転職を決意するきっかけ8つ

6195ff9fd427ef8d0c6ddc670dc11f76_s

転職を決意するきっかけは人それぞれです。ネガティブなものもあればポジティブなものもあり、本人の意思によるものもあれば、やむを得ず転職する場合もあります。

それぞれの職場環境や家庭環境、健康状態、本人の意識など、その状況にもよります。また、人によって仕事に求めるものも違います。これは価値観や人生観によっても差があるものです。

何れにしても、正しい答えはありません。そして、転職をしても成功するのか失敗するのかは不確定であり、それだけに迷うものです。

そこで、転職を決意するきっかけを挙げてみます。転職しようか迷っている人はもちろん、退職したいと言われる側にとっても、頭の整理に役立てていただけたらと思います。

①職場の人間関係

職場の人間関係に悩んでいる人は多いものです。

仕事に対しては特に不満もなく、やりがいを感じていても、一緒に仕事をする人との人間関係が上手くいかずに悩み、仕事に行きたくないと思ってしまう。

仕事での成果が認められたり、将来が期待されるような能力や実績がある人でも、上司との関係が上手くいかずに退職したくなる。ひどい場合は、職場のいじめや嫌がらせに悩む事もあります。

仕事はできるのに、仕事は楽しいのに、人間関係で辞めてしまうのはもったいない。周りの人はそう感じるでしょう。しかし、本人にとっては精神的に苦痛であり、大きなストレスになっています。

人間関係が嫌で職場に行きたくないと感じる事が、次第に仕事への意欲を低下させてしまったり、愛社精神を失う事にも繋がります。

仕事は人生の大半の時間を費やすものであり、仕事がつまらないと毎日がつまらなくなります。なぜ、嫌な思いをしてまで仕事に行かなくてはいけないのか、そう考えるのも当然でしょう。

そして、もう少し大きな視点で捉えると、そのように人間関係が良くない職場や、風土が改善されない会社は、従業員に対して優しくない会社と言えます。この会社に将来を委ねることができるのか。

このような風土の会社が将来成長していくのだろうか。そのような疑問を持っても不思議ではありません。

人間関係で優秀な人材を失うのは会社にとっても大きな損失ですが、それを改善できないのはその会社の実力ともいえます。

そう考えてみると、職場の人間関係というものは立派な退職理由と言えますし、人間関係を理由に転職を決意するのも、正しい判断だと言えるでしょう。

②給料が少ない

人によって仕事の目的は違いますが、給料、つまり仕事の対価は、仕事の目的や仕事のやりがいに大きく影響するものです。

いくら頑張って仕事をして成果が認められても、いくら仕事の達成感を感じられても、給料が少ないと、モチベーションを維持できないものです。もちろん、お金だけではない魅力がある場合は別です。

例えば、技術を習得するための修行を兼ねた仕事、一時的に業績が悪いけれど皆で力を合わせて乗り越えようとする時、お金が少なくてもその仕事が楽しくて仕方がない、などがあります。

そのようなケースでは、給料が少なくても辞めたいと思わないでしょう。

しかし、同じ仕事、同じ業界なのに他社の方が給料が高い。上層部は沢山もらっているのに、一般社員の給料は少ない。このような場合は、その仕事へのモチベーションは下がってしまうでしょう。

また、現実的に生活できない。子供の養育費や学費でお金が必要になる。いろいろな事情で借金を抱えてしまった。そのようなケースもあるでしょう。その場合は職種自体を変える必要があるかもしれません。

仕事の目的はお金だけではない。頑張っていれば結果がついてくる。給料が少ないのは自分の頑張りが足りないからだ。

それらはよく聞く言葉であり、ある意味正しい事ですが、人にはそれぞれの事情があり、仕事をする目的も違います。

もっと給料の高い仕事をしたい、もっと仕事を認められたい、そう考えることは前向きな事でもあります。もし、そのような転職ができるのであれば、それも良い決断かもしれません。

③忙しすぎる・休みが少ない

経済の先行きが不透明な時代ですから、仕事が沢山あるという事は有難い事です。残業代が支払われないブラック企業は別として、仕事が忙しく残業が増えればそれだけ収入も増えます。

何より、その仕事が好きでやりがいを感じている場合は、忙しくても苦にならない人も多いでしょう。しかし、それが度を超えると続かなくなるものです。

連日、深夜まで残業が続く。少人数の職場で自分がやらなければ仕事が完成しない、仕事のノルマに追われている、など、常に仕事のプレッシャーがかかる状態が続くと、精神的に耐えられなくなる時が来ます。

忙しく過ごしている中で、ふと、仕事だけに毎日を費やしている事に嫌気がさす事もあるでしょう。ずっとこのままの生活が続いていくのだろうか。こんな人生で良いのだろうか。など、将来に不安を感じる事もあるでしょう。

何よりも、仕事が原因で体調を壊したり、鬱病など精神的にダメージを受けるなど、場合によっては取り返しがつかない事態に陥る事もあります。

残業や休日出勤は当たり前、上司からの叱責は当たり前、定時に仕事を終えたり、休日を取る事が躊躇われるような雰囲気の職場もあるでしょう。

そのような職場に馴染む人もいるかもしれませんが、そのような人は希であり、転職したいと思っても不思議ではありません。

人生は一度しかありません。その仕事には、人生の大切な時間を捧げるだけの価値があるかどうか。そこで迷いが生じたら、転職を考えるきっかけになるのかもしれません。

④将来性を感じない

今の仕事に将来性を感じなくなったというのも、転職の理由によくあります。誰でもその会社や職場に希望を抱いて入社したはずです。しかし、実際に仕事をしてみて気づく事は多くあります。

それは会社の風土、雰囲気、文化などに関するものから、業界全体に関するものもあります。また、社内社外を問わず、当初は予想していなかった大きな環境の変化が訪れる場合もあります。

将来性を感じなくなる原因をいくつか挙げてみます。

経営者の考え方や方針が好きになれない。同族会社で将来幹部になれる可能性が少ない。上司や先輩が尊敬できない。職場の改善が進まない。意見が言いにくい雰囲気。職場の風通しが悪い。

業界全体が衰退し始めている。会社が違法行為を行っている。若しくは違法ギリギリの行為をしている。長時間の残業や休日出勤など従業員の犠牲によって会社が成り立っている。

人事評価が公正に行われていない。将来のポジションが無い。会社が従業員を大切にしていないと感じる。などなど、沢山あります。

このような会社に将来性を見出す事、自分の将来を託そうと思うことは難しいでしょう。しかし、そう感じても、誰もが転職などの行動を起こすわけではありません。

将来性を感じなくても、様々な理由で、その環境に妥協する人も多いのです。反対に、将来に向かって希望が持てる仕事をしたい。今よりも上の地位や収入を得たい。

もっとやりがいのある環境で仕事をしたい。そう考える人は転職を考えるでしょう。つまり、将来性を感じない事で転職を決意する人は、自分自身の将来を真剣に考えている人と言えるでしょう。

⑤キャリアアップしたい

仕事をしながら様々な経験を積んでいきますが、自分の実力が上がった事を実感すると、それを活かしたいと思うものです。

しかし、よりレベルが上の仕事をやりたくても、既に別の人が活躍していたり、新しい事にチャレンジできる環境が無い、または、その職場では自分の実力を活かす場所がない。

そう感じたら、別の場所で実力を発揮したいと思うでしょう。

また、自分の実力を評価して欲しいのに、評価制度に問題があり公正な評価が行われなかったり、今の職場ではこれ以上のポジションを目指す事が難しい。そのような場合も、転職を考えるきっかけになります。

より高度な仕事をしたい、よりやりがいのある仕事へ変わりたい、仕事ができる人に限って、そのような欲求は大きいものです。

そのような向上心のある人を活かせないのは、その環境を用意できない会社の責任でもあります。良い人材が定着しない会社はそのような問題を抱えているのかもしれません。

自分の市場価値を高めたい、より自分の可能性を伸ばしたい、そう考えることはとても前向きであり、そのような理由で転職を決意するのは、良い事だと思います。

しかし、キャリアアップを理由に転職する人は多いですが、実際にキャリアアップに繋がる転職をするためには、自分のやりたい事や目指す姿をしっかりと思い描く必要があると言え

⑥やりたい事がみつかった

現在の仕事が本当にやりたい仕事であれば幸せな事です。しかし、そのような人は少数でしょう。そもそも、小さい頃からの夢に向けて努力し続けたり、やりたいことが明確な人ばかりではありません。

就職をする時には、その時の条件や環境、自分自身の興味、場合によっては流行や周りの影響などで仕事を選ぶ事もあるでしょう。

しかし、これは決して間違いではありません。

なぜなら、どんな仕事にも面白みを感じたり、やりがいを見出す事ができる可能性があるからです。全く興味が無かった仕事でも、働いているうちに魅力を感じていく事もあるのです。

それと同じように、仕事をしていく中で、新しい興味や新しい目標が見つかる場合もあります。

具体的には、今の仕事で習得したスキルや経験を活かして独立する、まったく別の業界に転職する、おなじ業界でより条件の良い会社、スケールの大きい仕事ができる会社に転職するなど、様々なパターンがあります。

何れにしても、今の生活や仕事に対して何の不満も感じず、その代わりに向上心もなく、漠然と過ごしている状態でいるよりも、新しい目標を持つ事はとても前向きな事です。

少しでも自分自身の将来を良くしていこう、今よりも上を目指そうという向上心や努力は、たとえ、そのチャレンジが失敗したとしても、思うような結果が出なかったとしても、必ず得るものがあるでしょう。

また、やりたい事がみつかったという転職理由は、今の仕事に将来性を見いだせない、やりがいを感じないという気持ちの、裏返しの場合もあります。

本当に魅力的な職場であれば、新しい目標や将来への希望が持てるものです。そういう意味では、他にやりたい事がみつかったという転職理由は、決して間違いではないでしょう。

⑦健康上の問題

仕事をしていると、精神的にも肉体的にも様々な負担があります。健康管理は自己責任という考え方もありますが、毎日の生活の中で仕事が占める時間は多く、仕事の健康への影響は大きいと言えるでしょう。

人それぞれ性格や体質などで差はありますが、例えば、毎日、クレーム対応を行う仕事であれば、精神的な負担は大きくなるでしょう。物流業などの現場の作業であれば、足腰への負担もあるでしょう。

また、通勤時間が長い事も大きな負担になるでしょう。都会では1~2時間の通勤は当たりまえですが、それだけプライベートの時間、つまり精神的なリフレッシュ、休息、睡眠などの時間が少なくなります。

その他にも仕事に応じて、精神的、肉体的な負担はあります。

それらが積み重なり、体調を崩したり、怪我をした場合は、労災保険で治療したり、職場の配置転換を行うといった対応もあります。

しかし、そこまで至らなくても、健康上の理由で転職を考える事は、決して不思議ではありません。なぜなら、自分の体は自分のものであり、自分の健康は自分で守る必要があるからです。

いくら仕事で成功したとしても、たくさんのお金を稼いだとしても、健康でなければ意味がありません。若い時は体力があるため、無理をしたり我慢したりしやすいですが、過信は禁物です。

特に精神的な負担は、気づかないうちに自分自身を蝕む可能性があります。

また、中高年においては、将来の姿を想像して、このままで良いのか立ち止まって考える事も必要でしょう。

人それぞの価値観によっても違いますが、目の前の仕事に全てを捧げて、定年退職後の第二の人生を十分に楽しむ事ができなかったら、後悔するかもしれません。

そう考えると、自分の健康と将来を見据えて転職を決断する事は、人生の選択肢としてもありえるでしょう。

⑧家庭環境の問題

人によって家庭環境には違いがあります。普段、同じ職場で仕事をしてる仲間や先輩、友人など自分の周りの人達にも、それぞれの家庭環境があります。

結婚していても独身でも、いろいろな事情があります。子供がいる場合は育児もありますし、配偶者の仕事が夜勤など不規則な場合や、転勤などでも生活に影響してきます。

また家族が長期療養中であったり、急病になる場合もあります。そして、最近では、介護も大きな問題になっています。両親や祖父母と同居している場合はもちろん、別居していても介護が必要なケースもあります。

このように家庭環境にはいろいろありますが、場合によっては、家庭環境が理由で仕事が続けられない事や、転職が必要になる場合もあるでしょう。

第三者からみると、転職がもったいないと感じたり、転職理由が理解できずに、引き止める場合もあるでしょう。家庭環境の実情は他人には理解され難くく、当事者にしかわからない苦労や大変さがあります。

仕事と家族のどちらを選ぶのかと問われて、簡単に答えが出せるほど単純な事ではありません。様々な事情があっても、ギリギリまで両立させようと努力する人も多いでしょう。

自分の人生についてしっかりと向き合い、考えた上で、転職を決意するのであれば、家庭環境の問題も転職理由として正しい事だと思います。

まとめ

転職を決意するきっかけにはネガティブなものとポジティブなものがあります。しかし、誰でも今よりも良い環境を目指して転職するものです。

転職のきっかけが例えネガティブな原因であっても、次の展開がポジティブに変わるようにしたいものです。そのためには、自分自身は仕事に何を求めるのか、自分の価値観としっかり向き合う事が大切でしょう。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る