バイトが辛いときの5つの対処法

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

バイトが辛い時ってありますよね。最初はやりがいを感じていたバイトも長く続けていると辛いと感じることはよくあることです。また、始めて間もない頃でも辛いと感じることはよくあります。

楽しいバイトがあれば誰でもやりたいと思うでしょうが、なかなかそういうバイトを見つける事はできません。

バイトが辛くなると、だんだんとバイト先に行くのが嫌になり、辞めたい気持ちが高まってきますよね。実は、私もそのような経験があります。

そのため、バイトを辛いと感じているあなたのお気持ちがよく理解できます。私の場合は、最初はそれほど辛いと感じていませんでした。しかし、だんだんと辛くなり、バイトに行くのが嫌になってました。

バイトで一つ悩みごとができると、それがきっかけで次々と悩みが起こってしまうような泥沼の状態でした。

バイトが終わって家に帰ってきても、食事中や入浴中にアルバイトのことが脳裏に浮かび、次にバイトに行った時にしなければならないことが頭の中をよぎるようになっていたのです。

そのように、バイト以外の実生活にも影響が出始めたので、非常に困るようになりました。しかし私は以下の5つの方法でバイトの辛さを打開することに成功しました。私と同じ悩みを抱えるあなたにその方法をお伝えします。

①悩みの連鎖を断ち切る

辛さを全く感じずに穏やかにバイトをするのは難しいです。しかし、心を煩わすほどの辛さを感じなくする方法はあります。

大切なのは、辛さに対する悩みは放っておくと勝手に膨れ上がってしまうものであると認識することです。辛いことを考えている時は脳も体も萎縮して緊張している状態になります。そうすると気分は落ち込む一方です。

バイトの悩みが次々と頭に浮かんできてそれが許容範囲を超えてしまうと絶望した状態になってしまうのです。家でバイトの辛いことを思い出して、その対処法をいろいろ考えるようになるでしょう。

そうすると、まるでバイト以外の時間も働いているような感覚に陥ります。こういった辛さに対する悩みの連鎖には終わりがありません。

この解決方法は1つしかありません。それは、悩みが積み重なっていく前にストップをかけてあげることです。

辛さに対していろいろ考え始めたら、そんな自分をまず客観視することが大切です。ずっとくよくよ考えている自分に呆れることでしょう。

そのように客観視することができれば悩みの積み重ねをそこで止めることができます。今あなたはバイトの辛さに押しつぶされそうになっているかもしれません。

しかし辛いと言っているだけではストレスが溜まっていくだけです。辛いことを考えている自分を自覚できるなら、まず悩みの積み重ねにストップをかけてみましょう。

②思いやりの心を持つ

バイトが辛くなってくると、バイト先の仲間に対しても嫌な感情が芽生えてくることが多いです。そうなると、ただでさえ辛いのに、他の人と接することも嫌になり、ますます辛さは同調してしまいます。

逆に言うと、バイト先の他の人と良い関係を保てれば、他の多少の辛さは気にならなくなります。そのためには、他の人に対する思いやりの心を育むのが最も良いです。

あまり、思いやりについて深く考えたことがある人はいないでしょう。思いやりとは、他の人に関心を持って心を寄せることです。自分のことばかり考えるのではなく、他の人の立場に立って考えてあげるのです。

自分だけじゃなく他の仲間たちも辛い思いをしている事はよくあります。そういった人たちの辛さを自分のことのように認識してあげるのです。

自分には思いやりが足りないと思っている人は、思いやりを育む訓練をしましょう。まず大切なのは他の人に対して自分の心を開くことです。

そして次に大切なのは、その思いを行動で示す事です。周囲に思いやりを持っていると自分の辛さは軽減していく傾向にあります。そのため辛い時は周囲も辛いと考え、思いやりを差し向けてみるといいでしょう。

③ひとりで抱え込まない

何とかバイトをやり遂げることを目標にしている人がいます。自分が仕事をやり遂げないと、周囲に迷惑をかけたり、お給料もらえなかったりするかもしれないと心配だからです。

逆に言うと、バイトをやり遂げさえすれば自分が幸せになれると思っている人が多いのです。そのため、常にプレッシャーを感じどんどんストレスが溜まってしまいます。

その結果、バイトがとてつもなく辛いものになってしまうのです。そんな時は、バイトで少しミスをしたり、仕事が遅れたりしたぐらいでは非常事態に陥らないということを意識しましょう。

言い方は悪いかもしれませんが、あなたはただのバイトです。仕事を軽んじてはいけませんが、そこまで責任を感じる必要がないのも確かです。

やり遂げなければならないとプレッシャーを感じるのではなく、一つ一つの仕事を楽しみながら行うぐらいでちょうど良いのです。

あなたができない仕事は他の人がなんとかしてくれるかもしれません。他人任せにするのはよくないですが、ときには仲間を頼ってみるのもいいのではないでしょうか。

④人の話を聞く

バイトが辛くなってくると、他の人の話をあまりきかなくなる人が多いです。自分のことで精一杯で、他の人の話を遮って自分のことばかり話してしまうのです。

しかし、そんなことをしていると、人間関係が悪くなっていきます。自分の話をさせてもらえない相手は不愉快な気持ちになりますし、そんな相手を見て自分も不愉快になってしまいます。その結果、口論になってしまうことも少なくないでしょう。

そうなるとバイトはますます辛いものになってしまいます。他の人の話を自分が聞いていないと気いたなら、これからななるべく聞くようにしましょう。最初はついつい相手が話しているのに遮って話してしまうこともあるかもしれません。

これを解決するのは簡単です。会話が始まった時、自分は一分間は話さないようにしようと目標を掲げるのです。もしくは、相手が一通り話し終わるまでは決して何も言わないようにしようと決めるのです。

こんな単純なことで、相手との人間関係は劇的に良くなります。

これまで話を聞いてもらえなくて不愉快に思っていた相手はあなたと話すことに緊張感じていたことでしょう。

しかし、話を聞いてもらえるようになると、その緊張がほぐれ、あなたに心を開いてくれます。そうすると、お互い好感を持ち合うようになり、会話も楽しいものになるでしょう。

バイト先の会話が楽しくなれば辛さも減っていくことは少なくありません。

⑤縁の下の力持ちになる

バイトを辛いと感じている人に多く共通する点があります。それは周囲の人に認めてもらえるほど、良い成果を出さなければならないという考えがあるのです。

自分の働きぶりを見て褒めてもらいたいと思っている人が非常に多いです。しかしその思いが逆に自分を縛る足かせになっているのです。そんな時は仲間のためにこっそりと何かを手伝ってあげると良いです。

多くの人はバイトで人の手伝いをするとその行為を褒めて欲しくて誰かに話してしまいます。人を手伝ってあげるのは素晴らしいことですが、その行為を黙っているほうがもっと素晴らしいのです。

確かに周りから評価されることは無いかもしれません。しかし、自分だけは自分の行いを知っています。あなたはきっと自分を褒めることでしょう。

そうすることによって非常に気分が良くなります。人に対してしてあげたことを自分の中に積み重ねていけばだんだんと幸せな気持ちが高まっていくのです。

これこそが最高の褒美であると言えます。この褒美によって辛さはだんだんと減っていくことでしょう。

まとめ

いかがかでしたでしょうか?今回お伝えした方法はすぐにでも実践できる内容ばかりです。しかも、何も準備する必要はありません。

5つ全てを同時に実行するのは難しいかもしれませんが、自分にできそうなものを1つだけでも試してみはいかがでしょうか。

きっとバイトの辛さが軽減されることでしょう。

トピック!

バイトを辞めたいときはとにかくこれをしなきゃまずい
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る