やりたくない仕事を続けるべきかと迷った時の対処法5つ

25f928a0a97aed83ffaac13975c73a35_s

会社に入って仕事に就いて、その仕事を続けていくということは社会人にとってはごく自然なことで、多くの人はそれに疑問を持つことなく日常として生活しています。

そんな中で、今の仕事をやりたくないと感じてしまい、日常の中に「やりたくない仕事を続けるべきか」という迷いと悩みが生じることがあります。

あなたにはそんな経験はありませんか。当然のように会社に行き、いつもどおりに仕事をする。これがある事をきっかけに苦痛になったり、嫌になったりという経験は。

私自身は身体を壊したことがきっかけになり、仕事を続けるのが嫌だと思っていた経験があります。その時は「やりたくない仕事を続けるべきか」としばらくの間は迷っていました。

同じように迷っている人も少なからずいるはずです。そのような時にどのように対処すればよいのか、どのような選択肢があるのかというのは気になる人も多いはずです。

「やりたくない仕事を続けるべきか」この悩みを乗り越えるための対処法やヒントを少し整理してみました。

①やりたくない仕事の原因

117e6259134882e276e216cc49bde53c_s

①-1.職種によるやりたくない仕事

あなた自身がこれまで続けてきた仕事に対して「やりたくない」という感情を持つのには必ず理由があるはずです。その理由が今の職種にあるという人も少なくないようです。

例えば、「自分は本来営業がしたかった訳ではない」という人が何年もの間、営業職を頑張ってきていた場合などはいずれ、「やっぱり営業は」という感情が芽生えてもおかしくありません。

希望ではない職種を続けてきたことがきっかけとなって、それまでの日常となっていた仕事が「やりたくない仕事」に変化してしまうというケースは実は多いと言えます。

一方で、これまでは不満のない職種で頑張ってきた、あるいは希望の職種で楽しくやってきたという人が配置替えや担当替えによってその職種を外れてしまうというケースもあります。

この場合においては、その変化によって、それまでは不満なく、むしろ楽しみながら出来ていた仕事が「やりたくない仕事」に変わってしまうということになります。

仕事をしていくうえで職種というのは思っている以上に重要な要素であると言えます。選択が可能な場合とそうでない場合が現実にはありますが、仕事を続けていくうえでは可能な限り希望の職種に就くことが重要です。

職種を理由として今までとは違った仕事の見方になってしまうと同じ仕事でも「やりたくない仕事」に変化してしまうということは十分に起こり得ることなのです。
 

①-2.人間関係によるやりたくない仕事

仕事をしていくうえで、期間に関係なく重要な要素となるのはその職場における人間関係ということができます。これは仕事をしている時間が長ければ長いほど影響が大きくなります。

仕事における人間関係とはどのようなものがあるのでしょう。上司、先輩、同僚、後輩、取引先といった全ての関係者が人間関係を構築する要素となります。

現実の社会でこれら全てが何事もなく良好な関係ばかりで流れるということは皆無だと言えます。そんな中で仕事が「やりたくない仕事」に変わるほどの人間関係の変化とはどのようなものでしょう。

多く見られるケースとしては上司の交代をきっかけとして、それまでの仕事が「やりたくない仕事」に変化してしまうというケースです。仕事とは上司の影響をうけるシーンが多いためだと言えます。

仕事上での人間関係で仕事をやりやすくしたり、楽しくしたりする為の重要な存在は同僚や先輩だと言えます。この存在の変化というのも仕事が「やりたくない仕事」に変化するきっかけとなります。

「慕っていた先輩が退職してしまった」や「仲の良かった同僚が異動になって遠くに行ってしまった」などをきっかけとして仕事の楽しさや、やりやすさを失ってしまうということがあるからです。

また、職種によっては取引先との関係でも仕事へ対する感情が変化することは珍しくありません。大口の取引先との関係が悪化してしまって居づらくなった、というようなケースがこれにあたります。

人間関係とは日常の生活の中でとても重要な要素です。それだけに仕事に与える影響もとても大きなものになるのです。

①-3.蓄積によるやりたくない仕事

ある日を境に突然、「仕事をやりたくない」という感情が芽生えるというケースもあります。こういうケースのもっとも大きな要因に1つは仕事上でのいろいろな要素の蓄積だと考えられます。

例えば、肉体的にかなり身体を酷使しているような仕事の場合、身体への負担の蓄積から体調を崩してしまうというケースがあります。この場合は肉体的疲労の蓄積が原因ということになります。

他のケースで考えると、普段から理不尽なことで怒る上司がいた場合、いつものように理不尽に追求を受けていた時に突然、反発をしてしまった。こんなケースもあります。

これは普段からのストレスや不満の蓄積によって爆発してしまったという例になります。当然、上司への反発なのでその後の関係には影響が出てくることになります。

ストレスの蓄積という点では最近では自覚なくストレスを溜めてしまった結果、肉体的にも異常が出て、ある日突然、身体が動かなくなったり、異常が出たりという事もあります。

このように、仕事上での何らかの要素の蓄積というのは、仕事自体がそれまでと何ら変化していなくてもある日を境に「やりたくない仕事」に変わってしまうという現象を起こすことになります。

①-4.原因不明、でも、やりたくない

「やりたくない仕事を続けるべきか」その迷いが生じた時にもっとも対処が難しいのが「やりたくない」という感情が生まれた原因が不明でこれといって理由が見当たらない場合です。

そのような場合でも一度湧いてきた「やりたくない」という感情はなかなか冷めないものです。原因が不明な場合は自分自身でもその感情に戸惑いを覚えることもあるものです。

原因不明でも「やりたくない仕事」になってしまった場合は何らかの対処法が必要ということになります。対処するにも乗り越えるにも相手が不明なので難しいのが現実です。

しかし、原因不明といってもやはり何らかのきっかけがあって感情は変化していると考えるのが通常です。

このような場合に原因となっているケースが多いものがあります。それは、仕事に対して「飽き」が来ているということです。

仕事を続けていると同じことの繰り返しになる部分というのが必ず出てきます。それは無意識であってもその繰り返しに飽きを感じるものです。

それまでは何も感じていない仕事に対して、どこかで飽きを感じていると突然「もう嫌だ」「また同じこと」といった思いが生じてくるという事も十分に有り得ることです。

目立った原因が内容でありながら「やりたくない仕事を続けるべきか」と考えている場合は、あなた自身がその仕事に飽きてしまっていないかを確認してみることをお薦めします。

②迷った時の対処法

b6e2dc8412e00f8470a914a7b71667ed_s

②-1.相談して退職するという選択

何らかの理由によって今の仕事が「やりたくない仕事」になってしまった場合、それを解決するための対象法として1つの選択肢は退職するということです。

この選択にもなかなか勇気がいるもので、多くの場合は自分の思いだけで簡単にできることではないと言えます。このような場合は誰かに相談するという人も多いでしょう。

多くの場合は「やりたくない仕事を続けるべきか」どうかを悩む時というのはその原因を自分自身の1個人だけで解決するというのは困難な場合という事です。

例えば職種の選択にしても、人間関係にしても、ストレスや疲労の蓄積にして自分ひとりの力だけでは解決するのは非常に困難と言えます。だからこそ同僚や先輩に相談するという事です。

相談した相手が何らかの決定権を持っているという場合は、相談がきっかけで解決するというケースもありますが、大半は誰かに言うことで解決する愚痴の発散で止まってしまいます。

実際は誰かに相談したからといって答えが出るということは少ないはずです。ただし、相談したことがきっかけとなって他の道が見えたり、他の正解が見つかることもあります。

誰かに相談した上でもどうしても対処法も乗り換え方にしてもピンとくる物が無いという場合については現実的には解決は困難と考えるべきです。この場合に取る対処としては退職という選択になります。

退職は対処したことにならないと考える人もいますが、選択肢の1つとして退職という解決策も立派な手段と言えます。

②-2.相談して続けるという選択

 

「やりたくない仕事を続けるべきか」という迷いが生じた時に誰かに相談するという選択をする人は多いはずです。その相談の結果は「辞める」か「続ける」かに分かれます。

相談した結果、やりたくない仕事を続けるという選択をすることがあります。迷いに対する対処法の1つとして相談という選択をした結果が続けるという答えになるということです。

迷っている時というのは自分自身だけでは答えにたどり着かない時です。この場合は誰かに助言をもらったり、あるいは忠告を受けたりということが必要と考えることができます。

その為には今の自分の現状を相手に、誰かに伝えることが第一歩です。相手は誰であっても構いません。あなた自身が話しやすくて返事を期待できると考える人を選ぶべきです。

相談するという第一歩の対処をとった結果、続けるという選択をする場合は原因となった問題を解決しなくてはなりません。続けるという選択をした場合は相談でこの問題も解決できたということです。

その解決の形は様々あります。しかし、誰かに話すことで気持ちや感情が収まるという事も実は少なくはないのです。

②-3.相談せずに退職するという選択

これまでは何の事無く続けていた仕事に対して「やりたくない」という感情が生まれた場合の対処法で誰にも相談せずに自分自身で解決、結論を導き出すという選択があります。

その場合に選択肢の1つとしてあるのは「退職する」という決断です。迷いの原因となっている「やりたくない仕事」そのものから離れるという対処法ということになります。

この選択は人によっては「逃げ」であったり「現実逃避」と受け取る人もいます。しかし、「やりたくない仕事を続けるべきか」悩んでいるということは選択肢は2つに1つということです。

れは「続ける」か「辞める」かということになります。原因が何であれ、迷いが生じるということは今の仕事に問題が発生しているという事実が存在します。

このような場合は、仕事を続けるというのが必ずしも正しい選択とは言えません。無理に続けることがあなた自身のその後の生活や体調に悪影響を及ぼすことになる事もあるのです。

自分自身が迷いの中で悩んだ結果退職という結論を出すというのであればそれは立派な選択で現状の迷いに対して対処したということができます。


-4.相談せずに続けるという選択

自分のことは自分で決めるという人も世の中には大勢います。「やりたくない仕事を続けるべきか」と迷ったときは誰かに相談する話を聞いてもらうという人も多いものです。

そんな中でも自分ひとりで迷って、悩んで、考えて答えを出すという選択をする人がいます。その選択が「仕事を続ける」となる場合もあります。「やりたくない仕事を続ける」理由はなんでしょう。

消去法での選択というのはマイナスなイメージを持っている人も少なくないと思います。しかし、消去法での選択でも自分自身で決めた選択であるなら立派な決断ということもできるのです。

「やりたくない仕事を続けるべきか」そう考えている人は「辞めたら後はどうしよう」とか「辞めて今より良くなるのか」といったようなことを当然考えるものです。

その考えた結果、今よりも状況が良くなるというイメージができなかった場合、あなたならどうしますか。このような場合に多くの人は「仕事を続ける」という選択をするはずです。

今の状況が良くないというのも1つの現実です。しかし、その今の状況を打開するための対処法を選択するときに誤った選択をすると更に悪い状況になるということも考えられます。

今と今後を考えて出した答えが「仕事を続ける」であればそれは想定した今後よりも今の状況が良いと思えたということになります。その場合はその決断を一つの対処として受け入れる事も必要です。

②-5.時の流れに任せるという選択

 

「やりたくない仕事を続けるべきか」この悩みに対処する方法として1つの選択肢は時の流れに委ねてみるという方法です。それは対処法にならないという人もいるでしょう。

しかし、このような状況の場合、考えれば考えるほどマイナスな状態になっていく人というのも少なくありません。そうならない為には考えることを止めるという対処も必要なのです。

時が経つことで仕事に対するマイナスのイメージが和らぐということも少なくありません。一時的な感情で「やりたくない」と感じている場合も数多く見られるのも事実です。

時の流れに任せるという対処法は、あなた自身の仕事に対する考え方を一度リセットするという効果を発揮することもあります。その上で仕事をどうするかを考えても遅くはないはずです。

辞めるにしても続けるにしても、決して楽な選択はないのです。焦って決めて状況を悪くしてしまうというのは迷っている時、悩んでいる時に起こりやすい問題です。

今の現状、どうしたいというのが決まっていないという場合は思い切って考えることを止めて、時間の経過に委ねてみるという選択も1つの方法です。

それは、何もしていないのと同じと考えず、勇気を持って考えないという決断をするという事です。意外にも客観的な支店も生まれ気づいていなかったことに気づける場合もあるものです。

まとめ

仕事をしていると、ふとしたことをきっかけに仕事に対してマイナスのイメージが強くなるということがあります。そのタイミングで仕事が「やりたくない仕事」という位置づけになるのです。

それが、どのくらい大きな感情なのか。一時的なものではないのか。自分自身の感情をしっかりと見つめる必要があります。仕事は続けるにしても辞めるにしても大きな決断となります。

自分自身の状況と感情としっかりと向き合った上で正しい対処法を選択することが大切です。対処法の選択を間違えないためにも自分自身の状態とどのような対処法があるのかを知りましょう。

そして、どの対処法を選択するにしてもしっかりと考えて出した答えであればそれは間違いではないということになります。あなた自身にとって後悔のない選択をする為にもしっかりと仕事向き合いましょう。

結果として「やりたくない仕事」が「やりたくない」ままなのか、「もう一度やってみよう」となるのか、どちらにしても今よりは前進できるはずです。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る