自己PRのキャッチコピーの作り方のポイント【例文つき】

a3bce2b1574b19d5cdd65420dbbe99c9_s

TVでお笑い芸人やアイドルが自己紹介をする際、よくキャッチコピーを使っている人がいますよね?

その内容が面白いかどうかは別として、実際、キャッチコピーを使用することは初対面の人にかなりのインパクトを与えます。

その人の名前は覚えていなくても、別の機会でその人の映像や写真を見たら、“あの時の○○の人だ”ときっと思い出すでしょう。

就職活動も同じです。

履歴書、職務経歴書、エントリーシートや面接等々でキャッチコピーを用いることは、相手に自身を強く印象付ける最大の武器となるのです。

そこで今回は、そんな自己PRでのキャッチコピーの作り方のポイントについてお話します。

①キャッチコピーは分かりやすく

  • とりあえずカタカナ言葉を使ってみた
  • とりあえずインパクトのある言葉を使ってみた

残念ながらそれではキャッチコピーを使うメリットは全くありません。

相手に対して印象付けることはできるかもしれませんが、ただの悪印象となって終わってしまう可能性が高いからです。

そもそもキャッチコピーとは、たった一言で自身を象徴させてくれるもの。

ゆえに、誰が聞いてもピンと来るようなものでなければならないのです。

音の響きやインパクトだけで決めてしまっては絶対にNGなのです。

②動物やキャラクターからヒントを

キャッチコピーを見つける際、なかなかアイディアがひらめかないなんて人はきっと多いはず。

そんな時は、動物やキャラクター等からヒントを得てみましょう。

特に動物はヒントを得られやすいですよ?

例えば、犬。犬と聞くと、忠実さ、愛くるしさ、賢さ等々、様々なイメージワードが浮かぶはずです。

そのようにしてイメージワードと自分自身とを照らし合わせ、その中で最も象徴的に表す動物やキャラクターが見つかれば、あとはそれを上手に自己PRに組み込んでいきましょう。

外見もそれとなく自分自身に似ていると尚良いですね。

ただし、必ず万人が納得するようなものでなければNGですよ?

あくまでキャッチコピーとして動物やキャラクターを取り上げるのは、相手にわかりやすく、且つ納得をして貰うためです。

トリッキーなものは決して選ばないでくださいね。

③キャッチコピーを使った自己PR例

ではこれまで挙げたポイントを使用した自己PR例を紹介します。

ポイントに意識しながら読んでみてくださいね。

「私はアクティブハムスター女子です。と言いますのも、好奇心旺盛で行動派ではありながらも、常に先々のことを考えて行動に移すからです。そのため学生時代、私は経済成長が目覚しいインドネシアの首都ジャカルタに興味を持ち、自身でジャカルタに2週間滞在し、自身の目で実態を見て回りました。ジャカルタは首都ではありながらも、治安は良くないところでありましたので、事前に治安情勢や交通機関の確認、宿の確保を行い、そして見学するにあたって必要な事前予約やビザの有無等々も行いました。結果、あらゆる準備のおかげで無事滞在を終えることができただけでなく、現地で働く日本人の方より生の声を聞くことができました。この私の個性でもあり強みでもある特性を活かし、御社入社後は、海外業務部での南米市場調査に携わり、御社の拡販営業に尽力したいと考えています。」

いかがでしょうか?

“アクティブハムスター女子”という言葉がキャッチコピーとして使用されていますね?

アクティブハムスター女子と聞いても、???とならないよう、きちんとそのキャッチコピー使用後には、理由が述べられています。

好奇心旺盛で行動派ではありながらも常に先々のことを考えて行動に移す、だからアクティブハムスター女子なのだということで説明をしているわけです。

しっくり来ませんか?

そもそもハムスターはチョコチョコ動き回り、非常にアクティブな動物ですよね?

また一方で、頬袋にえさを詰め込み、先々のことを見据えた行動をする一面もあります。

そんな様子を、自身の性格に当てはめているのです。

そしてその性質を分かりやすく説明するように、ジャカルタ滞在の話をしています。

自身で事前に確認し、そして現地で働く日本人にコンタクトを取り、貴重な情報を得て無事に帰ってきた。

このエピソードは、きちんとアクティブハムスター女子であることを裏付ける貴重なものとなっています。

そしてそれを将来的にはビジネスでも活かしたいとしていますね?

何をどのように活かしたいか、そして何に興味もっているかがわかるような文章になっています。

キャッチコピーから始まった文章ではありますが、このように最終的には自身の強みや性格、そして入社後に行いたいこととして纏め上げるのが理想です。

是非参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

このように、自己PRでキャッチコピーを作るのにはいくつかポイントがあります。

そしていくら素敵なキャッチコピーができあがったとしても、それをきちんと裏付けることができる具体的なエピソードや説明が無ければ何にもなりません。

なかなかキャッチコピーを用いた自己PRができずに悩んでいる人は、是非今回あげたポイントに注目して作成に取り組んでみてください。

自己PRはリクナビNEXTのグッドポイント診断を使えばOK!

tuyomi1

上記のような質問に、約300問回答していくだけで、自己PRでアピールすべきあなたの強みが下記の中から5つ発見できます。

tuyomi

後は、その強みを発揮したエピソードを考えるだけで自己PRの完成です!

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ
(リクナビNEXTに無料登録後、利用可)

※登録にはメールアドレスが必要ですが、迷惑メールが届くことはございませんので、ご安心ください。

リクナビNEXTに無料会員登録がすみましたら、リクナビNEXTのページからマイページへと進んでください

tuyomi2

マイページに進むと、グッドポイント診断(ページ左下)に進むことが出来ます

tuyomi3

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ
(リクナビNEXTに無料登録後、利用可)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

人気記事!

ページ上部へ戻る