職務経歴書がめんどくさいあなた!簡単に作成する方法が3つありますよ?

496b7fe6207322464ed5b3862d52d0b3_s

転職活動にまず必要となる職務経歴書ですが、実際のところ何をどう書いたらいいのかは悩むものです。私も初めて転職するときはそうでした。

そこで、どうしてもめんどくさくて、なかなか手をつけられない・・・。

そんなあなたために、なるべく簡単に職務経歴書を作成できる方法をご紹介します!

①転職サイトやエージェントのサイトに登録し、自動で作成する

これは私が実際に使ってみて本当に便利だったのでおすすめするのですが、転職を考えたときは、まず転職情報サイトに登録してみることです。

インターネットにアクセスできれば無料で登録できますし、入力必須となっている自分の情報をチェックボックスやプルダウンから入力していくうちに、なんとなく「ちゃんと転職活動を前に進めている」感じがして勢いがつきます。

しかも多数の求人情報が目に入ってきたり、メールで送られてくるので、魅力的な求人情報をいくつかチェックしてみるとモチベーションも上がります。

やっぱり何事も楽しくやるのが一番なので、テンションが上がってきたところで、いよいよ履歴書と職務経歴書の細かいところを入力する段階に移ります。

履歴書は記憶や記録を辿って機械的に入力していくことになるので、なんとか乗り切れると思います。

しかしやはり職務経歴書には、働いていた会社の概要や自分の仕事内容、得たスキルなどを文章で書く必要があるのでめんどくさいですよね。

でも、転職情報サイトの職務経歴書作成機能には例となる文章がすでに入っています。それらを下敷きに、自分の場合に置き換えて考えていけばOKです。

転職サイト内のコンテンツに、いろいろな経歴の例文が書かれている場合もあります。ぜひ参考にしましょう。またサイトの機能にもよりますが、あまり悩まず、こまめに書いた文章を保存するようにしましょう。

ここで作成した職務経歴書は当然転職情報サイトでの応募の際に使えるのですが、中には作成した職務経歴書をワードファイルでダウンロードできるものがあります。

つまり、サイト内で作成してダウンロードすれば、他のルートでの転職活動でも使えるのです。

もちろん志望理由など応募先によって違う内容は書き直す必要がありますが、だいたいの内容が出来上がっていれば、その後の転職活動をかなり効率化することができますよね。

ぜひ転職情報サイトを活用して、職務経歴書を簡単に作ってみてください!

②なるべく一般的な情報や、調べればわかる事実をたくさん書く

職務経歴書の内容は、働いた会社一社につき、

  1. 会社の事業内容や規模など
  2. 自分が行った仕事内容
  3. 自分がそこで得たスキル

などを書くことが多いと思います。

このうち、2.と3.は個別の経験になるので最終的には自分で考えるしかありません。

しかし1.は機械的に調べたり検索するとわかる情報を並べていけばいいので、ここをしっかり書いておくと、字数のボリュームも稼げて選考の際に信頼感を得られます。

この部分の字数は多くなくてもいいですが、あまりスカスカだと積極性や事務スキルが低いように見える可能性もあります。

また働いた経験のある会社数が多く、職務経歴書が長くなりそうな場合は、この部分で調整するのがよいと思います。

③仕事の内容と、そこで発見したことをとにかく思い出す

①で紹介したような転職サイトの例文などを参考にしたくても、自分の経験と全然違って参考にならないという場合もあると思います。

その時は、とにかく、

  1. 何の仕事をしたか思い出して書き出す
  2. その中で工夫したり、苦労した結果学んだことを思い出して書く

の順番でいろいろ思い出してみましょう。

1. と2. をまとめれば、仕事内容と得たスキルが文章になります。逆に、仕事の中で苦労したことから、やった仕事内容を思い出すのも一つの手です。

例えば、人間関係でのトラブルを解決するために立ち回ったこと、仕事に必要なスキルを身につけようと時間をかけて努力した経験、職場でのチームワークを高めるために盛り上げようと工夫したことなど、些細なことでも書き出してみて前向きで客観的な表現にして書いてみましょう。

まとめ

職務経歴書は、応募者である自分を選考の最初にアピールしてくれる道具です。自分のやってきたことを選考の相手に正直に伝え、評価してもらうためにできるだけわかりやすく書きましょう。

そのために、まずは自分で自分の過去の仕事をほめてあげるのが一番重要かもしれません。

中には思い出すのもイヤ!という経験もあるかもしれませんが、そこを乗り越えて学んできたことが一つはあるはず。転職して次のステップに進むためと思って、できる範囲で思い出してみると客観視することができます。

そしてむしろ自分の力になっていくでしょう。また、自分で考える必要のある部分以外は効率化するのもいいと思います。

めんどくさいと思ってしまう職務経歴書ですが、上記を参考に楽できるところは楽をして作ってみてください!

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る