2年目で転職を成功させるポイント5つ

5126a2ceae7e681dfb4954ee68b9f427_s

転職というのは年齢や勤続年数にかかわらず誰にでも起こり得る感情だと考えることができます。あなたの周りや、あるいはあなた自身についても転職という選択肢が頭によぎったことくらいはありますよね。

いざ転職という選択肢を選ぼうとする時というのはその後の自分自身に対する不安や心配というものが付き物です。

転職というのは必ずしも正しい選択になるとは言い切ることはできません。

転職にはそれまでのキャリアや経験、実績というものが少なからず影響してきます。その点で考えると勤続年数が長い人のほうが一般的には経験が多く実績もあるので優位だということができます。

新卒2年目で転職を考えている人が転職を成功させるポイントというのは、如何にして経験不足を補うのかという点と実績を持たないという点をどのような点でカバーできるのかということです。

転職先の企業の考え方にもよりますが経験不足や実績不足という点が必ずしもマイナスになると決まっているものでもないのが転職です。即戦力という考え方においては不利となると考えられます。

しかし、経験や実績というものは時として新しい場所での仕事の習得の足かせとなる場合もあります。2年目で転職をするということはそういう面ではプラスとなるということもできるのです。

2年目で転職を成功させるポイントを整理しプラスな面とマイナス面を理解することで成功させる可能性を上げることに繋げられるようにしましょう。

①2年目のメリット

転職を成功させるのに有利なケース、不利なケースというのは存在します。それは様々な見方によって考え方は異なりますが、2年目で転職というのは有利な面と不利な面の両面を持ち合わせています。

社会人2年目で転職を成功させるポイントとなるのは、2年目という現状のメリットを最大限に活かすという事です。

2年目だからこそのメリットとはどのようなものが考えられるのでしょうか。

あなた自身の2年目の時を、あなたの周りにいる今2年目を過ごしている人たちを見てみるとそのヒントが隠されていると言えます。単純に2年目とはほとんど何も経験していないという事です。

普通に考えるのであれば、その事実がメリットとなるようなことはありません。

しかし、転職においては経験をしていないということは必ずしもマイナスとなることばかりではないのです。

転職者に対して求める要素というのは受け入れる企業側によって様々です。若年層や社会経験の少ない人を求めている企業というのも現実には少なくないということです。それはなぜでしょう。

経験というのは武器になると同時に時としては足かせとなる場合もあるからです。経験がないということは先入観が少ないまま新しい企業の中に馴染んでいける可能性が高いということになります。

それこそが2年目の転職での最大のメリットになるということです。

長い経験や転職前の職場での大きな実績というものは確かに大きなアピールポイントになることがあります。

しかし、その経験や実績というものが転職者自身の動きに制限をかけてしまうということも起こるのです。経験や実績のある業界や職種というのは手放すことができなくなってしまう場合が多くなります。

その事は転職活動においては対象先が大幅に絞られてしまうという大きなデメリットを生んでしまうということに繋がるのです。

この点については2年目では影響を受けることはないと言えます。

転職前に大きな経験や実績を残していないという事はこれから新しい環境を幅広い業界や職種に求められるという事です。

そしてそれを自然のものとして受け入れられるという事になります。

入社2年目での転職を成功させるには経験がないということを逆手にとってその企業のやり方に抵抗なく入れるということをアピールすることが大切です。

②2年目のデメリット

一方でやはり2年目で転職をする場合には不利となる面が少なくないというのも事実だと言えます。その最大のデメリットというのはやはり転職までの期間が短いということだと言えます。

この点については経験や実績という側面以外から見てもデメリットとなるということを知っておくことが重要です。

転職までの期間が短いということは仕事を投げ出すという見方もされるのです。

つまり、転職前の仕事を短い期間で投げ出して転職してくる人が、新しい場所で続けていくことが可能なのかという疑問を相手に抱かせてしまうということがデメリットとして起こるということです。

しかし転職を成功させるためにはデメリットも把握しておくことが重要です。その事が自分自身にとって不利となるという事を認識した上で転職活動をする事で対応が可能となるのです。

デメリットは十分に分かっている、前の仕事について短い期間で離れるという決断を下したという事実も十分に分かっている、それでも尚、転職という選択をしたという事を伝えることが大切です。

転職前の会社の問題点や不満点をいくつも並べて、だから転職を選択しましたという人がいます。このタイプの人は受け入れ側にとっては非常に疑問を持たれるケースが多くなるのが現実です。

あなたは前の会社に2年しか在籍していないのです。

あなたの見てきたことが全てではないという事です。それなのに問題点や不満点をいくつも並べるということは転職において意味を持ちません。

2年目で転職するという事は前職を早々に投げ出したと見られるデメリットがあるのです。そしてそのデメリットを隠すことは成功に繋がりません。

隠せるものでもないし隠す必要もありません。

デメリットは事実としてしっかりと受け入れているということを相手に伝えるということが成功のためのポイントとなるということです。何かを批判するということは成功につながらないということです。

それを理解して転職活動を行うことでデメリットによる転職のマイナスポイントの影響を抑えることが可能になります。

隠すことや言い訳はマイナス面を増幅してしまうのでやめましょう。

2年目という短い期間での転職にはデメリットは当然の付き物として自分自身の未経験と転職に踏み切った理由を明確に持つことが成功させるには重要なことなのです。

③他の転職者との違い

2年目で転職するということは他の転職者とどのような違いがあるのでしょうか。転職するのに有利な年齢や年代というのは存在するのでしょうか。いくつかのポイントはあります。

例えば、経験が十分な人が専門職として転職する場合、2年目で転職をするあなたが同じ土俵の上で勝負をするというのは現実的にはかなり困難で勝ち抜くことは難しいと言えます。

2年目で転職を成功させようという人が他の転職者と大きく違う点というのは勝負する土俵が決まっていないということです。

自分の得意とする分野がまだ確立されていないということです。

また、あなたが社会人2年目での転職である場合においては、そもそもの社会経験という点において経験不足という見られ方をするという点、仕事を投げ出したと見られやすいという不利があります。

それでも2年目で転職するということが不利な点ばかりかというとそんなこともありません。有利に働く点としては業界や職種を問わずに転職先を選びやすいという事があげられます。

自分の得意とする業界や職種というのが決まっていないということはどこで戦っても同じという考え方ができます。

全ての業界、職種が平等のライン上に存在しているということになります。

長年同じ業界や同じ職種で働いていた人というのは、全く別の業界や職種での転職を考えるというのはなかなか難しいものです。それに比べると2年目というのは今の業界や職種を離れやすいと言えます。

得意分野、有利な分野がないと考えるとマイナスになりがちですが、幅広く転職先を探せるという点については、転職という活動をしていく上では非常に大きなプラスとなると考えるべきです。

その考え方を持つことで、その事を最大限に活かすことで経験がない、少ないということをプラスに変えることが可能になります。

意外な業界や職種にあなたが向いているものがあるかもしれません。

他の転職者には他の転職者のプラス面、マイナス面があります。年齢や経験というのはプラスに働く場合もあれば、マイナスとなる場合もあります。「2年目」という事を意識しすぎないことです。

自分自身が目的とすることを達成するための転職先をしっかりと探すということが成功のためには必要なことなのです。

④2年目の転職での注意点

転職するということは必ずリスクは付いてきます。「なかなか転職先が見つからない」「今の会社の方がマシだった」「思ってたのと違う」等といった状況や後悔を生むことは珍しくありません。

必ずしも上手くいく、良くなる、成功するとは限らないという事を頭に置いておくことが必要になります。そして2年目で転職をするという場合については更に注意が必要な点があります。

それは、2年という短い期間であなたが抱いている不安や疑問、経験や感情の中には誤ったものや不十分なものが数多く含まれているということです。勘違いや誤解がある場合があるという事です。

まだまだ見えていない部分、知らない部分が多い中であなたは会社を職を離れるという決断をして転職をしようとしているわけです。

なので、自分自身の現状をしっかりと知っておくことが大切です。

あなたが今見えているものは実は時間が経過すると違う形になっているかもしれません。あなたが今不満に思っていることは実はあなたが間違った認識でいるのかもしれないという事です。

それでも今の状況、感情を優先して2年目で転職を成功させたいというのであれば、自分自身の持っている、感じているものというのはたいして意味を持たないと割り切ることが大切です。

全てが間違っているわけではなくても客観的な視点で見ると「たった2年で何がわかる」という見られ方をするのが一般的です。

ですので、その部分については多くを語る必要はないと考えましょう。

転職するということには必ず理由が存在すると考えるのが一般的です。特に理由がない場合でもやはり受け入れ側としては理由を求めてくるというケースが多くなるというのが現実と言えます。

その理由が転職前の会社批判や業界批判であってはならないという事に注意することが必要です。転職の理由というのは後ろ向きなものではなく、前向きな自分主導のものである方が成功につながります。

あなた自身が何をしたいのか、どうなりたいのかという点について自分の考えや方向性を整理しておけばそれで十分です。

転職に必要なことはそれを自分の言葉で相手に伝えるということです。

不平不満ばかりを並べて転職前の会社や仕事を批判することはプラスにはなりません。自分自身をアピールする時間に使うことが大切になるのです。

⑤転職の成功とは

2年目で転職を成功させるためのポイントはいくつか挙げてきました。しかし、まず考えておかなくてはならないのは転職の成功とはいったいどのようになることなのかという事です。

何をもって、どうなることによって転職は成功と失敗に分かれるのかという事を知っておくことがまずは大事なことなのです。

これを考えずに転職が成功するということはないという事ができます。

そして、この転職の成功という点については答えは1つではないということです。人によって、時によって、環境や状況によって成功のラインというのは変化していくもので決まっているものではないのです。

つまり、転職を成功させるためにもっとも重要なポイントとなるのは、「あなた自身の転職の成功ライン」をしっかりと明確にあなた自身の中でもっておく必要があるということになるのです。

転職に目的や目標を持っている人というのは少なくありません。

多くの場合は何かしらの目的や目標があって転職をする為です。しかし目的や目標がそのまま成功ラインであるとは限りません。

本来、目的や目標というものはそう簡単に達成できるものではないというケースが大半です。そのため、目的や目標をそのまま成功ラインに設定すると転職の成功というのは非常に難易度が上がります。

  • あなたは何を求めて転職しますか?
  • あなたは転職してどうなりたいのですか?

このような質問に対して持っているあなた自身の答えが成功ラインを設定するヒントになると考えることができます。

「こうなりたい」「こうなって欲しい」という望みが100%叶えばそれは間違いなく成功だと言えます。しかし100%でなかったら全て失敗となるのかというとそれは違うと言えます。

目的や目標の中で「最低限ここまで」というラインが設定できるケースは少なくありません。そのラインが転職の成功ラインと考えると転職の成功、失敗というのが明確になります。

ラインが明確であれば、そのラインを越える可能性の高いところを選択することが可能になります。しっかりとラインを自分自身で設定することが成功への第一歩ということになるのです。

まとめ

以上、2年目で転職を成功させるポイントというのをいくつか挙げさせてもらいました。しかし、転職という行動に関して考えると何年目というのが大きな意味を持つのかというと疑問が残ります。

経験や年齢というのは確かに1つの判断材料となるのは確かです。その事で転職の成功を左右するというケースも現実の中で少ないとは言い切れないのが現状だということも事実です。

2年目で転職を成功させるという点について重要になるのは、仕事上でアピールする点を持たないということを理解することに始まると考えることが重要なポイントになります。

2年という期間で積める経験や残せる実績というのはとても少ない、小さな部分に限られてしまいます。

そこをどれだけアピールしてもやはり長年の経験者には劣るのは当然のことです。その事をしっかりと自分自身で理解して、認識した上で開き直りが必要になるのです。

アピールすべきは仕事上での経験や実績ではなく自分自身の考えや目標であると考えましょう。

あなた自身の中にどれだけ明確に目的や目標が設定されているのかあなた自身がしっかりと把握しているかどうかが重要です。

あなた自身の目的、目標はいったいどんなものなのでしょうか?

あなた自身の性格や仕事への考え方をあなた自身が明確に相手に伝えることが出来るかということも同じように大切になります。あなた自身の中で整理はできているのでしょうか。

このようにして考えることで2年目で転職する場合の2年目なりの考え方というのがわかってきます。その事が成功に近づくためのポイントとなるということになるのです。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る