自己PRで継続力をアピールし高評価を得る方法【例文つき】

419ccbc454c3e83d99e3701b10dc3240_s

継続力。

これは日本社会において、重要視される能力のひとつです。

日本人の多くが入社から定年退職するまでの間、ずっと同じ会社に勤め、またそれを一般的と考える様子からも明白ですよね?

ゆえに就職活動における、履歴書、職務履歴書、エントリーシートや面接の場においても、継続力アピールは高評価を得やすいのです。

そこで今回は自己PRで継続力アピールを考えている人必見。自己PRで継続力アピールし高評価を得る方法についてお話ししていきます。

①そもそも、なぜ継続力が高評価を得やすいのか?

継続力とは、何か一つのことを途中で投げ出すことなく続けられる能力です。

そして会社の場合、組織のために責務を果たし続けられるというものとなります。

もっとはっきり言いますと、会社をすぐに辞めないというものです。

最低3年は一つの仕事を続けなさい。

こんな言葉を聞いたことはありませんか?

入社早々その会社や仕事内容に不満があったとしても、最低3年はそこで働きなさいということです。

入社したばかりの人間がその会社のことや仕事内容のイロハについて理解するには最低3年はかかる。

3年も経験していない人間に、その会社や仕事内容について語ることなど不可能。

そんな意味合いから来ている言葉です。

この言葉から分かるように、世間一般では、何かを始めたからには暫くは継続してやり続けることが正しい、当たり前という考えとなっているのです。

厳しいようですが、多くの人が、これができない人には不信感を抱いてしまいがちであり、逆に継続して何かをできる人=信頼できる人と判断するのです。

ゆえに企業も同じ。継続して何かをやり続けられる人というのは信頼を得やすく、結果的に高評価を得やすいのです。

②継続力は具体的な数字を出してアピールすべし

当たり前ですが、継続力をアピールするためには何をどのくらい続けているのかを相手にイメージさせられなければ意味がありません。

この人は一つのことに対してこんなにも頑張り続けられるのかと、相手が感動できないからです。

要は、具体的な数字がなければ感動もインパクトも生まれないのです。

継続力が評価される瞬間は、一つのことにこんなにも意欲を持続させることができるのか!根性あるな!と相手が感動を受けた時に生まれます。

そしてその結果相手に対して、尊敬や信頼が生まれ、この人に仕事を任せたいと思って貰えるのです。

企業の立場に立って考えてみてください。

継続力のない人間に教育をし、重要な情報を任せるでしょうか?

答えはNOですね?

継続力のある人間と評価して貰うためには、誰が聞いても納得するような客観的事実、つまり数字による根拠の説明が一番なのです。

③継続力アピールをする自己PR例

ではここで先ほどより挙げたポイントを踏まえた例文を紹介します。

どこでどのような形で活かされているか意識した上で読んでみてください。

「私は継続力のある人間です。なぜなら中学時代より9年以上に渡って日記を付け続けているからです。始めたきっかけは、野球部でレギュラーを取るべく日々の反省と課題について考察するためでした。しかし日記によって自分自身を客観的に考察できるようになり、またそのおかげで見事レギュラーも取得することもできたため、その後綴る内容は野球だけでなく勉強や学校行事等にまで渡るようになりました。毎晩日記をつけることで、その日1日の反省ができるだけでなく、結果としてやることリストを作る形となったため、効率良く目標達成に向けた行動ができるようになりました。中学で野球部を引退した後も続けているこの行動はまさに私の強みです。是非この継続力を活かして、御社の〇〇事業における遠隔地ビジネスの拡大を図りたいです。」

いかがですか?

何か一つのことを途中で投げ出すことなく続けられる能力というのが、日記で表されていますよね?

日記を続ける行為がどれほど根気のいることか、そして9年以上も続けることがどれほど凄いものか容易に想像できます。

また日記を通して仕事の取り組み方がはっきりと表れています。

反省し課題を見つけ、そしてそれを元に行動に移すというのは、模範的な仕事の進め方ですよね?

自然と能力PRができています。

また結び部分では、強みである継続力を仕事でも活かしたいとしています。

具体的にその会社で何をしたいかにも触れていますね?

相手に対してその人の入社後の姿をイメージさせやすくしています。

履歴書、職務経歴書、エントリーシートではスペースの関係でなかなか細い記載はできませんが、面接ではこの部分はがっつり質問を受けることになるので、必ず説明できるようにしておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

このように日本社会で重要視される継続力を自己PRで扱うことは、高評価を得やすいもの。

今回挙げた例文を参考に、是非自己PR文を作ってみてくださいね。

自己PRはリクナビNEXTのグッドポイント診断を使えばOK!

tuyomi1

上記のような質問に、約300問回答していくだけで、自己PRでアピールすべきあなたの強みが下記の中から5つ発見できます。

tuyomi

後は、その強みを発揮したエピソードを考えるだけで自己PRの完成です!

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ
(リクナビNEXTに無料登録後、利用可)

※登録にはメールアドレスが必要ですが、迷惑メールが届くことはございませんので、ご安心ください。

リクナビNEXTに無料会員登録がすみましたら、リクナビNEXTのページからマイページへと進んでください

tuyomi2

マイページに進むと、グッドポイント診断(ページ左下)に進むことが出来ます

tuyomi3

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ
(リクナビNEXTに無料登録後、利用可)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

人気記事!

ページ上部へ戻る