会社を休む理由6選

230554d5665158e7cfbdfc43d9918a02_s

社会人になって会社に勤めるようになって会社を休む経験というのをしたことのある人は少なくありません。休むに至らなくても休みたいと考えたことはあなたにもありますよね。

私自身も会社を休む理由を探した経験は1度や2度ではありません。それでも実際には正当な理由なく会社を休むという事は出来ないと考えるのが大半の人の考えになります。

それでは、会社を休む理由として正当なものとはどのような理由になるのでしょうか。そして会社を休む理由として使ってはならない理由とはどのようなものなのでしょうか。

会社に長い期間勤めているとどうしても休まなくてはならないような状況が発生することもあるのです。その場合は無理をして休まずにいるべきなのでしょうか。

それとも必要な場合は会社を休むのが正しいのでしょうか。また無理をすれば休まずに済むような状況の場合はどうするのが正しい選択と言えるのでしょうか。

会社を休む理由として正しい理由とはどのようなもので、逆に休む理由としては使うべきでない理由とはどのようなものなのか、これからも続く社会人生活のために整理してみました。

①NG理由

eec7045b95eb5d0a18b4598c548b9446_s

①-1.体調不良

あなた自身も経験があるのではないでしょうか。どうしても会社を休まないといけないくらいに体調を崩してしまって会社を休むのかどうするのかを悩んだという経験が。

体調を崩してしまった場合は会社を休むという選択を間違いであると断定することはできません。ただし、それが怪我や病気が明確である場合に限ってのことだと言えます。

あなたも子供の頃に目にしたり耳にして記憶に残っていることがあるはずです。何かの行事ごとや試験や不都合がある度に体調不良を訴えるという光景です。

社会人として会社を休むほどの体調不良というのはそれなりに重たい症状という事になります。そうでないのであれば体調不良を理由に会社を休むというのはNGという事になります。

「ちょっと頭痛が」とか「ちょっと寒気がして」という程度では会社を休むことは避けるべきだと言えます。そしてもう1つ体調不良で安易に会社を休むことがNGである理由があります。

現代病とも言われる「うつ」の症状や「対人障害」の症状を疑われるという危険性があります。最近では「うつ」や「対人障害」という事を理由に会社を休む人や退職する人がいます。

このような人たちは会社に行くことが苦痛となり、その事を要因として体調不良を起こし会社を休むというパターンが多く見られます。体調不良での休みを続けるとそれを疑われます。

会社を休む理由として体調不良を使うということは間違った使い方をすると後後のあなた自身に決してプラスにはならないと言えます。

①-2.友人・知人の不幸

会社を休む時の理由として判断に悩むのが知人・友人の不幸に際した場合になります。相手との関係の深さにもよることなので一概には言い切れませんが、基本的にはNGと考えるべきです。

多くの場合、知人、友人の弔辞というのは葬儀ではなく、お通夜に訪問する事になります。つまりは時間の制約という部分では夜間の訪問が可能ということになります。

仕事を休んで日中に訪問する必要性はあまり高いとは言えないのです。葬儀への弔問となると日中ということになりますが、その場合も終日の休みではなく時間をもらう形が良いでしょう。

ここで問題となるのは遠方の知人、友人の不幸に際した場合ということになります。この場合は移動も含めると終日の休みが必要になることが多いと考えられます。

周囲の思う「友人なら」とか「親戚でもないのに」という思いとは別に、あなた自身が個人的に思い入れのある存在やお世話になった存在が対象となっている場合は周囲にはわかりません。

そのような場合については、仕事への影響を最大限に考慮し調整した上で休みを取るという選択は残しておくべきです。「どうしても」を上司や会社に伝える事も必要になります。

人間関係というのはその当事者間にしかわからない関係性があったりするものです。そのような関係についてはあなただけではなく誰にでも同様のことが言えます。

通常の場合であればNGとなるようなことであっても、例外や「今回だけは」というケースは誰にでも発生する可能性のあることです。その場合はしっかりと事情を説明することが大切です。

知人、友人の不幸で会社を休むということは一般的にはあまり発生することではありません。恩師や特に仲の深い間柄の人を除いては会社を休む理由とはならないと考えるべきです。

①-3.出社拒否

あなたの学校にもいませんでしたか。「登校拒否」という形で学校に来ないという同級生や上級生、下級生が。このような場合は本人だけでなく周りや環境など様々な理由があります。

社会人になっても同様に「出社拒否」という形で会社を休むという人がいます。この場合も学生の頃の「登校拒否」と同様に様々な理由があると考えられます。

しかし、「登校拒否」と「出社拒否」の間には大きな違いがあります。それは学校というのはお金を払って教育を受けに行く場所であるのに対して会社とは働いてお金を貰う場所という点です。

社会人とは、会社の社員というのは働いた報酬として給料をもらいます。「出社拒否」とはその働くという行為を放棄を意味します。当然報酬を貰う権利はなくなるということです。

会社を休む理由としての「出社拒否」は完全にNGだと言えます。しかし、その理由によっては自分自身を守る手段として「出社拒否」を使用する場合があるのも事実です。

自分自身の意志によっての「出社拒否」とは違い、会社や他の環境によって望まない形で「出社拒否」をしなくてはならないような状態となってしまう場合がそれにあたります。

自らの意志によって「出社拒否」をするというのは会社を休む理由としてはNGです。これは社会人としてもNGと言える行動と言えます。何らかの問題があっての「出社拒否」であってもです。

社会人である以上は「出社拒否」という形をとるのではなく、しっかりとした手続きの手順をとって休むなり退職するなりを行動に移すことが最低限のマナーと言えます。

休暇や退職という選択をしても会社に対しては迷惑をかけることにはなります。それでも理由が明確にあるのであればそれは個人の選択としては自由に選ぶことが出来る手段です。

自己都合による「出社拒否」は選択肢としてもその存在はなく、まして自由に選ぶことのできる方法でもありません。社会人として恥ずかしくない選択をする事が大切になります。

②OK理由

b28993694b4ec7f4c36651768834b2a6_s

②-1.冠婚葬祭

会社を休む理由に「これならOK」というような理由はないのかもしれません。それでも日常の生活を送っていると仕事よりも優先すべきイベントや自称というのが起こるものです。

その大きな物の1つが冠婚葬祭という事になります。これについては、仕事がどうであるとか、会社がどうであるという以前に人として、1人の人間として参加しておく必要がある場合があります。

そして中にはあなた自身が当事者となる場合もあるのです。あなた自身が結婚をするとなり、結婚式を挙げるとなれば少なくとも当日は必ず休みを取ることになります。

この休みについて異論を唱えるという人はほぼ皆無なはずです。つまり自分自身の結婚式を理由に会社を休むということは認知されている正当な理由ということになるのです。

これは、自分自身ではなくても身内の場合も同様のことが言えます。お祝い事というのは友人の場合においても会社を休む理由として認知されているためOKとされる場合が多くなります。

そして、不幸ごとの場合においても会社を休むことが認知されているケースというのがあります。恐らくあなたは身内に不幸があった場合には会社を休むことに躊躇はないはずです。

会社としても身内にふこうがあって会社を休もうという人に対してNOとは言わない場合が多くなります。身内の不幸というのは誰にでも起こることなのでその時に会社を休むということは暗黙の了解です。

ただし、注意しなくてはならないのは身内といってもどこまでか、そして何日休むのかという点においては人によって状況によって認識に多少の差があるという事です。

そしてもう1点、お祝いごとの場合と違い、不幸ごとの場合は知人、友人となると会社を休む理由として認知度が低く会社を休む正当な理由として受け入れられない場合も多くなります。

②-2.出産・育児休暇

結婚式という祝い事は会社を休む正当な理由としての認知度が高いということでした。同じように祝い事という点で認知度が高いのが出産という子供の誕生です。ここには会社は制度すら設けています。

女性については出産を理由に会社を休むということは正当な理由として認知されている会社が非常の多く存在します。その一方で妊娠や出産を理由に扱いが変わるという問題も起こっています。

社会的に問題になるということはそれだけ世の中では認知されていて、その事が正当なのに認められないという事に対して周りが騒ぐという事になります。これは正当性の証明とも言えます。

そして、出産の後に訪れるのが子育てということになります。この部分についても多くの企業において育児休暇という制度が設けられています。最近では育児休暇は女性に限った事ではありません。

出産から育児にかけて会社の制度を利用して会社を休むというのは誰からも異論を言われることのない会社を休むための正当な理由、つまりOKな理由であるということになります。

そしてこの理由には嘘がないということがあります。当然ながら男性が出産のために会社を休むということはありません。最近は立会のために休むというケースもありますが子供の誕生という証明があります。

育児休暇にしても同様です。その前には出産があり、育児休暇を取る際には乳児がいるという事です。そして子供が成長していくという誰の目にも明らかな証明があります。

多くの会社が制度化している点、そして明白な証明ができる点から考えてもこの出産と育児に関して会社を休むという行為は正当な理由ということになります。ただし企業風土によっては例外もあります。

女性の中には出産を機に退職する人が多いというのも現実です。休暇の制度を使えるか、使いやすいかというのは認知度とは別の問題だということも出来ます。

②-3.有給消化

社会人として会社に属する人に平等に与えられるのが有給という制度になります。制度としてある以上は有給を使用して会社を休むということは正当な理由ということができます。

しかし、これも出産や育児と同様に所属している会社や部署によって有給を使えるのか、使いやすいのかという事が問題になります。権利としてはあっても使うタイミングが難しいのが有給です。

有給というのは社員に与えられる権利です。但し、そこには「業務に支障をきたさない範囲で」という制約条件が付いています。いつでも好きな時に休めるということでなないということです。

ここで重要なのは何をもってして「業務に支障をきたさない範囲」と言えるかという事です。当然、社外的な商談や来客予定等があればその仕事が優先されるということになります。

しかし、社内の業務や個人の業務についてはあなた自身で調整できる場合も少なくないはずです。そのような場合においては他の人に迷惑のかからないように事前に準備をすれば良いのです。

そうする事で自ら「業務に支障のない」状態を作り出すことができます。この事前の準備ができるのであれば有給というのは取得する権利を行使する事が可能になるということです。

あなた自身があなたの都合に合わせて休みを取りたいということであれば、その日までに周囲の他の人に迷惑にならないだけの準備をしておけば良いという事です。

そうする事で会社を休むことが可能になります。もともと制度として認められている有給を使用しての会社を休むという行為はOKとなるのが当然の流れとなります。会社の風土によっての違いはあります。

会社を休む理由として有給を消化するという事については認められるべき行為ですが、認めてもらうためにはあなた自身もしっかりと準備をする事が大切となります。

まとめ

会社を休む理由としては様々なパターンが想定されます。あなた自身に関係する個人的な項目の場合もあれば他にも影響を及ぼすようなパターンというものも存在しています。

そんな中で、会社を休む際の理由としてOKとなる理由とはどのようなものなのか、逆にNGとなってしまう理由とはどのようなものなのかを頭においておく必要があります。

そうする事で、間違った会社の休み方をすることもなく、会社にとっても個人にとってもマイナスになることのない会社の休み方で休みを取ることが出来るようになります。

せっかく会社を休んで自分の時間を持つのであれば休む時にも休み明けにも嫌な気分をすることのないようにしたいと考える人が多いと考えられます。

休んだことを後悔しない休み方をしましょう。休むことが嫌になるような休み方はやめましょう。その為には休む理由をしっかりと分別していくことがとても重要と言えます。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る