定年退職後に収入がなくなるので、ちゃんと暮らしていけるか心配です・・・

3f23b368d43401dcd09378f096685e06_s

定年退職後の暮らしが心配だ・・・。

このように悩むときってありますよね

厚生年金や個人年金など若いうちから老後の備えをしっかりしていれば、
そこまで心配することはないかもしれません

ですが、年金だけに頼るのもなかなか安心できるものではないかと思います

次の方もそうですね、ご紹介します。

奇跡さん 54歳 女性

夫が1年後に退職、年金生活になります。

夫の会社は、65まで再雇用制度があるのですが、お給料ががくんと減るので生活が不安になります。

62から少し年金があるので、62までは働いてほしいです。

それに夜勤があるので、体がきつく長い間働けるかどうかも不安です。

現在私がブログライターの仕事をしています。

収入は月10万なので、もしも夫がよければこの仕事をふたりでやりたいと思います。

できれば、ライターの仕事だけでなく自分でホームページを作り、そこから収入を得られるようなやり方ががいいです。

家でできるので、休みたいときは休めます。

ノルマがきつくないような仕事なら、体に無理があるようなことはありません。

高額なお金を稼ぐことはできませんが、ふたりの収入が15万以上になれば、十分生活は可能です。

定年退職で、夫が家にずっといることに不安を持っている奥様、仕事がなくなってどうやって生活していこうと思っている男性の方へ。

在宅のブログライターは現在はかなり仕事があります。

私は、慣れてきて10万の収入がありますが、初心者でも5万はねらえます。

ブログライターというと、難しいと思っている方もいますが、自分の得意なことを書いて収入になります。

新聞や、雑誌の編集者のようなことは、求められていなくて、ホームページやブログの訪問者さんが、ためになるようなことを書けばいいのです。

ダイエット法だったら、食事や睡眠、運動、近くには安くていいスポーツ施設がある、エステならこんなところが人気。

悩んでいる方の役に立って、それで報酬がもらえるのはとても嬉しいです。

この仕事をやってよかったのは、人間関係のストレスが溜まらないことです。

仕事は好きでも、人間関係で退職したり、しんどくなったりする方はかなりいます。

そんな、定年になってまでする必要はないと思います。

子供たちも大きくなって、これからは夫婦ふたりで楽しむ時間を持つべきです。

このお仕事は、私はいいですが、自分でやり方を知っていれば子供たちにも伝えられます。

お金を残すのも親の愛情ですが、子供にしっかりしたスキルを教えて、いざというときに副収入になるようにするだけでも価値があると思います。

夫とふたり、家で仕事なんかできない、外に出てほしいと言われる奥様もいます。

そんな方は、家の1階と2階で仕事をして、お昼御飯だけ一緒に食べてもいいのです。

収入が増えている方は、ノマドといって、カフェで仕事をしたり、旅行先で仕事をしています。

私は、コブクロの大ファンなので、ツアーに参加しながらホテルでネットの仕事をすることがあるかもしれません。

お客さんに喜んでもらえるグルメや、ホテル情報も、いいと思いました。

自分の好きなことをして、収入を得るのはわくわくしませんか。

奇跡さんは、旦那さんと副収入を作ろうとされているようですね

現在は在宅でもお金を稼げる時代です。
ブログライターでも、2人でやれば15万は稼げるでしょう

しかも、やり方によっては月50万オーバーも不可能な数字ではありません。

2人で旅行に行きながら、お金を稼ぐという生活スタイルも実現可能です

もし、あなたが少しでも興味があるのであれば、
定年退職後の働き方、生き方としてチャレンジしてみるのもいいかもしれないですよ

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る