしアルバイトをしていたことで、職務歴に空白ができてしまうと思っているのなら間違いです。

アルバイトも立派な職務経歴として書くことができるので、自信を持って書いてください。あなたにとってアルバイトは、一時的な仕事や何か目的があって働いただけのことかもしれません。

しかしアルバイトでも立派な仕事ですし、アルバイトで生計を立てている人もたくさんいますよね。アルバイトがいなければ成り立たない会社や仕事もたくさんあります。

職務経歴書は必ずしも正社員や派遣社員だけが、職歴を書くものではありません。

職務経歴書はあなた自身が、今までどんな仕事をしてきたかを、会社側が知るためのツールです。社員だから書ける、アルバイトだから書いてはいけないというものではありません。

アルバイトも立派なあなたの職歴なので、しっかり書くようにしましょう。もしもアルバイトが短期間であれば、書かなくてもいいかもしれませんね。

アルバイトで働いて生活費に充てたというのならば、仕事として書くようにしましょう。

②主婦でブランクがある場合

職務経歴書を書く時に主婦の場合でブランクがある人は、子育て期間だということをしっかり書きましょう。

一般的には子育てや家事は仕事や労働とみなされない事が多いですが、子育て期間は会社を辞めなければなりませんよね。

職歴ではなくてもブランク機関に子育てをしていたのなら、しっかり書くようにしましょう。

そして大切なのはブランク前の仕事やスキルです。女性も社会に進出して働く人が多くなっていますが、やはりスキルや職務経験は必要不可欠なものです。

子育てで休んでいる期間があったとしても、あんたがやりたいと思っている仕事があれば、何かしら準備をしたものもあるかもしれません。

仕事へ復帰するために少しずつ資格の勉強をしたり、前職でのスキルをそのまま活かせるように、スキルを磨いているかもしれません。

子育てによってブランクがあることを書くのと同時に、ブランク期間中にあなたが頑張ってきたことを書き足しましょう。

あなたは働きたくても働けない状況にありました。企業側も十分理解してくれますし、ブランク期間中も働くための準備をしていると分かれば、さらに働く意欲があることをアピールすることができますよね。

ただ子育て期間中と書くよりも、あなたが頑張ってきたことを書いて、仕事への意欲があることをアピールしましょう。

③ニートでブランクがある場合

職務経歴書の空白期間がニートだった場合は、素直に仕事をしていなかったと書きましょう。職

務経歴書はあなたが働いてきた履歴を参考にして、採用するか決めるためのひとつの材料にします。絶対にやってはいけないことが嘘を書くことです。

ニートだから受からないと思って、適当な職務経歴を書くと、後で大きなトラブルになりかねませんよね。

せっかく入社したとしても負い目がありますし、トラブルになって退社されられてはまったく意味がありません。あなたがニートで職歴に空欄があったとしても、ありのままを書くようにしましょう。

ニートでも短期間のアルバイトをしたり、単発のバイトをした経験があるかもしれません。その場合はしっかり書くようにしましょう。

ニートにとって働いたという実績が少しでもあった方が良いですし、実際に働いたので書いても嘘にはなりませんよね。

それから仕事をしていなかった期間があると書けば、必ず面接でなぜ働かなかったかを聞かれるはずです。その時はブランク期間の時はニートだとしっかり認めましょう。

下手に言い訳をしても嘘はすぐにバレるので、しっかり認めることが大切です。ここで大切なのはニートだったのは過去の話だということです。

例えニートだったとしても今は働く気があり、職務経歴書を書いて採用を目指して就職活動をしているという事実です。

ニートだったことを認めつつ、今はしっかり立ち直ったという事を伝えることが大切です。

確かに仕事の空欄期間があるのは不利な条件かもしれません。しかし、人によってはいろいろな事情がありますし、職務経歴書で空白期間がある人はたくさんいます。

ニートだったからと言っても職務経歴書だけを見れば、他の人とあまり変わらない内容の人もいるはずです。

職務経歴書の空白機関はあなたの経歴なのでしっかり認めつつ、今は立ち直ったということを前面にアピールしましょう。

まとめ

職務経歴書で空白期間がある場合の書き方を紹介しました。

人によって空白期間の理由は様々ですが、あなたの職歴なのですべてしっかり認めましょう。それから今は仕事への意欲があるので、頑張りたいという意気込みを伝えれば、何も問題はないはずです。

空白期間はマイナスに捉えられがちですが、それに負けずに自信を持って採用を勝ち取りましょう。

自己PRはリクナビNEXTのグッドポイント診断を使えばOK!

tuyomi1

上記のような質問に、約300問回答していくだけで、自己PRでアピールすべきあなたの強みが下記の中から5つ発見できます。

tuyomi

後は、その強みを発揮したエピソードを考えるだけで自己PRの完成です!

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ
(リクナビNEXTに無料登録後、利用可)

※登録にはメールアドレスが必要ですが、迷惑メールが届くことはございませんので、ご安心ください。

リクナビNEXTに無料会員登録がすみましたら、リクナビNEXTのページからマイページへと進んでください

tuyomi2

マイページに進むと、グッドポイント診断(ページ左下)に進むことが出来ます

tuyomi3

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ
(リクナビNEXTに無料登録後、利用可)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    仕事を辞めたい、もう仕事に行きたくない・・・と思っても、まず頭によぎるのが、以下の様な不安で…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る