正社員とアルバイトの違い3つ

現在正社員で働いているけれど、思った以上に仕事が辛く、責任の重さに耐えかねてストレスをためてしまっているというあなた。

いっそ正社員を辞めてアルバイトで働いた方が気楽だし、給料もそれほど変わらないのではないか・・・とアルバイトへの転向を考えることもあるのではないでしょうか。

お気持ちはとてもよくわかります。

「正社員」というだけで、行きたくもない会社での飲み会に参加しなければならなかったり、組合の活動にも「任意」と言いながら強制参加させられたり、理不尽な苦労をすることが多いですよね。

そんな苦労をし続けるくらいなら正社員ではなくアルバイトという働き方を選んだ方が良いのではないかと思うのはもっともだと思います。

私自身、正社員で仕事をしていることで理不尽な思いを味わい、アルバイトという働き方を選んだ時期がありました。しかし、やはり正社員とアルバイトでは待遇面で色々な違いがあります。

そこで、正社員とアルバイトの3つの違いについて、簡単にお話したいと思います。

①雇用形態

まず大きく違うのは雇用形態です。

正社員の場合は、一度採用されたらよほどの事情がない限り会社をクビになることはありませんが、アルバイトの場合は雇用契約時に契約期間を定めます。

1ヶ月、3ヶ月と期間を定めて契約をしますが、その期間が満了した後に雇用を延長してもらえる保証はありません。

会社の事情次第で簡単に契約を打ち切られてしまうので、雇用が安定せず、いつ契約を切られるかという不安を常に持ち続けることになります。

契約を切られてしまえば、また新しいアルバイト先を探す必要があります。
もちろん、仕事も一から覚えなければならず、人間関係も一から形成しなければなりません。

②給与

正社員の場合は月給制なので、祝日が多い月や年末年始・夏季休暇の時期であっても収入は安定していますが、アルバイトの場合は(時間給)×(働いた時間)でその月の収入が決まるので、月によっては収入がかなり少なくなってしまうこともあります。

また、正社員には賞与や退職金がありますが、アルバイトの場合賞与や退職金をもらえることはまずありません。

「仕事内容や仕事の質は正社員の人と変わらない、むしろ私の方が良い仕事をしているのに、アルバイトなので賞与をもらえないし、給料にも大きな差がある」という話もよく聞きます。

アルバイトという働き方を選んだ場合にもっともネックとなるのが給与面だと言えるでしょう。正社員であれば定期的に基本給がアップしますが、アルバイトの場合にはそれも期待出来ません。

もちろん、あなたの仕事が大きく評価されれば時給が上がるということもありますが、それでも正社員に比べれば給与はかなり低くなると言わざるを得ません。

③福利厚生

もう1つ大きく違うのは福利厚生です。正社員の場合は、会社が様々な福利厚生を整えてくれています。健康保険、雇用保険、厚生年金などの社会保障への加入はもちろん、家賃補助が出たり、保養所を利用出来たりする会社もあります。

とろこがアルバイトの場合には正社員と違ってこういった福利厚生を受ける権利がないことがほとんどです。

健康保険や雇用保険、厚生年金に関しては、一定の条件を満たせば加入することが出来ますが、実際には短期雇用になってしまうケースが少なくないため、国民健康保険や国民年金に加入せざるを得ないということも珍しくありません。

その場合、将来の年金額にも大きく差が出ることになります。

国民年金の場合は将来もらえる年金額が老齢基礎年金になるため、毎月もらえる年金額は6万円程度です。一方、厚生年金に加入している場合は、老齢基礎年金に老齢厚生年金がプラスされるため、毎月の年金額は大きくアップします。

老齢厚生年金の額は加入期間や働いていた時の月給によって異なりますが、大体15万円程度。

国民年金の人より9万円も多いことになります(あくまで現時点での話です。今後、年金制度に大きく変化が生じた場合にはまた話が変わることになります)。

また、雇用保険に加入していると、失業した際に雇用保険の給付(いわゆる失業保険です)を受けることが出来ますが、アルバイトを転々としていて雇用保険に加入していないと、いざ失業して無収入になった場合、完全に収入が絶たれることになります。

まとめ

このように、正社員とアルバイトでは待遇に大きな差があります。

もちろん、アルバイトで働くことのメリットもあります。まず、会社に縛られないということ。嫌な上司や先輩と無理に付き合う必要はありませんし、会社で行われる歓送迎会や親睦会に参加しなくて済みます。

また、自分に合わない職場だと思ったらすぐに辞めることが出来るというのもメリットです。

アルバイトであれば雇用期間が定められているので、その期間が満了した時点で、今後の契約について更新する意思がないことを伝えればトラブルなく辞めることが出来ます。

ですが、やはり正社員とアルバイトでは、正社員のほうがメリットは多いのではないかと思います。

正社員として働く辛さはとてもよくわかりますが、正社員だからこそ享受出来ているプラス面にも目を向けてみてはどうでしょうか?

普段当たり前のように感じている賞与や昇給は、実はとても有り難い制度なのです。今の時代、正社員になりたくてもなれないという人がたくさんいます。そんな時代に正社員という立場を手に入れたあなたは、とても実力のある方だと思います。

辛さや理不尽さはあると思いますが、せっかく手に入れた正社員という地位をぜひ大事になさってもらいたいと思います。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る