仕事のプレッシャーに耐えられないときの対処法5つ

ae15e030ecbfdfb02eb79724848dd516_s

仕事をしているとプレッシャーに押し潰されそうになって耐えられなくなることってありますよね。

私も好きで始めた仕事だったのに、いつのまにか毎日プレッシャーを感じるようになってしまって、仕事がつまらないと感じながらも仕事をしていた時期がありました。

あなががプレッシャーに耐えられないと感じることも共感できるので、私から仕事のプレッシャーに耐えられないときの対処法5つを紹介しましょう。

①原因を探ってみる

仕事は自分の意思で始めたもので、だんだんとやっていくうちに仕事の楽しみやおもしろさが分かって続けられるものです。

その中には当然辛いこと多くありますが、それを乗り越えたところにその仕事の醍醐味を見出すことができることもあります。

あなたが今の仕事で何に対してプレッシャーを感じているのかを分析してみましょう。仕事といっても内容は細分化されているものです。

私がプレッシャーを感じた時は、仕事でお客さんとのやりとりがとても楽しくできましたが、毎日の目標売り上げのノルマを達成しないといけないことでした。

毎日数字に追われていることがプレッシャーに感じていたので、その売り上げ目標さえなければ毎日楽しく仕事をすることができていたはずです。

仕事によっては自分でいろいろやらなければなりませんし、長年続けていれば責任ある仕事を任されることもあるでしょう。

言ってみればプレッシャーのかからない仕事はありません。

どれも自分が生活をする為や売り上げを上げることに繋がるので、どんな些細な仕事でもとても重要なのです。仕事は本来どれもプレッシャーがかかるのが当たり前で、慣れや経験がそのプレッシャーを感じさせなくさせてくれるのです。

まずは自分が何に対してプレッシャーを感じるのかをしっかりと把握してみましょう。

②誰かのマネをしてみる

責任ある仕事をしたり責任ある立場になれば、当然プレッシャーがかかりますが、これは誰もが経験していることでもあります。

プレッシャーがかからない仕事は無いと言えますし、プレッシャーがかからないように慣れたり経験をして緩和させているのです。

同じような仕事を経験している人が、どのようにプレッシャーを撥ね退けたかをマネしてみましょう。あなたが自分でプレッシャーを撥ね退けることができれば良いですが、先人の良い所をマネすることも自分の経験になるはずです。

私はよくビジネス書を読んで先人の偉い人の話や考え方を参考にしていまいした。

自分が思いもよらないことを考える人達なのでとても参考になりましたし、それが後に自分の力となってスキルアップすることができたからです。

マネをすることは決して悪いことではありません。

自分が浅はかな知識や考えで作ったオリジナルよりも、先人達の偉大な考えや経験則から学び、それを踏まえてから自分の考えにすればもっと良い物が生まれるはずです。

プレッシャーとは自分の心の弱さや経験不足からなる不安な心なので、プレッシャーを楽しめるくらい自分が豊富な知識と経験則を得ていれば、プレッシャーを撥ね退けることもできるようになります。

③プレッシャー対策を考えて行動する

あなたが感じるプレッシャーとは、自分自身でしか感じることができません。

自分が感じるプレッシャーに対して、何でプレッシャーを感じるのか、プレッシャーを感じないようになるにはどれだけ自身をつければいいのかを考える必要があります。

あなたがプレッシャーを感じるならば、プレッシャーを感じなくなるまで自信を持つか経験をすれば、プレッシャーを感じなくなるでしょう。

私は毎日数字に追われていたプレッシャーから逃れるには、自分ができることを毎日精一杯やることでプレッシャーを撥ね退けました。

結果はどうあれ自分ができる最善のことをすることで、プレッシャーを感じていましたが楽しく仕事をすることができました。

プレッシャーを感じるのは決して悪いことではありませんし、むしろプレッシャーを感じない仕事の方がおかしいです。しかしプレッシャーを感じすぎれば本来の自分の力を出すこともできませんから、適度なプレッシャーになるのが一番良いのです。

あなたがプレッシャーを感じることに対して、どれだけプレッシャー克服する為に努力しているのかをもう一度考えてみましょう。

例えば売り上げに対してプレッシャーがかかるなら、売り上げを伸ばす為にどれだけ自分が頑張っているのか考えます。

いつも通りの仕事や考えではまた同じようなプレッシャーを感じるでしょう。他人のマネをしてみる、新しい発想で考えてみる、今までの倍以上売込みをしてみる、宣伝をもっと多くしてみるなどあらゆる方法を今まで以上にやってみることです。

本当に自分が納得するまで仕事をしていれば、結果が例え悪くても納得はできるはずです。これはどの仕事でも共通していますし、やることをやってダメならばあきらめもつくでしょう。

プレッシャーを感じるのは失敗を恐れていることですから、腹をくくるまで自分が納得するまでやれることをやってみましょう。

④自分は何の仕事がしたいのかを考える

仕事はプレッシャーがかかるものです。それはどの仕事でも同じですし、そのプレッシャーは人によってただ感じ方が違うだけです。

自分がプレッシャーに耐えられないほど感じるのは、自分に自信がなく失敗を恐れている証拠です。あなたができることを精一杯やっていれば、プレッシャーを感じてもきっと乗り越えることができるでしょう。

私は数字に追われる仕事にプレッシャーを感じていましが、初めは数字はまったく考えない仕事をしていました。

仕事が楽しくなり長くやっていくうちに数字を管理する仕事をやることになったのです。仕事はどんどん変化するものですし、同じ仕事だけを永遠にやっていくこともできません。

どんどん新たな仕事をしていかなければいけないですし、自分もそれに合わせてスキルアップをしていきます。

自分に自信が無いからプレッシャーを感じるので、どんなに新しい仕事や嫌な仕事でも納得するまで考えたり経験すれば、いずれはプレッシャーを感じることが少なくなっていきます。

それは自分がプレッシャーに打ち勝つことでもありますし、自分が成長した証でもあるので、日々の仕事をしっかりとやっていれば必ず乗り越えられる試練なのです。

⑤どんな仕事でもプレッシャーはかかる

あなたは仕事のプレッシャーに耐えられないからといって今の仕事を辞めたとしても、次の仕事でもまた違ったプレッシャーを感じることになるでしょう。

ある意味プレッシャーとは仕事をしていく上では逃れられないものなので、それを経験と努力でどう乗り越えていくかがとても大切なのです。

私は違う業界に何度も転職を繰り返しましたが、どこでもそれなりのプレッシャーを感じて仕事をしていました。

数字に追われたり、上手く作れなかったり、お客さんを怒らせてしまったり、仕事が遅かったり、どの仕事でも必ずプレッシャーを感じていましたし、その都度プレッシャーに耐えられないと思って転職を繰り返していました。

いずれもプレッシャーとのイタチごっこだったので、余計に辛い思いをしたことがあります。どの仕事もプレッシャーはかかるので、プレッシャーに耐えられないときには、自分がどこで踏みとどまるかを決めましょう。

できるだけ慣れている仕事で頑張った方がノウハウも知っているハズなので、比較的プレッシャーに対抗しやすくなるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プレッシャーを感じることは自分に自信や経験が圧倒的に不足していることで、失敗を恐れているからプレッシャーを感じるのです。

プレッシャーに耐えられないときには、あなたにもいくつかの選択肢がありますが、どの選択肢を選んでもいずれはプレッシャーを感じることになるでしょう。

仕事を続けても、辞めてもプレッシャーを感じるならば、慣れている仕事で今できることを精一杯やってみるのはどうでしょう。

新たな環境で仕事をしても、初めはプレッシャーから逃れられた思いがありますが、いずれはすぐに別のプレッシャーが襲ってきます。

あなたがプレッシャーから逃れられないのならば、プレッシャーを乗り越えられるように今できる精一杯を頑張ってみてはどうでしょうか。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る