社会人ですが理不尽に怒られるのが耐えられません。どうしたらいいでしょうか?

社会人として仕事をしていれば必ず理不尽に怒られるということを経験します。

自分がやってしまったことのどこが悪くて次回からどうすればいいか、ということが分かっていれば次から対策できますよね。しかし、理不尽に怒られている場合もっとも困るのは、対策がないことです。

こういったときに、どうやって対応したらいいかをまとめてみました。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

①最初は適当に聞く

あなたが恐らく理不尽に怒られることに「耐えられない」のは、おそらく真面目に、言い換えれば真剣に相手の言うことに耳を傾けているからではないでしょうか。

もちろん、全ての自分の言われたことに対して真面目に聞かないのでは業務に支障がでたり、円滑にコミュニケーションができないといった弊害を生みますが、そうでないときも多いのです。

そして、あなたが理不尽だと感じたことの内容は、大抵はあなたに責任がないものでありまたあったとしても常識的に考えてどうしようもないものがほとんどです。

たとえば、あなたがコンビニでアルバイトをしていたとします。

お客さんがやってきて「これ昨日買ったお弁当だけど、まずかったから返金してよ」といった理不尽なクレームと怒りを受けたとします。

まずあなたがするのは「レシートをお持ちですか?」あるいは「食品なので、返品はできません」とお店のポリシーに従った行動を取るでしょう。

この次に、前述のような理不尽な怒りをぶつけてくる相手は、文句を延々と述べてくるでしょう。このお客様が述べている文句を聞く必要があるでしょうか。いえ、ありません。ないのです。

日本人はとかく真面目に仕事をすることを求められるため、そういった理不尽なクレーマーなどに遭遇すると、なんとかお客様の要望を叶えようと一生懸命に話を聞きできることしてあげようとします。

この点を悪いとは言いませんが、自分の中で線引きすることが大切なのです。

あなたの良心と常識で考えた時に、それはあきらかにおかしいと感じた時には、最低限のマニュアル通りの対応をしてあとは左から右に話を流すのです。

そうしたあなたの態度は、クレーマーの火に油を注ぐ結果となる可能性はありますが、インターネット上でも有るとおりクレーマーは一種の構ってほしい人々なのです。

構った分だけ問題が深刻化してしまい、実力行使などに出られてはあなたが結果的に損をすることになります。

話をほどほどに聞き流すスルースキルを身につけることが、大切なポイントです。

②味方を作る

前述のクレーマーといった場合は、左から右に話半分で聞いていればいずれ彼らの興味は消失しますが、問題は理不尽に怒ってくる相手が自分の同僚や上司だった場合です。

彼らは、基本的には毎日会い仕事の話題や、その他雑談をしなくてはなりませんし一言でいえば切り捨てることができません。

厳密に言えばできますが、あなたは孤立することになるでしょう。

また、相手が上司だった場合はあなたの今後の昇進や勤務地などの条件を、恣意的に操作することができる場合が多いのでなお一層切り捨てるわけにはいきません。対策としては、一言でいえば味方を作ることにあります。

どういう意味かと言いますと、自分の信用できる同僚や上司に雑談という軽い形でなるべく多くの人と話をする機会を作っておくのです。

大抵の場合、そうした理不尽な怒りを相手にぶつける人物は、あなた以外にも理不尽にあたった経験を持っています。

また怒りに任せてという感情に訴えかける行動であるために、多くの人から嫌がられていることがほとんどです。

そうした時に、あなたが感じた気持ちを共有できる相手をできるだけ多く作っておくことによって、いざ本当に危ない状況に陥った時、または理不尽の度合いが飛びぬけて酷い発言を行った場合に、その人物を社会的に葬ることができます。

こうした危機的状況の時に物を言うのは、普段からの信頼があり感情に共感できるかどうか、という点なのでその点で事前に根回しをしておけば、あなたが優位に立つことができます。

③ウソでいいので「ごめんなさい」をして御機嫌を取る

これを紹介すると、相手に媚びているだけではないかと思う方もいらっしゃると思いますが、あえて述べます。

理不尽に怒っている人物が何を欲しがっているのか、という点に着目するのです。前述のお客さまからの理不尽な怒りの場合は返金といった金銭的利益、またお店の店員に謝らせたという自己優越感が目的です。

そして上司や同僚の場合は、状況によっても異なりますが自己顕示欲と自己保身、責任逃れや押しつけが主目的です。

これらを満たして相手を満足させ、怒りを鎮めるというパターンです。これは主に上司や同僚から理不尽な怒りを受けた時の対処方法と言えます。

ある程度の期間、付き合っていかなくてはならない相手だからこそ時には自分の感情を冷静に分析しながら対応する必要があります。

怒られているときに、頭を下げつつも「今日も相変わらずだな、このハゲ」などと考えていてもよいのです。

相手はあなたが屈服しているように見えればそれで満足なのです。

彼らにとってみればあくまでパフォーマンスであり、日々の自分の状況に対する不満を自分より弱い立場のあなたで鬱憤を晴らしたにすぎないからです。

まとめ

とにかく冷静になることが大切です。

理不尽に怒られると、自分の人格やこれまでやってきたことが全否定されたような気持になり、とても悲しくなると思います。

しかし待って下さい。

相手はあなたを全否定したいのではなく、自分の鬱憤が晴れれば相手はどうなっても構わない、あるいはどうでもいいと考えているような人物なのです。

自分の不満を解消するために他人を使用して、悦に浸れればそれでよいと考えるような人たちに、わざわざ付き合う必要はないのです。

もちろん、それでも同僚や上司とは付き合っていかなくてはなりませんが、あなたのことを貶したいのではなく、ただ自分の鬱憤を晴らしたいと思っているだけなのだと、思うようにすることをおすすめします。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る