職務経歴書の枚数を2枚のボリュームにまとめるべき理由3つ

77d32c0a7334b73c520455e6cb5685f0_s

職務経歴書を作成するときに、頭を悩ますことの一つが、そのボリュームですよね。

よく「職務経歴書の枚数は2枚のボリュームにまとめるべき」と言われますが、自分をより強くアピールするには、もっと枚数を増やした方がいいようにも感じるものです。

私も転職活動をしている時、今のあなたと同じように、どうして2枚のボリュームにまとめるべきなのかわからず、悩んだ経験があるんですよ。

その時の経験から、職務経歴書を2枚にまとめるべき理由をお話ししますね。私が考える理由は3つあります。

①長すぎると担当者が迷惑するから

いうまでもないことですが、職務経歴書は応募する企業の担当者に読んでもらうために作成するものですよね。ということはつまり、作成する際、「読み手本位」の意識を持つ必要があるわけです。

読み手にとって読みやすく、迷惑にならない書類づくりが必要になるわけですね。

担当者の身になって考えてみましょう。担当者は何人もの応募者の書類に目を通す必要がありますよね。また、書類を読むことだけが担当者の仕事ではありません。そのほかにもさまざまな仕事を抱え、日々忙しくしているのが採用担当者だと考えていいでしょう。

そんな多忙な担当者にとって、「ボリュームの大きすぎる書類」は迷惑以外の何ものでもありませんよね。

枚数が多ければ多いだけ、読む時間がかかるわけですから、場合によっては読んでもらえないケースもありえるでしょう。

また、「長編の職務経歴書」を見た担当者は、「この応募者は自己アピールのことしか頭になく、読み手のことを考えない自分本位の人間だ」と判断するかもしれません。

そう判断されてしまえば、その段階で、面接を通過することは無理と考えていいでしょう。

もちろん、短すぎる職務経歴書もよくありません。アピール度が低くなるからですが、短い場合は、少なくても「担当者に読んでもらえない」ということはありませんよね。

その点、枚数の多すぎる職務経歴書は読んでさえもらえないケースがあるので、NGなんですよ。

ひとことで言うと、「読み手のことを考えれば、2枚が適切なボリューム」ということになるわけです。

②「まとめる力」をアピールできるから

転職活動に熱心で、応募する企業に対する熱意が高ければ高いほど、自分をできるだけ強くアピールしたいと思うものですよね。

その結果、職務経歴書のボリュームが多くなることも、ある意味、自然なことと言っていいでしょう。

それだけの熱意があるのなら、自分のビジネススキルを最大限にアピールすべきですよね。実は、職務経歴書を2枚にまとめることは、ビジネススキルのアピールになるんです。

どんな職種であれ、書類やビジネスレターを作成する際には、「コンパクトにまとめる」という能力が求められますよね。

だらだらした文章が続いたり、要点が絞られず、何が言いたいのかよくわからないというような書類を作ったのでは、人から良い評価を受けることはできません。

ですから、ボリュームの大きすぎる職務経歴書を提出すると、担当者に「この人は、書類の内容をコンパクトにまとめる能力が欠けている」と思われかねないんですよ。

逆に、内容が充実していながら、分量としてコンパクトにまとめられていれば、「高いビジネススキルの持ち主」という評価を得ることができるというわけです。

そこでおすすめしたいのが、2段階で職務経歴書を作成するというやり方。最初は、とにかく盛り込みたいことを盛り込みたいだけ書きましょう。

そのあとで、内容を整理し、文章を推敲して2枚にまとめれば、コンパクトで内容も充実した職務経歴書になるはずですよ。

③プレゼン力をアピールできるから

就職活動というのは、要するに自分で自分をセールスする活動と言っていいでしょう。つまり、あなたは「自分」という商品を売るセールスマンというわけですね。

セールスマンに求められるスキルの一つに「プレゼンテーション能力」があります。自分の売る商品について、それがいかに魅力的であり、有用であるかを、お客さんにアピールすることができなければ、商品を買ってもらうことはできません。

では、どんな風にプレゼンするのが、効果的なのか。いくつかのポイントがありますが、その一つに「押し売りをしない」ということが挙げられます。

あまりにも強く商品PRされ、「買わないと損ですよ」というようにアピールされると、かえって購買意欲がなくなってしまうのが、人間心理というものです。

ボリュームの大きすぎる職務経歴書は、お客さん、つまり採用担当者の「購買意欲」を低減させてしまうんですよ。

逆に、適度なボリュームの職務経歴書を前にすると、購買意欲は高まります。その適度なボリュームが「2枚」というわけですね。

職務経歴書を、「自分という商品をプレゼンするための、商品説明書」と考えれば、ボリュームの大きすぎる書類がNGなことが、おわかりいただけるのではないでしょうか。

長大な説明書を見せられれば、誰でも購買意欲がなくなりますよね。「そんな説明書をお客さんに見せるのは、プレゼン上手のセールスマンのすることではない」というわけです。

まとめ

職務経歴書のボリュームを2枚にまとめるべき理由について、ここでは3点、紹介しました。

最初から「2枚にまとまめよう」と考えるのではなく、まず一度作成してみて、それから2枚にまとめると、魅力的な「商品説明書」になると思いますよ。

自己PRはリクナビNEXTのグッドポイント診断を使えばOK!

tuyomi1

上記のような質問に、約300問回答していくだけで、自己PRでアピールすべきあなたの強みが下記の中から5つ発見できます。

tuyomi

後は、その強みを発揮したエピソードを考えるだけで自己PRの完成です!

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ
(リクナビNEXTに無料登録後、利用可)

※登録にはメールアドレスが必要ですが、迷惑メールが届くことはございませんので、ご安心ください。

リクナビNEXTに無料会員登録がすみましたら、リクナビNEXTのページからマイページへと進んでください

tuyomi2

マイページに進むと、グッドポイント診断(ページ左下)に進むことが出来ます

tuyomi3

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ
(リクナビNEXTに無料登録後、利用可)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    仕事を辞めたい、もう仕事に行きたくない・・・と思っても、まず頭によぎるのが、以下の様な不安で…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る