転職で後悔しないための対策7つ

9196e47d754ba388b2ccac42e62f339b_s

あなたは今、転職しようかどうか、迷っていませんか?

同じ会社で仕事をしていると、いろいろと悩みが出て来ますよね。お客様のクレームに嫌気がさす、上司のパワハラに耐えられない、営業成績が伸び悩んでいる、残業が長すぎて疲れ果てている・・・。辞めたい事情はさまざまです。

たしかに、そうした悩みはどの会社でも付き物なので、安易な転職は避けた方がよいでしょう。それでも、我慢にも限界があります。今後の自分のことを考えて、思い切って転職したほうがいい場合もあります。

そして、転職先ではもう同じ悩みを味わいたくはないですよね。転職自体は検討しているけれど、「今度こそは失敗したくない」という、新たな悩みが出てきてしまいます。

そこで今回は、そうしたあなたのために、転職で後悔しないための対策7つをご紹介しましょう。

そもそも本当に転職すべきなのか、そうだとしてもどうすれば成功するのか。転職しようと決めてから入社後までに気を付けることについて、具体的にご説明していきます。

①転職すべきか再確認する

転職で後悔しないための対策としては、まず「本当に転職すべきなのかを改めて考え直す」ことが大切です。

例えば、あなたが今、職場の人間関係で悩んでいたとします。上司がパワハラをしてくる、同僚が足を引っ張る、他の部署とのコミュニケーションが上手く行かない・・・など、さまざまなケースがあるでしょう。

ただ、そのような人間関係のトラブルは、多かれ少なかれどの会社にもあることです。人が集団で何かをする以上は、常に関係が上手く行くほうが珍しいでしょう。

だとすれば、それを理由に転職しても、転職先でまた同じ悩みにぶつかり、「こんなことなら転職しなければよかった」と後悔します。そこでまた辞めてしまうと「堪え性がない人だな」と見られ、転職自体できなくなりかねません。

そこで、まずは自力で人間関係の改善を目指し、それが無理なら上司や専門部署に相談しつつ、仕事がスムーズにできるように努力しましょう。それでもダメな場合に初めて、転職を考えるようにすべきです。

これは一例ですが、仕事の大変さや成果が出ないことなど、大抵のことについて同じことが言えます。まずは今の会社で出来る限りのことをして、それでどうしようもない場合のみ転職で解決しましょう。

事前に出来る限りの努力をしておけば、転職の際にも後悔はしないはずですよ。

②人材紹介会社を利用する

転職で後悔しないための対策としては、「人材紹介会社を利用する」ことも有意義です。

あなたが今回初めて転職するのなら、どうすれば転職活動が上手く行くのかわからないですよね。また、自分で求人先を探すこともできますし、それはすべきですが、一人で探せる範囲には限界があります。

さらに、転職活動では精神的にも不安定になりがちです。加えて、ネットなどを見ても、いろんな人が自分の立場や経験からあれこれ言っているので、どれを信じていいのかわかりません。

このように、転職活動を一人で行うと、訳がわからなくなり、誤った判断をして失敗する恐れがあるのです。その結果、転職先でまた同じ悩みを抱えてしまったり、ブラック企業だったりして、後悔することになりかねません。

そうならないためにも、ぜひ人材紹介会社を利用しましょう。

人材紹介会社には、転職支援のプロであるキャリアコンサルタントが在籍していて、転職にまつわるさまざまな相談の乗ってくれます。また、市場に出回っていないオリジナルの求人案件も持っていたりします。

それらを活用させてもらうことで、限られた時間の中で効率よく転職活動が出来て、希望通りの会社に入れる可能性が高まります。

もちろん、そのためにも、業歴が長く実績のある会社、知識や経験が豊富なコンサルタントを選ぶことが大切です。会社のホームページ、ネットの口コミ情報、知人のアドバイスなどを参考にして選びましょう。

また、実際にいくつか登録し面談を受けてみて、自分に合うかどうかを見極めてみるのもよいですよ。最後に頼れるのは、自分の体験に基づく判断ですからね。

とにかく、自分一人で抱え込まず、プロの力を借りることが大切です。

③絶対譲れない条件を決めておく

転職で後悔しないための対策としては、「これだけは絶対に譲れないという条件を決めておく」ことも欠かせません。

先ほどお話したように、あなたが職場の人間関係で悩んでいたとします。例えば、上司がパワハラをしたり、不公平な人事評価をしたりと、とにかく上司との関係で嫌気がさして、転職せざるを得ないとしましょう。

そうなると、「今度こそは、誠実で公平な対応をしてくれる上司のもとで、気持ちよく仕事がしたい」と思うはずです。そこで、転職活動では「上司を中心とした人間関係の良さ」を、絶対に譲れない条件として挙げましょう。

たしかに、人間は欲があるので、他にも希望はあるでしょう。どうせなら給料をアップさせたい、綺麗なオフィスがいい、上場企業で働きたい・・・など、数え上げたら切りがありません。

しかし、それらをすべて満たそうとしても、そんな完璧な会社はありません。どの会社にも一長一短があります。

もし希望をすべて叶えようとしたら、そういう会社を自分で作るしかないのです。

起業ではなく、すでにある会社に転職するなら、そのことをまず頭に入れましょう。転職の条件について優先順位をはっきりつけて、これだけは絶対に譲れないという条件を決め、それを軸に志望先を絞り込んでいく必要があります。

そうして絞り込んだ中から、2番目以降の条件も出来る限り多く満たす所を選べばよいでしょう。このようにすると、無駄に悩んでいつまでも決まらず、時間だけが過ぎて行くこともありませんよ。

④志望先の情報収集を行う

転職で後悔しないための対策としては、「予め志望先の情報収集をしっかり行っておく」ことも大切です。

これまでお伝えしてきたように、あなたは今の会社に何か悩みがあって、転職したいと思うはずです。そして、その悩みの解消を、絶対に譲れない条件として掲げているでしょう。

さらに、人材紹介会社から紹介されたり、自分で探したりして、志望先が実際に出て来るでしょう。その段階になったら、その志望先の情報をしっかり調べておく必要があります。

まず、人材紹介会社から頂いた案件なら、コンサルタントが志望先の情報を当然知っているはずです。その中で「この職場の上司はどういうタイプですか」などと、よく確認しておきましょう。

また、自分で探してきた案件でも、ネットの口コミ情報のサイト、知人の話などをもとに、出来る限り職場の内部事情について情報を集めます。

さらに、個人向けのビジネスを展開している会社なら、店舗などに出向いてみましょう。顧客への対応ぶり、見えにくい所での社員の上下関係の様子などを、さり気なくチェックしてみるとよいでしょう。

このように、ホームページやパンフレットといった表の情報からだけではわからないことも、許される範囲でさまざまな方法を駆使して、事前にチェックしておきましょう。そうすれば、よい判断材料になりますよ。

⑤面接時での確認を忘れない

転職で後悔しないための対策としては、「面接の段階でも必要事項の確認を忘れない」ことが肝心です。

志望先との面接では、いきなり条件の話から始まることはまずありません。なぜ転職するのか、この業種を選んだ理由は何か、どうして他社ではなく当社なのかなどがまず聞かれます。

また、自分の専門性、得意分野などをアピールして、志望先にどう貢献できるかをアピールすることも大切になります。

たしかに、こうした志望動機や自己アピールは重要です。これがなければ、そもそも志望先に入ること自体できなくなります。そのため、まずは自分の能力や意欲をしっかり伝えましょう。

ただ、今の会社で何らかの悩みがあって、それを解消するために転職する以上、それが実現しなければ後悔します。そこで、「何か質問はありますか?」などと聞かれた段階で、必要事項の確認を忘れずにしておきましょう。

例えば、先ほどから述べているように、上司がフェアな評価をしてくれなくて転職を考えているのなら、人事評価制度について聞きます。そこで、評価基準がどうなっているか、上司が評価者研修を受けているかなどを確認します。

さらに、パワハラなどで悩んで転職する場合は、社内に相談できる専門部署があるかを確認しましょう。また、退職者がどの程度いて、そうした理由で辞めた人がどのくらいいるかも聞けるとよいでしょう。

もちろん、ナーバスな問題なので、聞きづらいとは思います。それでも、今度こそ転職で後悔したくないのなら、聞くべきことはきちんと聞かなければなりません。

入ってから知ったのでは遅いのです。

ストレートに聞くのが難しい場合でも、聞き方を工夫するとよいでしょう。問題ある上司がいるかを直接聞くのでなく、組織や制度としてそれを許してしまっているか、それを改めるシステムがあるかなどを聞いて推測することもできます。

また、人材紹介会社を通じて応募したのなら、予めコンサルタントから話を聞いておくべきです。そのうえで、面接でも会社に話を聞いて、つじつまが合っているかを確認しましょう。

上司との関係は一例ですが、仕事内容、残業の有無や程度、転勤の頻度、給料など、他の条件についても同じです。優先順位の違いはあっても、後で話が違っていたでは遅いのです。聞き方には注意しつつも、面接で確認しておきましょう。

⑥職場見学などをさせてもらう

転職で後悔しないための対策としては、できれば「職場見学などをさせてもらう」とよいでしょう。

これまでお話してきたように、志望先に関するさまざまな情報は、面接の段階でまず確認しておく必要があります。また、人材紹介会社を通しているのなら、コンサルタントからも聞いておかなければなりません。

たしかに、これらによってかなりのことがわかりますし、最低限やっておくべきです。ただ、それでも伝聞情報であることに変わりはありません。そのため、どこまで本当なのかわからない部分があります。

そこで、出来る限り自分の目で見て耳で聞いて、肌で実感できるとなおよいでしょう。まず面接の段階で、職場見学をさせてもらえないか、ダメ元で頼んでみます。

そうすれば、職場の雰囲気や人間関係、仕事の仕方などがわかるでしょう。

また、面接官以外にも、社員の方々に話を聞けないか、依頼してみるのもよいですね。管理職や現場担当者など、各階層ごとに話を聞けると望ましいです。その際、もちろん希望職種の人たちに聞けるようにお願いしましょう。

他にも、面接日に少し早めに来社して、不審がられない程度に、社内の様子をさり気なくチェックしておくのもいいですね。また、出入りする社員の方々の表情や様子などから、働きやすい職場かどうかも想像がつくでしょう。

このように、許される範囲で、出来る限り直接的な情報を得ることで、入社してよいかの判断材料を入手できます。そうすれば、入った後で後悔することも少なくなるでしょう。

⑦入社後の心構え

転職で後悔しないための対策としては、「入社後の心構え」も大切になってきます。

入社前に、これまでお伝えしてきたさまざまな注意点を確認して、「ここなら後悔せずに働けるぞ」と思える所に転職が決まったとします。

ただ、あなたはそれでよいかもしれませんが、受け入れる会社、職場の方々からすれば、「今度の人はどんな人だろう、ちゃんとやってくれるだろうか」と不安に思っているはずです。

そこで、その人たちに安心してもらい、思う存分仕事ができるように、一刻も早く新たな職場に馴染むことが必要です。

例えば、あなたが営業について知識や経験があった場合、つい転職先でもそれを押し通そうとしがちになります。たしかにそれは即戦力になりますし、会社もそれを求めているはずです。

ただ、その会社なりに、長年培われてきた営業のやり方やルールがあるはずです。それを無視して独自の方法を通そうとしても、トラブルになってしまいます。まずは、その会社のやり方を教えてもらい、それを覚えましょう。

そして、そのやり方で一定の成果を出し続ければ、会社からも評価されるはずです。その段階になって初めて、「もっとこうすればいいと思うんですが……」などと、自分のやり方も提案してみましょう。

そうすれば、すでに成果を出しているので、聞く耳を持ってもらえます。それに、元々実力を買われて来ているので、そうした提案をむしろ期待してもらえるでしょう。

このほかにも、「前の会社はこうだったのに」などと比較しないことも大切です。また、早く全員の顔と名前、特徴を覚えるなど、人間関係を築いていく地道な努力も欠かせません。

数え上げたら切りがありませんが、とにかく謙虚に前向きになり、新しい職場に自ら馴染んでいこうとする姿勢が大切です。そうすれば、周囲も受け入れてくれて、気持ちよく働けるようになり、転職を後悔することもないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

これまで、転職で後悔しないための対策7つを詳しくご説明してきましたが、どれか1つでもお役に立ちましたでしょうか。

改めての確認ですが、まずそもそも本当に転職すべきなのか、よく考え直してみましょう。今の会社で解決できる問題なら、無理して転職する必要はありません。

それがダメな場合のみ、初めて転職を検討してください。その際にも、一人で抱え込まずに、人材紹介会社やそこのコンサルタントの力を借りましょう。

また、予め絶対に譲れない条件を明確にしておき、優先順位を決めることで、効率的な転職活動ができます。さらに、志望先について、ネットや口コミも含めて、事前に情報収集をしておきましょう。

そのうえで、面接では、自分の希望条件が通りそうか、チェックしておいた情報が本当かなど、しっかり確認します。できれば、職場見学や社員の話などを通じて、直接確認できるとよいでしょう。

それで入社が決まったら、後は一刻も早く職場に馴染めるように、謙虚な姿勢で仕事に打ち込みましょう。

転職の経験がないと、とにかく不安になりがちで、失敗したくないと焦ってしまいます。だからこそ、プロや経験者の協力を得ながら、事前に出来ることに手を尽くして、後悔のない転職にしてくださいね。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る