社会人1年目ですが疲れました。どうしたらいいでしょうか?

社会人1年目、だんだん会社にも慣れてきた頃疲れを感じてしまう方は多いのではないでしょうか。

入社以前に抱いていたイメージとの相違や、自分の能力の範囲が見えてくることで社会人生活に疲れてしまう、という気持ちを持ってしまうのはあなただけではありません。

どうすれば明るく仕事を続けられるのかのアドバイスを3つご紹介いたします。

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、「辞めて転職できるか」を調べてみましょう。

(以下のように診断結果が出ます)

転職力診断

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

①仕事を楽しんでいる先輩の話を聞く

会社でいつも輝いている先輩、仕事中も楽しそうな先輩に話を聞いてみましょう。あなたより長く仕事に携わっている先輩だからこそ、仕事の良いところも厳しいところもたくさん知っているはずです。

どんな時に仕事を楽しいと感じたか、つらい場面はどのように乗り越えていったのか、話を聞いているうちに自分も仕事で活躍できるようなイメージを持つことができるようになることでしょう。

信頼できる先輩であれば、あなたが現在仕事に疲れている、ということを率直に話してみるのも良いと思います。

以前に先輩も同様の悩みを抱えていた経験があるかもしれません。悩みのまったくない人というのはほとんどいないものです。

いつも輝いている、仕事ができると思っている先輩にもあなたと同じように疲れを感じ悩んでいた経験があることを知ることで心の支えになるかもしれません。

もし、先輩が悩みがなく順風満帆な社会人生活を送っているというのであれば仕事のやり方や上司との付き合い方など仕事に関する部分は先輩の真似をしてみると上手くいくようになるということも考えられます。

仕事のできる人の真似をしていると自然と自分も仕事ができるようになっていきます。

それだけでなく、仕事のできる先輩と親しくしている、いつも近くの席の先輩ではなくできる人に質問をしている、といった部分は上司からプラス評価を得られる要因にもなります。

仕事ができるようになることで、仕事が楽しくなり、感じる疲れが軽減することも考えられます。

②入社前の目標を思い出してみる

入社前にその会社でやりたいと思っていたことは何か、改めて思い出してみましょう。

今の仕事がそのためのステップになることであれば、目標を思い出すことで改めて会社で頑張っていく決意を固めることができるものです。1年目のうちから大きな仕事や、花形の案件を任せてもらえる企業はまだまだ少ないのが現状です。

何年かかかってでも、叶えたい自分の目標を持つことで長期的なモチベーションの維持にもつながります。

また、もし現在目標ややりたかったこととかけ離れた仕事をしているとしても、目標ややりたいことを周囲にアピールし続けることで希望の部署へ行くことができるかもしれません。

上司や先輩方はあなたが思っている以上にあなたの活躍を見てくれているものです。

一生懸命がんばり、結果を出している人であれば希望を叶えてもらえる可能性もぐっと高くなります。目標を見失ってしまった、もともとやりたいと思っていたことに魅力を感じなくなってきたという方には新卒向けのホームページを見てみることをお勧めします。

会社が若い社員になにを期待しているのか、会社が今後どのような方向に進んでいこうとしているのかを確認するとともにその中で自分も頑張っていきたいという意欲を掻き立てられる内容が待っていることでしょう。

初心を思い出し、改めて仕事を頑張っていく決意を固めた時、今までの疲れは吹っ飛び、入社以前のフレッシュな気持ちを取り戻すことができるのではないでしょうか。

③疲れるのは仕方ない、と割り切る

仕事が全く楽しいものではない、疲れるだけだ、と諦めるのではありません。

学生時代と比べて、自由に使える時間が減り、周りも歳の離れた目上の人ばかりになっているという事実を客観的に受け止め、疲れるのは当然であると考えることも時には必要です。

そもそも、社会に出て働く上で全く辛いことがない、疲れない、という人は本当に限られたごくわずかな人だけです。

疲れを感じない、というわけにはいきません。ただ、その疲れが少しでも軽減されたり、達成感を伴ったものにしていく必要はありますよね。

例えば、同じ仕事をして同じように疲れるのであれば言われたことをダラダラとこなすのではなく、なるべくテキパキと終わらせて少し余った時間で自分なりの意見等も用意して上司に持っていく、といったことをしてみてはいかがでしょうか。

以前と同じように時間がかかり、疲れたとしても自分のオリジナリティを出すことができたり、周りから頑張っているという評価をもらえたりすると疲れだけでなく達成感も得ることができます。

結果として疲れたけど頑張ってよかった、明日からもまた頑張ろう、と思えるようになるものです。

まとめ

社会人1年目はまだまだこれからの活躍が期待できる希望に満ち溢れた時期です。

せっかくの若くて貴重な時間を、無駄にしてしまうことのないよう少しでも前向きに仕事に取り組んでいけるよう応援しています。

とはいえ、無理のしすぎは禁物。自分のキャパシティと相談しながら、少しでも前向きに楽しんで仕事ができるよう頑張ってくださいね。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、「辞めて転職できるか」を調べてみましょう。

(以下のように診断結果が出ます)

転職力診断

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る