仕事を辞めたいあなたに聞いてもらいたい私の退職体験記

92fb1aa9ac6a380fc88a98747c89c5d9_s

私が新卒の総合職として入社した損保会社を辞めたのは、新卒入社3年目の3月です。
 
丁度3年で辞めました。

私がなぜ辞めたのか?それは、自分に嘘をつきたくなかったからです。
自分の気持ちに正直に生きたかったからです。

私は、仮面をかぶったまま仕事をずっとしていました。

というのも、もともと、新卒一括採用にずっと疑問を抱いていました。

なんで、働いたこともないのに、新卒で入社した会社でずっと働かなければいけないのか?!
なんで、新卒で決めた会社で、将来がこんなにも左右されるのか?!

こんな感じで、就活自体に本気で疑問を感じていたわけです。

就職することが目的みたいな価値観が本当にクソだと思っていました。

聞くところによると、ドイツでは30歳までは職を転々とするのが通常で、
30歳ぐらいから定年まで働く会社に就職するようです。

本当に、これが本来あるべき姿だと思います。

ただ、日本で生活している以上は、その意味不明なシステムに従わざるを得ません。
当時、学生の私ではそのシステムに対抗できるスキルを持ち合わせていませんでしたからね。

なので、もやもや感を抱きながらも、最後は割りきって就職したわけです。
仮面をかぶって就活しなければ、内定すらもらえませんからね。

ただ、1つあることを心に決めて就職しました。

それは、やりたいことが見つかったら、妥協せずに辞めるということです。

というものの、やりたいことなんて早々に見つかるものではありません。
ですので、就職して見つかるまでに3年かかりました。

但し、見つかったときには、会社にかなり依存してしまっていたので、
仕事を辞める決断はなかなか出来ませんでした。

特に、新卒で退職となれば尚更です。

一言で言うと、びびったわけです。

辞めて本当に食っていけるのか?本当に辞めるという選択肢は正しいのか?
周りから白い目で見られてしまうんじゃないか?

こんなことまで考えました。

やっぱり、一度染まってしまった環境から抜け出すのは難しかったです。
本当に、一歩踏み出すのがとにかく怖かったんです。

何て言うんでしょう。

人生終わっちゃうんじゃないかという不安がハンパないんですよね。
あの感覚は、仕事を辞める決断をした人にしか分からないんだと思います。

でも、私は仕事を辞めるという決断を最終的にしました。

なぜ、辞めるという決断ができたのか?

それは、将来振り返ったときに、死ぬ間際に過去を振り返ったときに、
絶対に後悔すると思ったからです!

あのときあれをやっておけばよかった。挑戦しておけばよかった。
そんな人生を送ってはダメだと思ったからです!

自分自身、自分の気持ちは、辞めて新しいことにチャレンジしたいという気持ちでいっぱいなのも分かっていました。

なので、半分ビビりながらも勇気を出して辞めるという決断をしました。

世間では、こういう人は辞めるべきではない。
こういう状況の人は辞めるのを踏みとどまった方がいい。

そんな情報が出回っています。
でも、人の意見、考えは無視してもいいと思います。

所詮、それは他人の価値観に過ぎません。

自分を映画の主人公だと思って、生きるべきです。

だから、辞める必要があると感じるなら辞めてもいいと思います。
辞めてはダメだと思うなら、辞めなければいいと思います。

なんやかんやで、何とかなるものです。

私のこの考えは、間違っていますか?

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る