正社員が副業する際の注意点3つ

正社員で働いていても、納得した給料がもらえなければ副業をしたくなりますよね。

私もあなたと同じように正社員の時に副業をしていたので、副業で注意したいことが分かります。そこで、サラリーマンが副業をする際の注意点を3つご紹介させて頂きます。

①会社が副業を認めているか

副業をする時にまず注意しなければいけないのが、会社が副業を認めているかどうかです。正社員で雇っている会社にとっては、他の仕事と掛け持ちをしているといろいろと問題も出てきます。

副業が忙しくなると体調面に影響が出るかもしれません。正社員として雇っているので会社としては、本業だけに集中して仕事をしてもらいたいですよね。

入社した時に規約によって、副業が禁止されている会社もあります。その規約を破って副業をしていると、解雇対象者になってしまうかもしれません。

せっかく正社員として働けているのに、会社の規約を破ってまで働くのは危険が大きいです。会社に副業がバレてしまったら正社員として働けないので、会社が副業を認めているかどうかを確認しましょう。

収入が少ないから副業をしたくなる気持ちは分かりますが、副業をしたことで正社員の仕事を失ってしまっては意味がありませんよね。あなたが副業をする時には、会社が副業を認めているかどうかを確認しましょう。

②副業の収入の確定申告

副業をする際に注意しなければいけないのが、確定申告の問題です。正社員として会社で働いていると、役所などに確定申告に行く機会もないので分からない人も多いようです。

あなたも会社員として働いているなら、確定申告をした経験がないはずです。会社員の場合には会社がすべて手続きをしてくれます。会社がしっかりと手続きをすることによって、自分の収入額によって税金を納めることになります。

会社員として副業をする時に気をつけなければいけないのが、申告をし忘れることです。

副業をした時の収入が20万円を超える額になると、自分で確定申告をしなければなりません。

会社でやってくれるのは自分の会社だけの手続きなので、副業によって得た収入分は自分で確定申告する必要があります。ここであなたがもし確定申告を怠ってしまうと、無申告として扱われてしまいます。

自分で申告をしなくてもバレないと思っているかもしれませんが、あなたに支払った方はしっかりと申告をしています。

あなたに払ったという証拠があるので、税金逃れをすることはできません。数年後に追加で多めに税金が取られることになるので、あなたが損をする形になります。

もうひとつの問題が会社に申告していない場合です。会社はあなたの手続きをするのに、あなたも自分で確定申告をしてしまえば、あなたは二重に申告することになってしまいます。

この場合は会社に言って自分で確定申告するようにしなければなりません。会社が副業禁止だった場合には、これで会社にバレてしまうケースも多いので注意が必要です。

③本業に支障がでないか

正社員が副業する際の注意点として、本業に支障がでないかが重要です。副業は少ない金額でもやった分だけ見返りをもらうことができます。

そのため正社員としての収入が少ない時に、副業でたくさん稼ごうと考えます。副業に力を入れるほど本業への仕事に影響しやすくなります。副業をしていれば睡眠時間も削られますし、ゆっくり休む時間も少なくなるでしょう。

副業を頑張るほど収入は増えますが、体調面での心配が出てきます。

せっかく正社員として生活の基盤があるのに、副業に力を入れたことで本業がおろそかになってしまう可能性もあります。会社が副業を禁止する理由のひとつが、本業がおろそかになってしまうことを危惧してのことです。

正社員は例え手取りが少ないとしても、会社はいろいろな手当てを出しています。

正社員は年金や保険の面でも優遇されているので、好待遇と言っても良いでしょう。あなたが正社員として働いている時には分からないかもしれませんが、アルバイトや派遣社員に比べるとかなりの好待遇を実感することができるはずです。

プライベートの時間で副業をするので、あなたが何をしようと自由です。しかし副業を頑張り過ぎることによって本業に支障をきたしてしまっては、最悪なケースでは正社員を解雇されてしまう可能性もあるかもしれません。

簡単に正社員は解雇されないと思っているかもしれません。しかし会社の規約をやぶったり、しっかりと働かない社員に対してはそれなりの措置があるのは当然です。

副業をするなら本業に支障が出ない程度に頑張って、本業と副業のバランスを見ながら働くようにしましょう。

まとめ

正社員として長い時間働いても、収入が少なくてがっかりすることもあります。

副業をしたい気持ちは分かりますが、あくまでも本業がメインだということを忘れないようにしましょう。

会社の規約に従って副業ができるようなら、本業に支障が出ないように働くように心掛けましょう。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る