面接で高く評価される自己PRのポイント5つ

ae55ed61c64ed4bd03caf7d282d1cd81_s

面接で高く評価される自己PRをするためには、どうすればいいのでしょうか。

実際は奇をてらったPRや自慢できる大きな実績がなくても、あなたの言葉で要点を押さえて自己PRを行えば、高い評価をもらう事ができます。

そこで、面接で高く評価される自己PRのポイント5つを通して、あなたなりの自己PRを考えてみてください。

しかし、実際に考えてみると、高く評価される自己PRと言われても中々思い浮かびませんよね。どうしても他の人と似通った内容になってしまったり、オリジナルの要素を高く評価してもらう事は難しい部分もあると思います。

ここでは、会社側のニーズとあなたのPRポイントの一致する部分を探り、体験に基づいた具体的な言い方をする事で、効果的な自己PRを行う方法を探っていきます。

①アピールポイントを具体的に話す

学生時代に自分の取り組んだ事をアピールできると良いですよね。読書が趣味なら、

年間100冊の本を読む事を目標に、空いている時間を利用して、情熱を持って読書に取り組んできました

といった具合に、具体例を挙げてPRポイントを話すように心がけましょう。そして、

経営、文学、歴史など、幅広い分野の知識や考え方を学ぶ事は、良い経験になりました。読書量に関してなら、他のどの学生にも負けません。しかし、色々な人と交流するうちに、本に書いてある事がそのまま現実に応用できるとは限らないという事も学びました。様々な人と触れ合う事を通して、本の中の世界だけでなく、現実の世界にも目を向ける事が大切であり、本の知識を経験に変えていく事の大切さを学びました。また、知識を体験へと変えていく事は、働いていく上でも大切な要素であると思います。仕事の内容が、全てマニュアルに沿って行われていくわけではなく、プロジェクトも色々と不測の事態が起こりながら進んでいくものだと思います。私の本を読んで得た知識を現実に活かすという体験も、会社の仕事を進めていく上で必ず役に立つものだと思います。

このように、自分の一番のPRポイントでは、その根拠となる経験と、それを通じて得た教訓、会社でどのように活かしていく事ができるか、その点をまとめて、筋道立てて話す事ができると良いのではないでしょうか。

②ありきたりなPRでいいのだろうか

PRポイントがありきたりでも、自分の経験に照らし合わせたあなたの言葉であれば問題はないと思います。PRポイントは、直接述べるのではなく相手に理解してもらえるように話す事が大切です。

企業が重視しているポイントは、人柄、熱意、会社にどのように貢献できそうか、という点にあります。

リクルートの行った意識調査によると、アピールポイントとして学生側が考えている点は、アルバイト経験、人柄、サークル活動といった項目が多いようです。

しかし、その一方で企業側は、上述のような人柄、熱意、可能性といった項目を重視しており、重要な審査ポイントの中で、アルバイト経験は7番目、サークル活動は13番目に位置しています。

この事から、学生のアピールポイントと企業の求めるポイントがかけ離れている事が多いという事がわかります。

では、アルバイト経験やサークル活動などのありきたりなPRは話さない方がいいのでしょうか?

そのような事はありません。アルバイトやサークル活動の経験を企業の求める人柄や熱意と関連させて話せばいいのです。

アルバイトでは、丁寧な接客と業務効率化の方法を自分なりに考えて頑張った、といった事や、クレームをつけてくるお客に我慢強く丁寧に対応した、といったポイントと、そこから派生して、なぜクレームが入ってきたのか分析してクレームがこないような体制作りに取り組みました、といった具合に具体的に説明する事が大切です。
「サークル活動では、誰にも負けないように、練習に励み、一日3時間居残り練習をした結果、サークル内で一番テニスが上手くなりました。

など、頑張った点に関して具体例を挙げながら企業の求めるアピールポイントと照らし合わせて話す事で、的を得たPRを行う事ができます。

上記の例では「人柄」として我慢強い、誠実、といった要素をPRする事ができ、それと同時に、分析力と問題解決力をPRする事ができます。

サークルの話では、練習に取り組む「熱意」や負けず嫌いといったポイントをPRする事ができます。

このような方法で話すと、私は誠実な人間です、と直接話すよりも、相手に、この人は誠実な人柄なんだな、と感じ取ってもらう事ができます。

問題を発見、分析し、それを解決に導く事により問題解決能力がある事を示す事で、採用担当の人に、この人は企業に貢献する事もできそうだな、と思ってもらうことが出来るでしょう。

前述のような、PRポイントは直接話すのではなく相手に理解してもらうように話す、という条件も満たす事ができます。

③あなたの欠点について聞かれたらどうするべきか

また、話の中であなたの欠点を聞かれる事もあるかもしれません。

自分から欠点を話す必要はありませんが、もし聞かれたならば正直に答える必要がある一方で、その欠点を補うために努力している点をPRして、マイナスをプラスに持っていく工夫ができるとポイントが高いです。

例えば、

私はコミュニケーション能力が低いですが、その欠点を補うため、英会話を始めました。初めは上手く話す事ができませんでしたが、次第に英語を話す事ができるようになってきました。このような事に挑戦する事で、コミュニケーション能力と英語力を二つ同時に向上させる事を目指し、欠点の克服に取り組んできました。アメリカに行けば誰でも英語はしゃべれるのだから自分にもできるはずだ、という考えと、継続は力なり、という言葉を意識し、続けていればいつかできるようになる、という信念のもと、欠点の克服に取り組んでいます。

といった具合に、マイナスをプラスに持っていく事ができると、面接官に与える印象も良いものになるのではないでしょうか。

④失敗や困難に遭遇した時、どのように振舞ったか

成功体験だけではなく、失敗したとき、自分がどのように振舞ったのか話す事もPR方法のひとつです。

失敗ではなくても、困難に直面した時どのように振舞ったのか、諦めたのか、くらいついたのか、そこからあなたをPRする事もできるかもしれません。

失敗をマイナスに捉えないで、失敗した原因を分析し、同じ失敗をしないように対策を話し合い、反省点をまとめて対応策を作成した後に、失敗から立ち直った、といった具合に、失敗や困難から何を学んだのか話す事が、高評価を得る上でのポイントです。

例えば、バイト先でミスをした場合、どのような点に原因があったのでしょうか。

バイトと学業の割り振りに無理があり疲れが溜まっていた、慣れている作業だったので油断してしまった、などいくつかの理由を挙げる事ができるはずです。

そこで、次にミスをしないための対策として、バイトの仕事は詰め込み過ぎない、気持ちを引き締める所は引き締める、といった具合に、ミスを再発しないための反省点を書き出し、次に活かす体制をつくっていくと、そのマインドセットが社会で生きていく上で、会社で働く上で役に立ってくる事があるはずです。

失敗をしない人はいません。問題は、失敗したときどのように振舞えばいいか、適切な対応を行う事が大切であると覚えておきましょう。

⑤自分を正確に捉える事が出来ているか

自己分析を通して、自分の適性を正確に判断できているならば、自分の働く姿もイメージし易いはずです。

自分に合った適切な仕事を思い描くには、自分を客観視する必要があります。

自分の事をよく分かっている人は、面接でも的外れな自己PRをすることなく、適切なPRをする事ができますので、自己分析シートなどを使って自分の性格や人柄を正確に把握しておきましょう。

企業の求める人柄とあなたの性格が、どのような点で一致し、どのような点で一致しないのか正確に理解する事が、面接で等身大の自分を語るために必要な要素です。

若いうちは誰でも自分を過大評価し過ぎたり、正確に自分を捉える事が難しかったりする事があります。

彼を知り己を知れば百選危うからず、という孫子の言葉があるように、企業の求める人物像とあなたの人物像を正確に理解し、あなたの長所や欠点、企業の求める人物像と合致する点、異なる点をきちんと把握しておくことが、面接で高評価を得るためのポイントではないでしょうか。

まとめ

あなたの考えた言葉で一生懸命に話せば、あなたの気持も伝わるはずです。

学生生活で嬉しかった経験や、自慢できる体験、夢中になって取り組んだ事や、問題解決に向けて、仮説を立てて取り組んだ経験などを思い出してみましょう。

その中から、自分を特徴づける要素が見えてくるはずです。

ここをこうすれば効果的なのではないか、実際に企業の製品に触れてみて感じた事をまとめてみよう、など、あなたなりのやり方で積極的に自己PRの作成に取り組むと、楽しみながら自己PRの作成を行う事ができるはずです。

事前に面接を想定して話す練習をしたり、しっかりと対策をしたのならば大丈夫。自信を持って面接にのぞみましょう。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る