仕事辞めたい病の5つの原因と克服法

985110ad1a9d8617a7a5f9118211b0d9_s

「仕事が嫌だ」「仕事に行きたくない」「仕事辞めたい」そんな感情を持った経験というのは誰にでもあるものです。

あなた自身もそんな感情に悩まされた経験がありますよね。その感情との格闘が葛藤が長い期間続くと仕事辞めたい病という表現で言われることがあります。

この仕事辞めたい病とはどのような原因でかかるものなのでしょうか。多くの人が1度は、恐らく1度と言わず何度か、「仕事辞めたい」という感情を持ったという経験のある人は多いはずです。

あなたがその感情を抱いた時の原因は何だったのか覚えていますか?そして、それは今は解決していますか?

誰しもが大小の差はあっても1度は抱いた経験のある「仕事辞めたい」という感情、仕事辞めたい病の原因をいくつか挙げてみました。

そして、仕事辞めたい病の状態になってしまった時にどのようにして克服すれば良いのか、どのようにすれば克服できるのかを整理してみました。

今後も症状が出ることがあるかもしれない仕事辞めたい病を少し整理してみましょう。

①仕事辞めたい病の原因

8590964752beeb52cd233ce4ec3acc85_s

①-1.慣れと飽きは紙一重

何事にも飽きっぽい人というのがいますよね。人によって個人差があるのは当然のことですが、人間は同じことをくり返し行っていると飽きが来たり、慣れてきたりという事が起きるものです。

これは同じような感情のように考えている人も少なくないとは思いますが、飽きと慣れとは意外にも大きく違うものです。

慣れというのは繰り返すことにより起こるものではありますが、これは不思議と苦痛になることはない感情です。

慣れというのは仕事の面では油断が生まれるほど楽になるものです。あなたにも経験があるはずです。仕事というのは初めて行う業務は覚えることも沢山で大変なものですよね。

それでも多くの人は繰り返すことでその業務に慣れてくるものです。そして、業務に慣れてくるとその業務はそれまでとは違い、負担や苦痛ではなくなってくるものです。

この事は仕事を辞めたいという感情に繋がることは多くないと言えます。つまり、業務への慣れは仕事辞めたい病の原因となるケースは少ないのです。

一方で飽きとはどのような現象を言うのでしょうか。これも同じように業務を繰り返すことで起こる現象であるという点では違いはありません。

大きく異なる点は、飽きというのは続くと苦痛を伴うということです。飽きを感じている業務をその感情をもったまま繰り返し続けるというのは苦痛になってきます。

苦痛なことを続けていくと当然ながら「嫌だ」「行きたくない」「やりたくない」と言ったような思いが生まれます。その感情が原因で仕事辞めたい病というのは症状を表すということになります。
 

①-2.やはり仕事は人間関係

仕事をしていくうえで人間関係というのはいろいろな面で大きな影響を与える要素ということが言えます。

仕事の時間というのは多くの人にとって、家族と過ごす時間よりも長い時間を過ごすことになる生活の中心となる時間になります。

それだけの時間を過ごす仕事の時間の人間関係というのは、上手くいかないということになると生活の全てに影響を与えてしまうケースも少なくはありません。

仕事の時間がプライベートの時間にまで影響を与えるようになるとそれは苦痛となってきます。

その仕事の時間を上手く過ごせなくなる要因が仕事上の人間関係が要因ということになれば、その事が原因で仕事辞めたい病となってしまうということも十分に起こり得ることだと言えます。

仕事上の人間関係が上手くいかなくなるというのはどのような状態を言うのでしょうか。

上手くいかないと感じる基準は人それぞれに違いがあるものですが、上司との関係や同僚との関係、後輩との関係や先輩との関係、取引先との関係、仕事の人間関係とは実に多様で幅が広いものです。

しかし、上手くいかないと感じる時というのはそのどれか1つだけが崩れてしまっても「嫌だ」という感情が生まれてしまうものです。

複雑で多様で広範囲に及ぶ仕事上の人間関係ですが、それが崩れてしまう可能性が対象が広い分、とても高いという事ができます。

①-3.経験というプレッシャー

「仕事が嫌だ」「仕事に行きたくない」「仕事を辞めたい」そういう感情が生まれる時に何らかの仕事上でプレッシャーを感じている場合が少なくありません。

仕事上でのプレッシャーというのは様々な場面で感じることがあります。

個人によってプレッシャーの感じ方というのは個人差があるものですが、どのプレッシャーの場合にも大きな原因となるのはあなた自身が仕事上の経験を重ねているという事です。

あまり実感することはないのが現実ですが、経験を重ねるということは出来る事が増えるということです。また、経験を重ねるということは会社からの期待も大きくなる場合が多いという事です。

それらが理由となって経験を重ねていくと求められる事が多くなってくるということになる場合が大半です。

そのことで、与えられる仕事が難しくなったり、与えられる役割が大きくなったり、範囲が広くなったりという事が発生するようになります。

あるいは仕事上で部下や後輩を持つということも経験を重ねることで発生する事柄です。

このような仕事の難易度が上がったり、役割や範囲が大きくなったり、部下や後輩を持つことになったりという事は初めのうちは大きなプレッシャーを感じることが多くなります。

そしてこの状況に適応できる人は良いのですが、適応に時間がかかる人や適応が出来ない人というのはプレッシャーを感じる期間が長くなることで、仕事辞めたい病になってしまう確率が上がるということになります。

①-4.役職という負担

仕事を続けていくということは経験を重ね、実績を重ね、年を重ねることになります。

全ての人がそうだということはありませんが、やはり長い期間仕事を続けていくことで仕事上の立場というのは高くなっていくと考えることが出来ます。

少なくとも後輩という存在は年数を重ねると増えていきます。

そして、場合によってはあなたには役職というものが付くことになります。役職を持つということは同時に部下を持つと言うことになります。そして同時に役職には職責というものが付いてきます。

これはそれまでの自分ひとりの事をしていれば仕事上問題ないという状況ではなく、部下の行動や仕事内容を含めて複数の人間、仕事において責任を負うという事になるのです。

この事はそれまでの仕事のスタイルによっては大きな負担となるものです。

例えば、それまで自分の仕事や業務に集中して周りの仕事にはあまり関心を示してこなかったような人、または、それまでの仕事が周りとの関わりが少なく、仕事上であまり人とのコミュニケーションをとってこなかったような人というのがこのケースにあたります。

それまでの仕事の役割やスタイルによって役職というものは大きな負担となり、仕事を苦痛にしてしまうことがあります。

責任が大きくなるという事はそれにより苦痛を感じる事が増えるということも起こります。

役職というのは性格や仕事上の経験、その人の仕事への向き合い方によって向き、不向きというものがあります。

不向きな人が役職に就いた場合、その負担に負けてしまい、仕事辞めたい病になってしまうということが起こるのです。

①-5.後輩という競争相手

仕事をしていくうえで後輩の存在というのは誕生した時には喜びを感じるという人が多いはずです。

あなた自身が一番下の立場であったのが、後輩ができることで下の存在ができるという事になり、仕事や業務を教える対象ができるということになります。

ですが、年々、後輩が誕生するにつれてその喜びは小さくなっていきます。これはなぜなのでしょう?

それは、後輩という存在が増えるという事は教える対象が増えるからです。

増えるにつれ教える量や後輩の動きを把握しなくてはなりません。これだけでも仕事辞めたい病になってしまうケースというのもあります。

しかし、後輩が増えることで辛い、苦しいという感情を持つケースとしてもう1つ頭に置いておくべきことがあります。

それは、あなたが新入社員として指導、教育していた社員の中から仕事上のライバルが生まれてくるケースがあるという事です。

会社にとっては後に入ってきた人間の能力が高くなるというのはプラスになります。

しかし教育、指導を行った人が自分自身を超えていったり、あるいはライバル関係のようになることがあります。

それを喜ばしいことと考えることが出来る人もいますが、全ての人がそうではありません。

長期間にわたりあなた自身が教育した後輩と競い合わなくてはならないとなるとその苦痛は大きなものになります。

そして、その事が要因となり、仕事辞めたい病となることがあるのです。
 

②仕事辞めたい病の克服法

48519de3319550f80c4805cda68a3030_s

②-1.経験と役職は使い方

仕事辞めたい病に悩まされる原因が仕事上の経験や役職である場合というのはどのような克服法があるのでしょうか。

経験が要因の場合も役職が原因の場合もその要因は経験や役職によって、それまで以上に仕事上でのプレッシャーがかかるということになります。

この場合の克服法というのはそのプレッシャーをどのようにして軽減するか、または、それをプレッシャーと感じないようにする為にはどうするのかという事になります。

プレッシャーというのは多くの場合は自分自身に自信がもてない場合に感じることが多いという事が言えます。だからと言って自信とは持てと言われて持てるものでもありません。

そこで克服法というのは経験を活かす、役職を活かす仕事のスタイルを身につけるということになります。

例えば、経験という点ではあなた自身が行ってきた事をそのまま後輩や部下に伝えるということが出来ます。役職であれば、その役職であるからこそ立ち会える場所や機会と言うものがあります。

そこでの言動を後輩や部下への指導へ活かしていくということは、役職を持つからこそ出来ることになります。

そのように経験や役職を活かした仕事の方法を取ることで、そのプレッシャーを感じるケースというのは抑えることが出来るようになります。

②-2.飽きたら後輩へ引き継ごう

飽きという感情によって仕事辞めたい病の症状が出てしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。

飽きた仕事に対して新しい刺激を求めるというのも1つの方法ではありますが、現実的にはその新しい何かを探すというほどの積極性は飽きを感じている時には生まれにくいものです。

そこで克服法として考えられるのは、その仕事自体をあなた自身の下から離してしまうということです。

飽きが来るほどに繰り返す期間があったという事は多くの場合においてあなた自身には後輩という存在ができているはずです。

そこで、その後輩にあなたの仕事辞めたい病の原因となっている飽きてしまった仕事を引き継いでしまいましょう。

この克服法には仕事辞めたい病を克服する要素がいくつか含まれています。

1つは原因の除去です。飽きを感じている仕事そのものがあなた自身の下から無くなるので原因は除去されることになります。もう1つは引き継ぎという辞められない理由の台頭です。

これまでは仕事辞めたい病の原因となっていた仕事が引き継がなくてはならない仕事に変わります。

引き継がなくてはならないということは少なくともその期間には余程無責任な人でない限りは辞めれないと考えるはずです。

そして、最後の1つは新しい業務の誕生です。後輩を指導するという業務が新たに生まれます。これらによって、あなた自身の仕事辞めたい病はその症状を沈静化させることになるはずです。

②-3.人間関係は後ろ姿で築こう

最も個人1人の力や努力で解決が難しいのが人間関係を理由として仕事辞めたい病になってしまった場合です。

仕事上の人間関係というのは自分自身の意思とは違う場所で決まってくるというケースも多いはずです。それを変えてしまおうとするのはなかなか現実的ではないと考えられます。

そこで人間関係を理由とした仕事辞めたい病の克服法として有効なことは、関係の改善や関係者の異動を伴わずに見る目を変えさせるという方法です。

これも決して簡単な方法ではありませんが、あなた自身で行動するだけで取り組む事ができる克服法となります。

見る目を変えさせる為に必要なことはあなた自身の行動を周りに見せるという事です。自分自身に出来ることというのは自分自身の行動を周りに見せるという事になります。

それを見ることであなたの周りの人たちのあなたに対する見方が、あるいはあなたの行っている仕事に対する見方が変化する場合があります。

その変化が始まるということはその時は人間関係、原因となっていた仕事上の関係というものも自然と変化しているものです。

周りを何とかしようとか、人間関係に悩む原因となっている人や関係を何とかしようとしても直接は難しい場合が多いので、あなたの行動であなたに対する周りの見方や印象を変えてしまうことで周りの人の考え方や関係を変化させましょう。

まとめ

「仕事が嫌だ」「仕事に行きたくない」「仕事辞めたい」と考える仕事辞めたい病というのは誰にでも症状が出ることがあるものです。

原因は様々ですが、誰もが症状の出る可能性のあるものであるだけに克服して今を過ごしているという人も沢山います。

どのように克服するかは原因によっても違いますが、あなた自身の行動によって克服することは可能なケースが多いものです。

仕事辞めたい病の症状を感じる度に仕事を辞めていては前には進めません。しっかりと克服法を身につけて仕事と上手に付き合っていくことが大切です。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る