自己PRでリーダーシップを効果的にアピールする方法【例文つき】

4584dcb4937bae32ed01a884957ea827_s

リーダーシップ性。

総合職や将来管理職を目指す人であれば、とりわけ企業より重視される能力です。

ゆえに、履歴書、職務経歴書、エントリーシートや面接の場等々で、上手にアピールすることができると、非常にプラスとなるのは言うまでもありません。

そこで今回は、自己PRでリーダーシップ性をアピールしたい人必見。自己PRでリーダーシップを効果的にアピールする方法についてお話していきます。

①リーダーシップとは、仕切り屋ではない

そもそも企業が魅力的に感じるリーダーシップ性とは、その場を取り仕切る、所謂“仕切り屋”ではありません。

その場の取り纏めは勿論ですが、責任能力や周囲を巻き込む力、そんなものまでも含みます。

何かを始める際に、率先して動き、そしてばらばらになりそうな周囲を上手に取り纏めながら目標達成に導く。

そんな能力こそ、企業が求めるリーダーシップ性なのです。

ゆえに、リーダーシップを自己PR上で謳う際には、◯◯における責任者をやったですとか、△△部の部長をやっていただけでは不十分なのです。

責任者や部長として何を行ったのか、何をして周囲を取り纏めたのか。

そんなことを踏まえながら、あくまで“仕切り屋”ではとどまらない枠での能力を説明することが大切です。

と言いますのも、企業はそのエピソードを入社後の自社での仕事に置き換えて、その人の将来像をイメージするからです。

是非このポイントは抑えておきましょう。

②課せられた責任についても必ず説明する

リーダーシップ性を自己PRでアピールする大元の理由には、“自身は優秀な人材である”ということをアピールしたい意図がありますよね?

“こんなところでリーダーとして活躍したんだ、凄いでしょう?”

そんなことを企業側に訴えたい気持ちがあるはずです。

ではどうすればそれが企業側にも上手に伝わるでしょうか?

答えは簡単。リーダーとして活躍した経験を語る中で、必ずその時に自身に“課せられた責任”についても説明すればよいのです。

要は、これだけの責任を背負って行ったのだということを相手に伝えることで、相手に衝撃やある種の感動を与えることができるからです。

“課せられた責任”と聞くと、なかなかピンとこないという人は、“自身に求められていた役割”という形で置き換えてみてもよいです。

企業としては、社員一人ひとりに責任や役割というものを常に意識して行動をして欲しいもの。

責任や役割をきちんと意識した上で目標達成に向かう人は、企業にとって非常にウェルカムなのです。

自己PRの際には、責任や役割に関しても言及するようにしましょう。

③リーダーシップを効果的にアピールする自己PR例

ではこれより、ここまでのポイントを参考にした自己PR例を紹介します。

ポイントに着目して読んでみてください。

「私の強みはリーダーシップのある点です。実際、私はその強みを活かして学生時代に草野球チームを作り、初代代表を務めていました。地元の友人たちに声をかけ、新たにチームを発足して活動していたのです。チーム発足にあたっては、地域へのチーム登録、ユニフォーム作成や道具の手配、そして練習グラウンドの確保等々、すべて一からの作業となり、非常に苦労をしました。当然全作業を自分ひとりで行うことは不可能であった為、メンバーにも指示を出し、協力して貰いましたが、それでも重要事項に関しては自身が責任者として必ず行い、きちんと責務を果たすよう心掛けました。重要事項に関する決定や行動は、責任者である自身が、自身の責任で必ずすべきと考えたからです。このような自身の行動がメンバーに誠意として伝わった結果、メンバーも自発的にサポートをしてくれるようになり、結果として安定したチームとなることができました。元々15名であったチームは現在25名となり、レベルも上がり、現在は一番上のブロックに入っています。このリーダーシップ性を活かして、御社入社後も、1からすべてを作り出す商品開発部門において活かして生きたいと思っています。」

いかがですか?

草野球チームの代表を例にしていますが、リーダーシップをどのようにして発揮したかが分かりますね?

リーダーとして何をしたか、そして自身の責任や役割をどのように感じ、どのように果たしていったかも、説明がされていますよね?

メンバーに指示を出しながらも、それでも重要事項に関しては責任者として自身が行った。

これは上に立ってチームを纏めるものとしてとても大切な仕事です。

草野球チームの話ではありますが、入社後のビジネスにおいても求められるそのスキルが、きちんとできていますよね?

またチーム発足ができた後も活動が続いている点、レベルアップしている点に関してもポイントが高いですよね?

継続的、且つ安定的に続いている証拠です。

そして入社後のことに関しても、どのような形で活かしてきたいかが明確になっていますね?

自身の強みをPRすることは、ただ自慢することではなく、あくまでその企業で活躍できる存在であることを相手に証明するためです。

したがい、必ず例文のように入社後の将来像に関してもきちんと触れるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

リーダーシップ性を自己PRの題材として使用する人は多いと思いますが、その際には今回挙げたようなポイントに是非意識を持っていってくださいね。

ただの仕切り屋ではなく、どんな責任や役割を持ちながら、何をどのように行ったのか、そしてどのようにして周りを巻き込んでいったのか。

そんなことに着目して自己PRを作っていきましょう。

自己PRはリクナビNEXTのグッドポイント診断を使えばOK!

tuyomi1

上記のような質問に、約300問回答していくだけで、自己PRでアピールすべきあなたの強みが下記の中から5つ発見できます。

tuyomi

後は、その強みを発揮したエピソードを考えるだけで自己PRの完成です!

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ
(リクナビNEXTに無料登録後、利用可)

※登録にはメールアドレスが必要ですが、迷惑メールが届くことはございませんので、ご安心ください。

リクナビNEXTに無料会員登録がすみましたら、リクナビNEXTのページからマイページへと進んでください

tuyomi2

マイページに進むと、グッドポイント診断(ページ左下)に進むことが出来ます

tuyomi3

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ
(リクナビNEXTに無料登録後、利用可)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    仕事を辞めたい、もう仕事に行きたくない・・・と思っても、まず頭によぎるのが、以下の様な不安で…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る