仕事に向いてないと悩んだ時の対処法5つ

3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s

長い期間に渡って同じ会社で仕事を続けていると「この仕事に向いていないんじゃないか」と悩みを抱えてしまうという人がいます。深刻の度合いは違っても多くの人が経験しているはずです。

そんな悩みを抱えるケースは何も会社を長いあいだ続けている場合にのみ起こるということでもありません。新入社員であっても同じような悩みを抱えている人はいるものです。

このような悩みを抱える原因となる要素は人によってバラバラで、どのように対処していくのかということも原因やその会社の状況などによって様々なパターンがあるということができます。

「今の仕事に向いていないのではないか」という悩みというのは仕事がうまくいっている時には感じないものです。何かしらの不平や不満、不安や疑問などを抱えていることで起こる感情と言えます。

あなたも経験があるはずです。仕事上でのトラブルや失敗が続くと「仕事に向いていないのでは」と考えてしまいますよね。注意や指導を重ね重ね受けるような状況だと同様のことが言えるはずです。

勤続している年数や仕事上の実績ということだけでなく、人間関係や会社の方針といったもの、会社の体質や処遇といった面から見ても同じような悩みが生まれるケースはあります。

どのような原因で「仕事に向いていない」と考えるようになり、そのような感情が膨らんだ場合にはどのように対処するのが正解と言えるのでしょうか。人それぞれに答えは違うはずです。

仕事に向いていないという悩みにどのように対処していくことができるのか、その対処法について整理してまとめてみました。

①異動願い

あなたが「仕事に向いていない」と考える理由が今の業務にある場合というのは選択肢の1つとして有効なのがこの「異動願い」という事になります。この選択をしている人は少なくありません。

ただし、この「異動願い」という対処法についてはいくつかの問題もあります。まずは企業規模によっては異動という選択がないというケースも少なくはないということです。

支店や営業所、部署を複数持つような企業であれば「異動願い」というのは1つの選択肢としては有効だと言えます。中小企業や個人経営の会社の場合は異動先がないという事も多々あります。

もう1つ問題として挙げられるのは元の所属場所の人たちからの見られ方やイメージという点です。当然「異動願い」を出すということは今の場所に居たくないという意思表示になります。

同じ場所で仕事をしている人たちにとっては良い感情を持つものではありません。異動ができたとしても社内に冷ややかな視線で見てくる人たちができてしまうということもありえるのです。

そのような問題を踏まえたうえでも、この「異動願い」という選択肢は「仕事に向いていない」と考え悩んでいる人たちにとっては有効な手段の1つであることには変わりありません。

特に今の会社に対して問題を感じているということではなく、いま担当している業務に対して問題や疑問を感じているという人にとっては、異動という選択で解決できる場合も多くあります。

例えば、これまで営業一筋だった人が事務系の部署に異動になった場合、「今の仕事には向いていない」と考えるのは当然の流れです。この場合は明らかに事務系の仕事が対象ということです。

このような人は、営業系の部署に戻ることができれば悩みは解決に至るという事が十分に考えられます。新入社員の場合にもこのようなケースというのは多く起こるケースだと言えます。

新入社員というのは「したい事」「やりたい仕事」という物を抱いている人が多いものです。自分自身が考えていた、希望していた職種とは全く違う部署に配属になった場合には同じような問題が起こります。

「この仕事には向いていない」「今の業務には向いていない」と言った状況になり、悩みを抱えてしまうことになるのです。この場合も抱いていたイメージや希望の部署に異動できれば解決が可能です。

会社における異動というのは本人の希望で簡単に成立するというものではありません。「異動願い」を出すことはできても叶うかどうかは別の問題ということになります。

それでも、「向いていない」と悩みながら仕事を続けるよりは、可能性のある選択肢を選ぶということは大切なことだと考えたほうが良いでしょう。

②相談

「仕事に向いていない」という悩みに限らず、何かしらの悩みを抱えた時に真っ先に思い浮かぶ対処法というのは誰かに「相談」するという事です。アドバイスとしても「相談」をあげる人は少なくありません。

ひと言で「相談」と言っても悩みを抱えている人にとってはなかなか難しいものです。その理由にはいくつか挙げられますが、「相談相手」「相談のタイミング」「内容の深さ」などが代表的です。

まずは「相談相手」という事になりますが、社内の人にするのか、社外の人が良いのか、あるいは上司が良いのか先輩が良いのか、といったような悩みが生じるのは不思議ではありません。

また、「相談のタイミング」についても、直ぐが良いのか、もう少し待つべきか、仕事中が良いのか、仕事時間外が良いのか等といったことが悩みの種となるケースは多いと言えます。

そして何よりも「内容の深さ」について悩む人というのは非常に多いと言えます。「どこまで話して良いのか」という事が悩みの主な原因となる場合が大半を占めます。

相手やタイミングによっても変わるものです。

対処法として「相談」を選択する場合というのは新たな悩みが生じてしまうということも頭においておく必要があります。それでも代表的な対処法の1つであるということは変わりません。

「相談」という対処法の選択にはしっかりと相手を選んで、ゆっくりと話せるタイミングで、しっかりと悩みの原因について話をするという事が重要になります。これが全て満たされるのは難しいものです。

大切なことは、相談する相手に答えを求めないという事です。1つの意見として何かしらの情報や考え方を得ることを目的として「相談」するというのが有効な方法だと考えられます。

仕事に向いているのか、向いていないのか、最終的にはどうするのか、どうしたいのかというような事は相談相手が決めることではありません。

最後は自分自身が決めることだということです。

「相談」という選択肢が対処法として選択される別の理由として「話すことで解消される」という事があげられます。何も状況が変わらなくても誰かに話すことで気持ちが晴れるというケースです。

自分自身の中にだけで抱え込んでしまっている何かしらの事を誰かに聞いてもらうと気持ちが楽になるという経験はあなたもあるはずです。「相談」にはそのような効果もあると言えます。

③休職

多くの会社が制度として持っていながら実態としてはなかなか使いづらいというのが「休職」という制度と言えます。最近では精神的な不調やストレスによる不調から診断書を以て「休職」というパターンもあります。

しかし、やはり「休職」というのはイメージが良くないと考える人は多いはずです。まして「仕事が向いていない」という事をストレートに理由にしての「休職」というのは非常に難しいと言えます。

それでも敢えて、1つの対処法としての選択肢と上げるのには理由があります。

それは、今の現状の会社以外を見る機会を持つことができるという事です。それは別の会社ということではありません。

仕事というものから少し離れて、場合によっては、あるいは人によっては仕事にばかり目や気が向いてしまって周りの物が見えなくなっていしまっているというケースも少なくありません。

「仕事に向いていない」という悩みの中で見えなくなってしまっている周りのことや仕事とは関係のない事に触れるというだけでも精神的な負担は軽くなるという場合もあります。

休日に気分転換といっても、仕事上の悩みを抱えてしまっている人というのは休日であってもその事が頭から離れないというケースが多く見られます。

思い切って仕事を離れる必要があると言えます。

ただし、休日でも仕事の事が頭から離れないというタイプの人たちは「休職」という選択をとっても結局は同じという事もあります。このようになるとそれは明らかな失敗のケースと言えます。

「休職」という選択肢をとる場合に重要になることは気持ちの持ち方、考え方という事になります。「仕事以外の事を見てみよう」「違う分野に触れてみよう」という事が非常に重要になります。

あなた自身に趣味があるのであればそれを徹底的にやる時間に充てるのも1つの方法だと言えます。全く未知の分野に挑戦してみたり外国を見るという選択をする人も中にはいます。

イメージや復帰後のリスクを知った上で「休職」という選択をするからにはしっかりと仕事から切り離しした生活を送るということが大切になります。

それが効果を生むためのポイントとなるのです。

④極める

意外と感じる人も多い対処法として挙げられるのが「今の仕事を極める」という方法です。「仕事に向いていない」と感じている人に対してその仕事を極めるということを進めるという事になります。

ただ、ふとしたきっかけで苦手だった事が得意になったり、好きでもなかった事が何かのきっかけで趣味になったりということがあります。

あなたも自分自身や周りの人で経験したことはありませんか。

例えば、苦手だった科目が担当の先生が変わることによって好きな科目になった、野球は好きじゃなかったが団体で見に行くと楽しくて今では見に行くのが趣味になったなどというパターンです。

このようなパターンが仕事でも起こり得ると考えることができます。「向いていない」そう思っていても、「どうせやらなきゃならないなら徹底的に」という発想ができると見方も変わるものです。

得意になったり、好きになったりとまではいかないかもしれませんが、「この仕事に向いていない」という今のような悩みはなくなるということも十分にあることだと考えられます。

「この仕事に向いてない」そう感じている時こそ、思い切ってその仕事を極めるつもりで徹底的に取り組んでみるというのも対処法の1つとしては非常に有効だということができます。

この対処法で大切になるのは自分1人で取り組まないということです。少なくとも「向いていない」と感じている仕事だということは変わらないので1人では続かないケースが多くなります。

一緒に挑戦できる仲間や先輩、上司を見つけるという事が悩みの解消のためにとても重要なポイントとなります。「向いていない」と感じているその仕事が得意な人と一緒に挑戦できれば理想的です。

「極める」という対処法は、その後のあなた自身の大きな助けともなるので勇気を持って選択してみるのも有りと考えます。

⑤退職

「仕事に向いていない」という悩みに苦しんでいる場合にその状況を抜け出すための対処法はいくつもあります。仕事を続けることを前提に行う対処法が多く見られますが、「退職」という選択も対処法です。

ただし、この場合にしっかりともう一度考えなくてはならない点があります。1つは、あなた自身は「会社を辞めたいのかどうか」という事をについてです。

仕事と会社とは似て非なるものです。

「今の仕事に向いてない」だけで、会社の事は好きだという場合も十分に考えられます。このような場合には会社を退職するという選択が正しい対処法とは言えないケースも多いのです。

もう1つ考えておく必要があるのが「今の仕事は長く続くのか」という事です。例えば、いま担当している業務があと数日や数週間で終わるような状況の場合はあなたはどうするでしょうか。

1ヶ月、数ヶ月が残っている場合はどうでしょうか。人それぞれにあとどれだけ我慢ができるかというのは異なってくるものです。あなた自身が残りの期間を耐えれるかどうかを考えることが大切です。

期間に終わりが設定してある場合というのはしっかりとその終了時まで自分自身が続けられるのかを考えてみるようにしましょう。これらを考えたうえでもやはりという場合は「退職」は対処法と言えます。

この対処法を選択する場合には、会社を辞めるということに対して良いイメージを持っていない人が居るということ、別の会社が今よりも良いという保証はないということを覚悟しておくことが必要です。

会社を辞めるということ、転職をするという事は明確で正当な理由があれば悪いことではないという事をしっかりと頭に置いておくことも重要です。

悪いことをしているわけではないということです。

何とか会社を続けようということを前提に対処法を考えるのも1つの方法ですが、続けることに拘りすぎることで事が深刻化してしまうというケースも少なからず起こっているのも現実です。

しっかりと自分自身を見つめ直して、その後に対しての覚悟をもったうえであれば「退職」というのは現状を脱却する為の有効な手段となります。

まとめ

多くの人が経験することがある「仕事に向いていない」という疑問や悩みというのは実に幅広い原因とタイプが存在しています。それだけに取るべき対処法というのもまた多数存在しているのです。

仕事というのは今の仕事を離れたからといって何もしなくて良いということにはなりません。それは、同じ社内であっても、別の会社に移るという選択をしても同じことが言えます。

多くの人は何かしらの仕事をしていく事で生活を成り立たせているのが現実です。安易な考えや簡単な対処法で今を切り抜けることが出来たとしてもそれでは同じことを繰り返してしまいます。

どのような対処法を取るのが今のあなた自身にとってもっとも有効であるのかをしっかりと考えることが大切になります。その為にはもう1度自分自身を振り返ることが重要です。

あなた自身が「仕事に向いていない」と考えるように、感じるようになった原因は何なのか、別の仕事であればそれは起こらないと言えるのか、しっかりと考えてみることです。

そして、あなた自身にとってもっとも有効な対処法を選択しましょう。どの方法を選択するにしても最後は自分自身で決めるということも非常に重要なことになります。あなた自身のことです。

原因や状況、今後の事を踏まえてあなた自身にとってプラスになる対象法を見つけてしっかりと対処することで現状を脱却することは誰にでも可能になります。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る