正社員=奴隷に感じたときの対処法3つ

「正社員」という待遇につられて、就職しては見たものの、「これじゃあ、まるで職場の奴隷じゃないか」と感じている方、いらっしゃるのではないでしょうか。

実は、私自身、とんでもないブラック企業で、まさに「奴隷」のように働き続けて、うつ病になったという経験の持ち主。そのお気持ちは、痛いほどわかります。そんな私が「正社員=奴隷に感じたときの対処法3つ」を挙げてみたいと思います。

みなさんが、奴隷生活から脱する一歩を踏み出すためのお力添えができれば、嬉しく思います。

①「正社員」のメリット、デメリットについて考えてみる

「非正規社員」に比べて、「正社員」であることのメリットは、なんでしょうか。「収入が安定している」「福利厚生が充実している」「社会的信用を得られやすい」「賞与や退職金などが、充実している」などが挙げられますよね。

では、逆に「正社員」のデメリットとは何でしょう。一般的には、「責任が重い」「激務や残業を強いられることが多い」「そもそも、正社員という枠にとらわれることで、採用される会社自体が限られる」などが考えられると思います。

しかし、これらの「メリット」「デメリット」は一般的な要素であり、その内容は、職種や会社自体によって微妙に変化するようです。

「非正規社員」の穴埋めや、残務処理で、「正社員」の不満が爆発寸前というケースならば、「非正規社員」に転身するメリットがあると言えますが、どちらにせよ責任は重いし、残業も要求されるというケースなのであれば、「正社員」にとどまっておいた方がまだマシであるとも言えますよね。

また、「正社員」のメリットは、ある程度確約されたものではありますが、絶対ではないという視点も持つべきです。

長年、「正社員」として、我慢し続けて働いたものの、業績不振などで、最終的には「非正規社員」と同等、もしくはそれ以下の扱いを受けるといった可能性もゼロではありません。そのことも念頭に置いて、検討すべきですね。

②「正社員」のまま現状を改善できないか、考えてみる

「正社員」であることのメリット、デメリットについて考えてみた結果、「正社員」であることにこだわりたいと結論付けたのであれば、現状のまま、あなたを「奴隷」にしている事態を改善する必要があります。

「奴隷」となっている理由として想定されるものには、以下のようなものが挙げられます。

  • 上層部の考え方に問題がある。社員を大切にしようという意識がない
  • 会社の人間関係や、能力、チームワークなどに問題がある
  • あなた自身のキャラクターに問題がある

このうち、「上層部の考え方に問題がある」ケースの場合は、改善が困難であると思われます。場合によっては、部署移動や、転職を検討する必要もあるでしょう。

「会社の人間関係や、能力、チームワークに問題がある」ケースの場合も、対応はやや困難ですが、改善の余地がないわけではありません。

「後輩を指導するなどして、役割分担できる環境を作る」「助け合いの気持ちを持てるような環境を整える」「話し合いの場をもつ」などにより、打開策を検討する努力は必要ですね。

最後の「あなた自身のキャラクターに問題がある」という場合は、簡単なように思えて、困難であるケースが多いと言えます。

具体的な例を挙げると「あなた自身が、ノーと言えない性格である」「穏やかで、物事を頼みやすいタイプである」もしくは「他の人が、助けてあげたい、手伝ってあげたいと感じさせにくいタイプである」「まわりとのコミュニケーション不足である」などですね。

自分がどのタイプであるかを見極めて「必要な時には断れる人になる」「コミュニケーションをはかり、ギブ&テイクの関係を構築する」などの努力が必要になるでしょう。

③「非正規雇用」の道を選択する

「正社員」であることのメリット、デメリットについて考えてみた結果、「正社員」であることにこだわる必要がないと結論付けたのであれば、「非正規社員」に転向するという方法もあります。

こだわる必要がないと結論づけたということは、「非正規雇用=奴隷から解放される」という確信があるということですよね。しかし、そうなると、会社自体が変わらない限り、代わりの誰かが「奴隷」になる必要性がでてきます。

そのことを残った「正社員」たちは、許してくれるのか、そのような「アウェイ」な環境で、あなた自身が仕事を続けていくことが可能なのか、
そもそも会社自体から許可が得られるのか、あらゆる面からの対策が要求されます。

状況によっては、別の職場で「非正規社員」として働くという方法をとったほうが、手続きもストレスも少なくて済むという場合もあるでしょう。

まとめ

以上「正社員=奴隷に感じたときの対処法3つ」を挙げてみました。

職場の状況によって、対応は微妙に変わってきますし、その対応も、あらゆる方面から検討を重ねた、多面的な内容が要求されるでしょう。

しかし、「奴隷」である状況を続けていれば、私のように精神的な病に陥る可能性もありますので、早急な対策が必要です。どうか「仕方ない」などとは、考えずに、まずは最初の一歩を踏み出してみてください。

やってみれば、案外何とかなるということも多いもの。そこから、明るい未来が開ける可能性は、十分あります。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る