宝飾店の店員の仕事を辞めたいです

5cef45aab542464e6dc353f8237bd5f8_s

宝飾店の店員の仕事を辞めたい・・・。

このように悩むときってあるかと思います

宝飾店はノルマがきつかったりしますもんね。
次の方もノルマで相当悩んだようですね。

ご紹介します。

桜音さん 女性、33歳 宝飾店店員

宝飾店にて、店員として働いていましたが、仕事そのものは楽しかったのですが、ノルマのキツさと上司(店長)の半端のない圧力によるプレッシャーに悩みが募りかなりのストレスを抱えていました。

もともと、宝石のことが好きでしたから、普段から宝石についての書籍なども読んだりしていましたから、誕生石などや、宝石の種類やグレードなどに関する知識も人よりは知っているつもりでした。

ですから、そういう関係の仕事がしたいと常々思っていました。

丁度、そんな時に新装オープンする宝飾店のオープニングスタッフを募集しているのを見つけましたので、面接を受けてみることになりました。

ワクワクとドキドキの入り混じった気持ちで面接に向かいましたから、面接の時のことは良く覚えていないくらいなのですが、嬉しいことに採用して頂けました。

オープニングを控えての、準備作業は、店長以外の他のスタッフもみんな初体験の方ばかりだったこともあり、作業は大変でしたが大好きな宝石に囲まれて仕事できる喜びに勝るものはありませんでした。

そんなオープニング作業も終わり、いよいよオープンしてからは、やはり初めての接客業でしたから、緊張の連続でなかなか販売するまでには至らずに、お客様とお話をしただけという日々が続きました。

最初のうちは販売以外にも覚えることも多く、売れないからと言っても何の差し支えもありませんでした。

面接時にも確かノルマは課せられないと聞いた気がしましたし、他のスタッフ達もそう言っていたのです。

でも、そんなに甘くはありませんでした。

慣れてき始めると、毎朝来る前日の個人の売り上げ表(全店舗含めての売り上げ順位と実際に売った数と金額が書かれたもの)を見せられ始めました。

そして、毎朝その日の売り上げ目標を店全体と、個人のものを立てなければいけなくなりました。

かなりのプレッシャーがのしかかり始めたのです。

あまり、安価な目標でしたら却下されましたから、達成できるであろう金額ギリギリな感じですね。

これって、れっきとしたノルマですよね。「嘘でしょう」と思いました。

「無理でしょう」とも思いました。そうは言いましても、安いアクセサリー屋さんとは訳が違うわけですから、宝石のような高額な商品がそうそう売れるはずがありません。

時々運が良い日には、結婚記念日のプレゼントだったり、お誕生日プレゼントだったりを買いに来たんたけど‥なんて言うお客様もいらっしゃいまして、高額な商品を、売ることも出来ました。

でもほとんどの日は、売れてピアスや、低額なネックレスくらいのものです。

所詮、宝石は、洋服や靴などのように必ずしも無くてはならないものでも無いですからね。

自分に置き換えて考えてみても、気に入ったものがひとつでもあれば、そうそう買い足したりしません。

お金が有り余っている様な方はまた、別なんでしょうけれども‥。

ノルマが、達成できない日には、もしも遅番の日なら自腹で帳尻を合わせないといけなくなる日もよくありました。

店長は、私よりもずいぶん歳下の方でしたが、若くして店長になっただけの事はあり、かなりしっかり者で、厳しい方でした。

熱を出してもなかなか、休暇をもらえずに、点滴を受けて出勤していました。

一番きつかったのは足を怪我した時ですが、それでも「いきなり休まれては困りますから、座っていても良いですから出社して下さい」と言われて、松葉杖をついて何日間か、出勤しました。

その時には「こんな時くらい、休めばいいのに」と、お客様の方が優しく心配して下さいましたね。

また、私は他のスタッフの中でも一番歳上でしたから「いくら初心者ではあっても年齢を重ねている分、いろんな経験が豊富でしょうから、貴方が頑張って頂かないと示しがつきません。」らしいことを散々言われ続けましたから、かなりのプレッシャーがのしかかりは、やがてストレスへと変わり始めました。

最初は頑張ってはいたのですが、だんだんと逆にやる気を失い始めました。

このまま続けていたら、大好きな宝石を嫌いになりかねないだろうし、精神的に病んでしまうかもしれないとさえ、感じ始めました。

得にお金に困っていたわけでもなかったこともあり、結局は退職することを、選びました。

退職後は得に仕事らしいことはせずにゆっくりしています。

良い仕事が見つかればまた、働きたいとは思っていましたが、結局は働かずに今に至っています。

ストレスにより無駄に太り始めていた身体も元に戻りましたし、今では心身ともに比較的に落ち着くことが出来、趣味に時間を費やすことを楽しんでいます。

上司からの圧力がひどいせいでのプレッシャーやストレスがあまりにもひどい仕事は、かなり精神的にも体力的にもダメージを受けることは必須です。

人それぞれの性格にもよりますが、私と同じように、あまり頑丈な心を持ち合わせていない方は、特に気を付けて頂きたいと思います。

桜音さんは、最終的に退職されたようですね

桜音さんもおっしゃていますが、打たれ弱いと誤認識されているのであれば、
限界がくる前に辞めるのも一つかもしれません

決して無理だけはしないでくださいね

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る