正社員と契約社員と派遣社員のそれぞれの違い3つ

転職サイトの求人情報や、実際の面接で提示される雇用形態の違いがよく理解出来ずに困ったことはありませんか。

「正社員ではなく、契約社員としてはいかがですか」などとオファーをもらったとき、また、派遣されていた企業に正社員雇用の話をされたとき、正社員、契約社員、派遣社員の違いを良く理解しないことには、それが本当にあなたの望んでいるお仕事であるかどうかを正確に判断することが出来ませんよね。

例え業務内容や立地条件、報酬などが魅力的に見えるお仕事でも、長いスパンで見ると結果的には得策とならない場合もあります。曖昧なまま決めてしまうことなく、違いをきちんと理解しましょう。

①雇用期間

まず初めに抑えておくべきことは、正社員と契約・派遣の圧倒的な違いである雇用期間についてです。

正社員契約は長期契約であり、「いつまで契約します」という期日の限定がありません。

言い換えると、正社員は定年までその会社の社員として雇われることを前提としているのです。それとは逆に、契約・派遣社員は、契約の時期が初めから指定されています。

契約社員は一定の期間、例えば3年などと決められており、その後企業側が契約更新はしないと決めた場合には、例えあなたが希望してもその企業に残ることはできません。

派遣会社も初めから契約期間が限定されているのですが、正社員・契約社員が企業側との直接雇用であるのに対し、派遣会社は人材派遣会社を通じて企業へ送られるという違いがあります。

派遣社員は派遣会社と契約を交わし、派遣会社が企業側と契約を交わすのです。

②働き方の違い

正社員は、その会社とのみ仕事をすることを前提としています。それだけ両者がお互い一途な関係となるわけですから、企業からの待遇や手当は厚い代わりに、従業員のの個人的な自由は制限されます。

企業によって違いはありますが、基本的には正社員の二重契約や副業は認められません。勤務時間は一定です。勤務地も限定されないことが多いので、転勤や移動命令が出ても文句を言えない場合が多く、残業もあります。

逆に、契約社員や派遣社員は、正社員のように企業側の一方的な都合で束縛されることがありません。

企業側は、ある一定のプロジェクトや一定期間のみ働き手が欲しいわけでいわゆる臨時的な働き手を求めているわけですから、会社側はずっと会社にいてくれることを前提とする正社員との対応が違うのは必然的です。

契約社員や派遣社員は複数の企業と同時に契約することが出来ますし、契約時に企業側と相談して一致すれば、自分の希望する時間帯に出勤することが可能です。基本的に勤務地も設定されますので変わることはありませんし、残業等の義務もありません。

契約社員が企業側と直接交渉するのに対し、派遣社員の場合は、登録する派遣会社との契約の際に詳細を決める違いがあります。

③報酬やキャリアプラン

正社員は給料が一律で安定しているうえ、昇進・昇格、会社の業績によって出るボーナスなどの対象になれます。しかし、キャリアプランは企業側が決めた組織全体の計画に沿って決められるため、個人の希望が必ずしも通るわけではありません。

営業担当が人事に移動となり、その後海外支店に送られる等ということも珍しくありません。家を建てたばかりなのに、子供が生まれたばかりなのに、などというプライべ―トな事情があっても、考慮されることは稀でしょう。

しかし年功序列のシステムもまだまだ健在ですし、企業側の義務ではないにしろ退職金が出ることが殆どですので、長い間安定した収入が期待できるのは正社員のメリットといえます。

契約社員や派遣社員は、契約中に昇格することはほぼありません。契約更新の際に条件が変わることでの昇格や給与査定となることが多く、退職金も期待できない場合が殆どです。

ただし、キャリアについては契約に基づいた自分の専門分野に集中することができ、会社の勝手な都合で変更されることはありませんし、正社員のように何でも屋や総合職を期待されることもありません。

このように、社員と言っても正社員と派遣社員では明確な違いがあります。

一般的に、「正社員が一番で皆正社員を目指すべき」というような認識が通っていますが、双方にメリット・デメリットがあり、一概にそう簡単には言えないことがお分かりいただけたのではないでしょうか。

例えば、育児や介護でプライベートな時間が欲しい人が転勤・出張や移動、毎日残業がある企業の正社員とあっても、うまくやっていくのは難しいでしょう。

また、自分の専門とは全く違う部署に配属されて業務そのものがストレスとなったり、会社の方針に納得いかなかったり、自分と合わないタイプの上司・同僚などがいても、正社員の身では環境を軽やかに変えることは困難です。

企業にもよりますが、正社員になるということはその会社のやり方に従う事を意味しますので、自分の希望と会社の要望とのバランスを見る妥協性が求められます。

契約は自分に合ったものを突き止めることができ、派遣は派遣会社が常に間に入ってくれますので、職探しをする手間暇と責任がないというメリットがあります。

まとめ

今は例え大企業の正社員であってもリストラの対象になることもありえるご時世ですから、正社員=安定の形式は絶対とは言えなくなりました。

要は、自分のライフスタイルとキャリアプランに合ったものを選ぶことです。

新卒よりも、即戦力となる派遣や契約を雇い、そこから社員契約に変更してくれる企業もありますし、正社員にもある程度の自由を与える斬新的な企業もあります。

基本的な違いを把握したうえで、詳細を一つ一つ確認しながらあなたに一番マッチするお仕事を見つけるようにしましょう。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

とにかく、今の仕事を辞める前に転職できるか?を調べてみましょう。

(以下のように診断結果が出ます)

転職力診断

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る