技術職からサービス業に転職して悩んだこと

eab2bad3c6e3af4c1a4ba9f66313e791_s

物づくりをしていた技術職からサービス業へ転職したいと思った時に、いろいろと不安に思うことがありますよね。

人とあまり接することなく黙々と作業をしていたのに、サービス業では毎日お客さんと顔を合わせなければならないので、自分にはできるかどうか不安に思うのも当然です。

ですがサービス業は誰でもできる仕事ですし、もちろんあなたにもできるので、不安に思わずまずはやってみることが大切です。

①常に笑顔でいること

私も技術職から転職した時に一番大変だったことは、笑顔を持続させることでした。もちろん普段の生活の中でも笑ったりすることはありますが、それは自分が面白いと感じたから笑うのであって、笑顔とはまた違います。

笑顔を持続させるポイントとして口角を上げるように意識すると、笑顔に見えると一番初めに教わりました。

自分では笑っているつもりでも、他の人から見たら怖い顔をしているようで、以前物づくりをしていた時には一切考えたことがありませんでした。

それでも働いている人たちはみんな笑顔で働いているので、自分も釣られて笑顔が出せるようになっていきます。

自分には難しいと思っていても、サービス業はお客さんをいかに喜ばせるかが大切なので、お客さんの笑顔をみるとこちらまで自然と笑顔が出せるようになってきます。

あなたも自分が企画したもので、お客さんが笑顔になってくれたら、きっと心の底から笑顔を出すことができるでしょう。

②お客さんへの対応

お客さんは毎日何十人、何百人も対応することがありますが、一人として同じ対応をする訳にはいきません。

お客さんが満足してもらうことが仕事なので、そのお客さんに合わせたサービスが必要です。私が技術職だった時には一つのものを完成させて、お客さんが喜んでくれる姿を想像して物づくりの励んでいました。

実際には自分が作ったものを使っている姿は見えませんが、作った商品が売れたことで満足してもらえるか毎日不安だったことがあります。

その点サービス業では、目の前でお客さんの反応を見ることができます。自分が企画したものでお客さんが喜んでくれたりすれば、それが次への仕事の励みになるのです。

物づくりの時には感じる事ができなかった感情が、サービス業にはあるので、その素晴らしさを知ることができればサービス業の良さを理解することができるでしょう。

全てはお客さんが中心となってお客さんの為に仕事をしているので、報酬はもちろん賃金ですが、お客さんの喜ぶ姿も報酬です。

③お客さん主導の考え方

技術職の時にはある程度利用者の事を考えて作っていましたが、直接の反応を見ることはできませんでした。

この商品が本当にお客さんに喜ばれているかどうかは分からないまま、売れたからまた作るといったことを繰り返していました。

もちろん売れれば反響がありますし、満足してくれたからまた作ることができるのですが、やはり満足しているのを想像でした感じることができなかったところに物づくりの疑問を私は感じていました。

私がサービス業へ転職したのはお客さんの反応が目の前で見ることができるからです。私の場合は物づくりもサービス業も、お客さんが喜んでくれるものを提供するということなので同じに考えています。

お客さんの笑顔がみたい、反応が見たいと思えばすぐにでもサービス業へ転職してみるといいでしょう。今まで経験してこなかったこととして、お客さんの笑顔が仕事をするのにとてもパワーを与えてくれます。

お客さんの為にいろいろな企画を考えたり、徹夜をして作業をしてつかれていても、いざお客さんの喜んでくれる姿をみると疲れが吹っ飛んでしまうのです。

これがサービス業の醍醐味と言っても過言ではないと私は思いますし、あたなでも感じることができるハズです。

④サービス業への考え方の違い

物づくりの技術職とサービス業とでは少し考え方が違っていたので、私も考えを訂正するのに時間が掛かりました。

物づくりの時にはひたすらお客さんの為を思って、少しでも良い物を作る為に必死でやっていました。

お客さんにとって使い勝手がいいだろうと思うものや、良質のものを提供することが全てで、昔からの良い手法や伝統を守りながらやっていたものです。

サービス業もお客さんのためを思って仕事をするのは同じですが、私達が主導ではなく、お客さんが主導で仕事をしなければならないという考え方が初めはなかなか理解できませんでした。

何でもお客さんのためを思って企画した物でも、それが本当にお客さんの為になっているのかどうかが重要だったからです。

この商品はお客さんに良いと思っても、それを選ぶお客さん自身が良い買い物だと思わなければ意味がありません。一つの商品に対しての評価は人それぞれ違います。

企画にしてもその企画が良いと思ってくれる人もいれば、つまらないと思う人も必ずいるでしょう。

サービス業の仕事には完璧な仕事はありえないのです。物づくりの時には一つの商品に対して完璧を求めながらやっていましたし、完璧な物でなければ商品にはできませんでした。

それがサービス業では完璧な物が提供できないので、とても悩んだことがあります。あなたも街に出た時にいろんな商品が売られていますが、全部の商品を買いたいとは思わないでしょう。

その中にある自分が良いと思ったものだけを選ぶハズです。サービス業は奥が深い仕事ですが、万人に喜んでもらえるように頑張ることができるので、やりがいがある仕事です。

⑤新しい事への挑戦

サービス業は万人に受ける仕事をするのと同時に、ある特定に人に向けたサービスもしなければなりません。人は一度受けたサービスはそれが当たり前だと感じてしまうからです。

今回は特別サービスと言われても、次にそのサービスをしてくれなければなんだか損をした気分になります。

サービスとはお客さんが喜んでもらえなければいけない商売なので、がっかりさせてはいけません。

技術職の時には一つのことをとことん突き詰めました。一つの商品を更に良くするにはどうすれば良いかなど、とことん突き詰めてお客さんに提供してきました。

サービス業ではどんどん変化しているので、同じサービスをしていては飽きられてしまいます。毎回同じサービスをされても、それがサービスだとは思わなくなりますよね。

ですから常に新しいことに挑戦しなければならないのです。

お客さんにとってもっとより良いサービスはないか、毎日考えるのもたのしいですよ。私も自分がされたら嬉しいサービスを考えますが、それをやったらお店が赤字になるからダメだと何度も却下されたものです。

あなたも街を歩いているといろんなサービスを見ることができます。定価の数%値引きやティッシュも無料でもらえたりしますよね。

毎日当たり前のように行なわれているサービスが、いつしか飽きられる前に新しいサービスを生み出すのを考えるのはとっても楽しいことで挑戦しがいがありますよ。

まとめ

技術職からサービス業への転職を考えた時に、自分が人の為にサービスをすることができるかどうか不安に思いますよね。

ですが実際にお客さんの笑顔を目の前で見たときに、自然と自分も笑顔になることができますし、これがサービス業の楽しみなんだど実感することができるハズです。

普段人に対して笑顔を出したことがない人でも大丈夫です。笑顔は人を幸せにしますし、自分も幸せにしてくれるものです。

あなたの笑顔も誰かを幸せにすることができるので、サービス業で働いてみんなを笑顔にしてあげましょう。

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

とにかく、転職する前に今の仕事を辞めて転職できるか?を調べてみましょう。

(以下のように診断結果が出ます)

転職力診断

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

⇒ とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

[email protected]とお進みください(⇒診断テストに進む

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る