看護師を辞めたいあなたに伝えたい5つのアドバイス

a5ba2e45415c5f21b7b2d61e5a85ead5_s

看護師の仕事は、激務である事も多く、夜勤があったり人の命にかかわる場面も多く存在するため、とても大変で辛い仕事だと思います。そんな中で、あなたが看護師を辞めたいと思った場合、本当に看護師を辞めるべきなのでしょうか。

ここでは、看護師を辞めたいあなたに伝えたい5つのアドバイスを通して、看護師という仕事のやりがい、大変さを分析します。

看護師に限らず、仕事をしていると、誰もが一度は仕事を辞めたいと思った事があると思います。同じように看護師の仕事を辞めたいと思った事のある人もいると思われます。

では、実際に看護師の仕事を辞めた後で、どのような仕事に就ける見通しがあるのか、年収はどうなるのか、などその後の事を考えてみると色々と複雑で見通しが利かずに悩んでしまいますよね。

ここでは、看護師を辞めたいあなたに伝えたい5つのアドバイスを通して、仕事を辞めた後の生活や仕事を辞めて転職したい理由を分析して、本当に看護師を辞めるべきかどうかについて考えていこうと思います。

①看護師を辞めたい理由

看護師を辞めたい理由には、様々なものがあると思います。看護師を辞めたいと思っている人たちの感じている転職したい主な理由としては、

  • 給料や待遇の改善
  • 職場の人間関係
  • スキルアップしたい
  • 自宅周辺で働きたい
  • 他の看護職も経験したい
  • 命を預かる重圧が大変

などの理由が挙げられます。

肯定的な理由から否定的な理由まで様々なものがあります。では、転職したい理由の中で高い位置を占める看護師の給料について、看護師の給料は、どのくらいの水準にあるのでしょうか。

主要な職業70種類の年収を比較した結果、看護師は474万円で比較的高い位置にランクインしています。労働者全体の平均給与は400万円ちょっとですから、平均よりだいぶ給料は良いはずです。

夜勤や緊急入院、手術など大変な場面も多く、人の命を預かる事もあるため、高い給与水準も納得がいくものと思われます。

転職理由として給料の低さを問題に挙げる人が多いですが、給料の高い仕事は、その分仕事も大変である場合が多いです。

看護師は、全体から見てもそれほど給料の低い仕事ではありませんので、平均的な看護師の給料をもらっているのに、転職を考えている人は、冷静になって考え直してみてもいいかもしれません。

あなたが職場の人間関係を理由として転職を考えているならば、自分から頻繁にコミュニケーションをとって改善していくように心がけてみて、それでも駄目なようなら転職を考えてみても良いでしょう。

あなたが、夜勤や残業がつらい、人間関係に悩んでいるといった理由で鬱や病気になりそうな場合は、仕事を休んだり転職を考えてみる必要がありそうです。

②看護師を辞めてもまた戻ってくる場合がある

看護師を辞めて他の仕事に就いた人の意見を聞いてみて、どのような感じだったのか、実際の体験を聞いてみると、看護師より他の仕事の方がきつかったといった意見が頻繁に見受けられます。

例えば、看護師を辞めてテレアポの仕事を始めた人の意見では、顧客の苦情相談が看護師の仕事よりも大変だった、といったものがあります。

その他にも、工場の単純労働を始めた人の意見では、思っていたより単調作業がつらかった、といったものがあったり、看護師を辞めて新しく始めた仕事も前と同じか、それ以上に大変な仕事だった、という意見が多く見受けられます。

また、一度看護師を辞めた場合は、収入が下がる事も覚悟しておいた方がいいでしょう。時給1000円の所で働いたとすると、月収は18万円前後、年収も210万円程になります。

平成22年度の看護師の平均年収は470万円、平成26年の看護師の平均年収も473万円と安定して推移しており、下手に看護師を辞めて転職すると収入が半減してしまう事もあります。

お金が少なくともなんとかなると思うかもしれませんが、病気をした時や友人の結婚式など、ちょっとした出費でお金が必要になった時の事を考えると、お金はあった方がいいと思います。

このように、新たな仕事を求めて看護師を辞めた人が、収入面の問題に直面して結局看護師に舞い戻るというケースが多く見られます。

あなたも、転職を考えているならば、転職した仕事先で同水準の年収が得られるかどうか、あらかじめ確かめておきましょう。

③看護師はきつい仕事なのか?

看護師の仕事は、他の仕事と比べて辛い仕事なのでしょうか。看護師の仕事の辛さを調べる基準として、離職率といったものがあります。

辛い仕事ほど、その仕事を辞める人が増えるので、離職率が仕事のきつさ、大変さを示すひとつの指標になります。ここで、看護師の離職率を調べてみると、常勤で10.9%、新卒で7.5%となっています。

患者が500人以上いる大病院では、離職率が6.7%となっており、通常の看護師より低い離職率となっています。

社会全体の仕事を平均した全体の離職率が17%ですから、看護の仕事は、基本的に特別辛い仕事であるという訳ではないようです。

一方で、介護職の離職率が17%ほどですので、一般的に介護職の方が看護師より大変な仕事であると言えます。

また、看護師の中でも、夜勤のある病院の看護師は離職率も高い傾向にありますので、あなたが夜勤のある病院に勤めており、仕事を辞めたいと思っているのなら、看護師の仕事自体を辞めるのではなく、夜勤のない病院へと移る事も考えてみましょう。

④誰もが一度は仕事を辞めたいと思った事がある

あなたが仕事を辞めたいと思ったとして、他の人はどのように思っているのでしょうか。

データによると、看護師のうち8割の人が仕事を辞めたいと思った事があるようです。
しかし、実際の看護師の離職率は11%前後で、やめていく人はそれほどいるわけではありません。

誰でも仕事を辛いと思う事はあります。しかし、そう思ったとしても自分の中で折り合いをつけてやっていく人がほとんどです。

体調を崩してしまったり、病気になるなど止む終えない事情があるのでない限り、仕事を頑張ってみる事も時には必要かもしれません。

⑤同じ看護師でも色々な職場があります

それでも仕事を辞めたいと思っている人は、職場を変えてみる事も考えてみましょう。
せっかく看護師の資格を取ったのですから、それを無駄にするのはもったいないと思います。

例えば、クリニックの仕事は病棟に比べると楽な場合が多いです。

しかし、働いている看護師が2人しかいない場合もあり、電話対応、掃除、備品管理といった雑務も多い点が特徴で、人数が少ないので注射や点滴の得意な看護師さんは重宝されるようです。

職場の人間関係に疲れているのなら、介護の仕事がおすすめです。

仕事場によっては体力が必要な場面も多いですが、働く人の多くが女性なので、人間関係は楽な場合が多いです。

また、美容クリニックは、通常の病院とは仕事の性質が異なり、給料も高いですので、収入面に不満のある人は、美容クリニックへの転職も考えてみましょう。

看護師の仕事の将来性が不安で辞めたいと言う人もいるかと思います。では、看護師の人気は将来どのような推移をたどっていくのでしょうか。

このままの状況が続けば、高齢化社会になる事と合わせて、平成37年(2025年)には2009年の倍以上の看護師が必要になるという予測が見受けられます。

社会に必要な仕事として、看護師の人気は今後あがっていきそうです。

まとめ

看護師からの転職を考えている人は、本当にやめていいのかしっかりと考えてから辞めましょう。

人の役に立てる仕事と言うのは、それだけでやりがいがあるものです。患者さんに感謝されたり、給与水準も低くはないですし、魅力のある仕事だと思います。

物事の悪い面ばかりを見るよりは、良い面を見るようにしてみましょう。すると、目の前に違った世界が開けてくるかもしれません。

職場環境に問題があるのなら、看護師専門の転職サイトを見てみる事もおすすめします。ここでは、一般的な求人情報の他にも実際に働いている人の意見を見る事ができ、病院ごとの評判も調べる事ができます。

転職を考えているのなら、看護師専門の転職サイトに目を通す事をおすすめします。それでも、やはり看護師を辞めたいと思うのなら、悔いの残らないようにしましょう。

看護師の国家資格を取るのは大変だったはずです。次の仕事場でも、同じように辞めたくなる事があるかもしれません。

そのような事がないように、辞める理由を見つめなおし、しっかりと考えてから後悔がないようにしましょう。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る